2020年、国際的スポーツの祭典に訪れる世界中の人々に鹿嶋の良さを伝えたい!

カテゴリー:観光・PR 

main_img 達成

寄附金額 5,075,000

101.4%

目標金額:5,000,000

達成率
101.4%
支援人数
9
終了まで
64
/ 107

茨城県鹿嶋市 (いばらきけん かしまし)

寄附募集期間:2019年12月16日~2020年3月31日(107日間)

茨城県鹿嶋市

プロジェクトオーナー

鹿嶋市は、鹿島アントラーズのホームタウンとしてスポーツが盛んであり、2002年のサッカーワールドカップをはじめ、AFCチャンピオンズリーグ、ネットボール・アジアユース選手権大会など、大きなスポーツ大会が開催され、世界中から多くの方々が来訪しています。

このたび、2020年の国際的スポーツの祭典が鹿嶋市で開催されることとなり、世界中の人々が鹿嶋市へ訪れることが見込まれるため、鹿嶋の名が世界へ認知される大きな契機となります。

このチャンスを活かし、来訪者に「また来たい」と思っていただけるように、鹿嶋市が一つとなっておもてなし提供プロジェクトを実施します。

茨城県鹿嶋市

鹿嶋市は、東を太平洋、西を北浦に挟まれており、海や田畑の恵みが豊かで、はまぐりやしらすなどの海産物、メロンやキャベツなどの農産物など、自然の味わいを活かした様々な特産品があります。

また、東国三社の一つにも数えられる鹿島神宮を有する歴史的伝統を持ち、更には鹿島アントラーズのホームタウンとしてサッカーを中心としたスポーツが盛んなまちです。

歴史とスポーツのまち、鹿嶋市に、ぜひお越しください。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

このクラウドファンディングは『ふるさと納税』対象事業です!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。控除上限額内の2,000円を超える部分について所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

ふるさと納税をもっと知る
私はふるさと納税をいくらできる?(寄附金控除額のめやす)

2020年、世界中の人々に鹿嶋の良さを伝えたい!

鹿嶋市が一つとなってお出迎え

2020年、鹿嶋市では国際的スポーツの祭典でサッカー競技が開催され、世界中から多くの人々が鹿嶋市に訪れることが予想されます。

その人々に、鹿嶋市に来てよかったと思っていただき、開催終了後も鹿嶋市へ訪れていただいたり、母国に帰られてから鹿嶋市の魅力を伝えていただくためには、鹿嶋市が一つとなっておもてなしをすることが必要です。

そのためには、市だけではなく、市民の方々と一緒になって準備をする必要があります。

鹿嶋市は東国三社の一つに数えられる悠久の歴史ある鹿島神宮など、歴史と伝統あるまちであり、来訪された方々にはそのような鹿嶋の魅力を知ってもらいたいと思っています。鹿嶋市ボランティアは大会関連の案内等のほか、鹿嶋市の観光案内等も行ってまいります。

2020年のスポーツの祭典を契機に、おもてなしに向けて市民の一体感の醸成、訪日外国人の増加を目指します。皆さまからのご支援よろしくお願いいたします。

 

おもてなしボランティアとともに世界中の人々をおもてなし

ボランティアの募集~育成、機運の醸成

鹿嶋市では、おもてなしを行いたいボランティア市民を募集し、2020年に向けて育成講座等を実施しております。ボランティアとしての心構えや、訪日外国人への対応として多言語対応アプリの使い方を学ぶ実践練習等を学んでいます。

訪れた人々が祭典はもちろん、市内の観光等も楽しんでいただくために、開催期間中、市内の案内や清掃美化等の活動をボランティアの方々とともに行ってまいります。

また、スポーツの祭典を盛り上げるため、フェイスペイントを行うフェイスペイントサポーターボランティアを募集し、講習会や市内のイベント等の機会に実演会を行い、受け入れに向けた準備を行っています。

■鹿嶋市のおもてなしプロジェクト

2020年に向けて、準備を進めます

【寄附金の使い道】
国際的スポーツの祭典に向けたボランティア募集や育成、機運醸成に向けた夢の教室事業や、市内外で実施している祭典のPRイベントに係る経費

※目標金額に達しなかった場合、市の一般財源で事業を実施予定です。また、目標金額以上に寄附頂いた場合、市のスポーツ振興事業に活用させていただきます。

【事業実施のスケジュール】
・2019年:受け入れに向けたボランティアの募集・育成、機運醸成、PRイベント等の実施
・2020年:祭典開催本番 おもてなしの実施

2020年に向けて、準備を進めます

 

2020年に向け、子どもたちに夢をもってもらいたい

トップアスリートと子どもたちの交流

写真
多くの方々をお迎えするにあたり、機運醸成のため、市内の子どもたちとの交流や各種イベントが催されています。

交流の一例としては、『JFAこころのプロジェクト「夢の教室」―(「夢先生」の学校派遣)―』により、市内の小・中学校にトップアスリートの方々などを講師として派遣し、体験授業及び講話を通して、子どもたちに夢を持つことの大切さを伝えていただいています。

市内の子どもたちがトップアスリートである夢先生と、体育館で体を動かすゲーム等をして、仲間と協力することの大切さや相手を思いやる心の大切さを学んでいます。

この機会に子どもたちには夢を持ってもらい、世界に羽ばたく人材になってもらいたいと思っています。

 

事業に携わる方の思い

鹿嶋市公認マスコットキャラクター「ナスカちゃん」

写真
2020年、鹿嶋市のカシマサッカースタジアムで国際的なスポーツの祭典が開催されます。

今回のイベントで、世界中から多くの方々が来訪されることかと思いますが、鹿嶋市には海や北浦、田園風景といった豊かな自然や、悠久の歴史をもつ鹿島神宮など、たくさんの観光資源があります。

来訪者の方々にはぜひ、祭典だけでなく鹿嶋の魅力にも触れていただき、祭典後も鹿嶋市にまた来たいと思っていただけるようなおもてなしができるよう努めてまいります。

 

寄附者のみなさまへ

鹿嶋市からのメッセージ

世界中から訪れた方々に、日本や鹿嶋をもっと好きになり、また訪れていただくためには、来てよかったと思っていただけるようなおもてなしが欠かせません。
世界と鹿嶋をつなぐ本プロジェクトのご支援に、心より御礼申し上げます。

2020年、観光の見どころもたくさんある鹿嶋市へぜひお越しください。お待ちしております。