鍼灸と低酸素ルーム活用で、徳島県の健康長寿と世界的アスリート育成を目指す!

カテゴリー:新産業・地域創生 

main_img

寄附金額 50,000

5%

目標金額:1,000,000

達成率
5%
支援人数
3
終了まで
76
/ 92

徳島県 (とくしまけん)

寄附募集期間:2019年10月1日~2019年12月31日(92日間)

徳島県×はりきゅう整骨院SUBARU

プロジェクトオーナー

徳島県の健康寿命を世界トップクラスまで押し上げたい!徳島県のアスリートを世界に通用するレベルまで押し上げたい!
徳島県は、健康寿命の全国順位が、男性・女性ともに40位代と低くなっています。自動車の保有率が高く、歩く機会が少ないことから、運動不足により生活習慣病になりやすいとも言われています。当院では、鍼灸治療による痛みやしびれを緩和×低酸素ルームでの短時間運動を組み合わせていくことで、効率的に健康な身体づくりを行います。
徳島県の健康づくりを推進し、全国から注目されるような取組みを当院から発信したいと考えています。

※頂きました個人情報は、徳島県より寄附先の起業家へ提供させていただきます。

徳島県

徳島県は鳴門の渦潮、祖谷のかずら橋、海、サーフィン、釣りなど自然を満喫できる最高の地です。また、阿波おどり会館、米津玄師さんが紅白歌合戦でテレビ中継された大塚国際美術館などもあります。名産品としては、竹ちくわ、フィッシュカツなどの練り物、アユ、鳴門鯛、鳴門タコ、ハモなどの魚介類も鮮度が高く絶品です。何より、空気と水が最高に綺麗な徳島です!こんな徳島の健康づくりのため、皆様の温かいご寄付をお待ちしています。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

このクラウドファンディングは『ふるさと納税』対象事業です!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。控除上限額内の2,000円を越える部分について所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

ふるさと納税をもっと知る
私はふるさと納税をいくらできる?(寄附金控除額のめやす)

 

運動不足を解消し、健康な体で長生きを

健康長寿×トップアスリート育成を目指します!

私たち「はりきゅう整骨院SUBARU」には、解決したい課題が2つあります。

1つ目は、全国好順位に健康寿命を延ばすこと。

健康寿命のデータを見てみると、徳島県は2010年以降、男性・女性とも概ね40位台ととかなり低い状況であります。

車社会による運動不足などから糖尿病罹患率も高い状況です。

2つ目は、徳島県から世界トップレベルのアスリートを輩出すること。

国体の成績を例に出すと、2009年の男子40位・女子28位が最高順位で、翌年からは男子は40位台、女子も1年を除き40位台となっています。

現段階では国体、全国都道府県駅伝などでも、成績はかなり厳しいため、成績向上を目指し、体力向上支援を行っていきたいです。

この2つの課題に対し、鍼灸と低酸素ルームでのトレーニング(いわゆる高地トレーニング)を広めることで、改善に向け、大いに効果が期待できると考えています。

徳島県が長生きできる健康長寿な県になるとともに、徳島県からトップアスリートが育成・輩出され、全国、全世界から注目される、更に魅力ある県にしていきたいと考えています。

 

鍼灸と低酸素ルームでを掛け合わせ、効果的な運動及び健康管理を

スキルと経験を活かした健康へのトータルサポート

写真
これらの課題の解決に向けた第一歩として、私、栗崎彰稔は、今年2019年11月、低酸素ルーム付きの「はりきゅう整骨院SUBARU」を阿南市で開院します。

当院の強みを「3つ」ご紹介します。

(1)鍼灸施術など東洋医学を基にした施術

不眠、躁うつ病、過敏性腸症候群等の自律神経失調症の症状に対してアプローチします。

(1)鍼灸施術など東洋医学を基にした施術

(2)美容鍼灸

これは自律神経調整に大きな効果が期待できると言われています。

(3)低酸素ルームでの運動による健康管理

低酸素ルームでのトレーニングは、いわゆる、高地トレーニングです。マラソン選手が大会前に高地トレーニングをすることは有名で、かなり活用されている高地トレーニングですが、実際に高地に行くにはコストも時間もかかります。これを身近に取り入れることができるのが、低酸素ルームでのトレーニングです。

