大阪の夏で1番早い花火大会をより一層盛り上げたい!

カテゴリー:伝統・文化・歴史 

main_img

寄附金額 30,000

1.5%

目標金額:2,000,000

達成率
1.5%
支援人数
3
終了まで
39
/ 58

大阪府高石市 (おおさかふ たかいしし)

寄附募集期間:2020年2月3日~2020年3月31日(58日間)

大阪府高石市

プロジェクトオーナー

高石市では、毎年大阪で一番早い花火大会として6月に「高石シーサイドフェスティバル」を開催しておりますが、今回、より一層お祭りを盛り上げるためクラウドファンディングに挑戦します。

本年(2020年)で8回目を迎える本フェスティバルは毎年来場者が増えており、約4万人近くの方が来られています。このイベントは市民の親睦と郷土愛の育成をはかり、まちの活性化に寄与することを目的として行われています。

今後継続的に本フェスティバルを実施していくために、より多くの皆様に共感・賛同いただくため、ぜひクラウドファンディングにご協力願います。

大阪府高石市

高石市は大阪府にある面積約11㎢というコンパクトな街です。
臨海部には堺泉北臨海工業地帯があり、近年では工場夜景ブームとともに、その名所としても賑わっております。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

このクラウドファンディングは『ふるさと納税』対象事業です!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。控除上限額内の2,000円を超える部分について所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

ふるさと納税をもっと知る
私はふるさと納税をいくらできる?(寄附金控除額のめやす)

大阪の夏で一番早い花火大会をより一層盛り上げたい!

高石シーサイドフェスティバル2020

高石市では毎年6月に開催されている”大阪の夏で一番早い花火大会”高石シーサイドフェスティバルを開催しております。

夏の風物詩として、市民の親睦と郷土愛の育成をはかり、まちの活性化に寄与することを目的として行ってきました。

本フェスティバルは年々浸透してきており、第1回は約2万人ほどだった来場者も8回目を迎える本年(2020年)は、4万人を超える方が来られることが予想されています。

近年多くの花火大会が警備費用の増大などの費用増から中止となっております。

日本全国で消えつつある夏の風物詩である花火大会を、高石シーサイドフェスティバルとして継続するために、そしてより一層盛り上げるために皆さまからのご支援が必要です。

どうぞ、日本の風物詩の火を消さないために、ご協力ください。

 

大阪泉州夏の名物「堺泉北港ドラゴンボート大会」も同日開催

水辺を活用した様々な取り組み

「高石シーサイドフェスティバル」は毎年夕方からの開催ですが、午前中には同じ会場で「堺泉北港ドラゴンボート大会」が開催されております。

太鼓の豪快な音ともに漕ぎ出される様子は大変迫力があり、多くの観客を圧倒します。

また、「高石シーサイドフェスティバル」も花火だけではありません。

会場である公園に設置された特設ステージでは市民団体の方によるパフォーマンスや、地元団体による特設ブース、地元の大小様々な事業者による物産展など、まさに地域が一体となったイベントとなっております。

■8回目は、2020年6月21日の開催

イベントを盛り上げます

【寄附金の使い道】
高石シーサイドフェスティバル運営資金の一部

・花火打ち上げ費用:250万円
・警備費用:550万円 など

※目標金額に達しなかった場合も本プロジェクトへ活用させていただきます。また、目標金額以上の寄附を頂いた場合、花火打ち上げ費用等に活用させていただきます。

【事業実施のスケジュール】
『高石シーサイドフェスティバル 2020』は令和2年6月21日(日曜日)に開催予定です。

イベントを盛り上げます

 

市民の親睦と郷土愛が育まれる一日

地域が一体となったお祭り

高石シーサイドフェスティバルは市民の方にご来場いただくだけではありません。

ステージイベントの出演や特設ブース出展など参加していただく機会が多数あります。

また、打ち上げ花火は会場に足を運んでいただかずとも市内の様々な場所からご覧いただくことができ、花火をはじめとしてこのフェスティバルを通じて、まさに市全体が一体となる一日となります。

 

事業に携わる方の思い

実行委員会事務局 担当 濱田

■地域がつながる花火大会に

写真
高石市では多くの方に楽しんでいただけるイベントが様々ありますが、特に大きなイベントがこの「高石シーサイドフェスティバル」です。

市民の方はもちろん、市外の方も多く訪れ、また近年ではインバウンド観光客の方の姿も見受けらるようになってきており、本当に広くこのイベントが認知されているんだなと感じている次第でございます。

「高石シーサイドフェスティバル」は今年(2020年)で8回目を迎えます。これまでは打ち上げだけであった花火も、最近では音楽と組み合わせ、よりエンターテインメント性の高い花火にするなど、毎年新しいことにチャレンジしておりますので、来るたびに新しくなっているイベントになっていると自負しておします。

今後継続的に、そしてより一層このイベントを盛り上げていくために皆様のご協力が必要です。ぜひ趣旨にご賛同いただき、クラウドファンディングにご協力いただければ幸いです。

 

寄附者の皆様へ

高石市からのメッセージ

日本全国でも無くなりつつある花火大会を継続させていくためにも、ぜひこのプロジェクトへの賛同、ご支援をよろしくお願いいたします。

そして是非、当日本フェスティバルにご来場いただくことを心よりお待ちしております。

※本事業への寄附金は目標金額に達しなかった場合でも、本フェスティバルへの事業費として大切に使わせていただきます。