(3)低酸素ルームでの運動による健康管理

これらの強みからスキルと経験を活かした健康へのトータルサポートが可能で、鍼灸と低酸素ルームを掛け合わせ、効果的な運動及び健康管理を実現します。

誰もが健康で、人の手を借りず、生き生きと暮らしたいと思っているはずです。まずは、徳島の身近な方から、充実した人生を歩んでもらえるようサポートしていきたいと考えています。

頂いた寄附は、低酸素ルームの設置費用の一部に充てさせていただきます。

当院が徳島県内における「健康パワースポット」と呼ばれる施設となれるよう、御支援をよろしくお願いいたします。

寄附金の使い道:低酸素ルーム設置費用の一部

【内訳】
・ルーム設置:120万円
・使用備品類:計180万円(インボディ体組成計76万円、ワットバイク2台74万円、骨盤矯正ベッド30万円 等)

【寄附金取扱いの注意点】
・目標金額に達しなかった場合、頂いた寄附金を本プロジェクトへ活用した上で、不足分は自己資金にて充当し、遂行します。
・目標金額以上の寄附を頂いた場合、本プロジェクトの費用として活用させていただきます。

実施スケジュール:2019年11月開院!

2019年11月 開院

 

プロジェクトを応援する声

有限会社ワイケーエス代表 吉田良一さん

■低酸素トレーニングで体力向上

写真
私は40年以上人間と環境に関する仕事に携わってきました。特に、低・高酸素環境の人間への活用、例えばアスリートに対する体力向上、安全登山に対する高所順化、高齢者に対する積極的なリハビリテーション、一般の人たちの健康増進など。20年前から、身近で、安価で、誰でも、気軽に利用できる、常圧低・高酸素室の普及に努めています。

これからは、一般の人達の健康増進にどれだけ寄与できるかがポイントとなります。そこで、栗崎さんと出会い、徳島県を健康県にしたいという熱意に共感し、実現を目指して、共に頑張りたいと思っています。先ずは、阿南市が健康で、元気で、活き活きとした地域となり、徳島県が、全国に先駆けて健康モデルとして発信し、展開できればと思っております。そのためには、協力は惜しみません。

株式会社A-メディカル代表 小野 篤さん

■徳島を健康県に。そして全国全世界を。

写真
私は、医療機器の卸売業をやっており、整骨院様や整形外科様に、医療機器の販売をさせて頂いております。

私は、18歳の頃にバイク事故に遭い、相手の普通車のフロントガラスが割れるくらいの内容でした。私は、右大腿骨を骨折し救急車で搬送されました。病院の部屋に移って1時間経った頃から、目が霞み始めて、そこから10日間の意識不明の重体になったそうです。私の両親は、病院の先生から呼ばれて良くても植物人間だと言われたそうです。意識不明になった理由は、骨の中にある脂肪組織が血流に乗って流れ脂肪塞栓症になりました。普通は脂肪組織などが肺に詰まって死ぬそうですが、脳に詰まり、奇跡的に後遺症もなく助かったそうです。

バイク事故に遭うまでは、生きているのが当たり前で、生きる事に深く考えた事はなかったのですが、それからは、健康で生きられるだけで、すごく幸せな事だと実感できますし、世の中に何か恩返しをしないといけない使命があるから、生かされたと思っております。

私は少しでも多くの人に医療機器などを通じて、健康で生きられるお手伝いをさせて頂きたく、この仕事を始めました。一年前に栗崎先生と出会いました。様々な方と接していますが、これほど健康に対して、本気で考えて行動している方はいません。強く共感し、微力ながらお手伝いさせて頂き、共に実現したいと思っております。

中華料理店神龍 児島史晃さん

■羽ノ浦町・阿南市が元気になり活気あるものに

写真
羽ノ浦町・阿南市、徳島県全体の高齢化が進み、かつアスリートも全国では通用しなくなる日が来るかもしれません。高齢者も子供も元気に生き生きと、全国でも感心されるような地域にしていかなければならないと思っています。徳島県が健康県になるために、栗崎君が行動する事に賛同し、私は食で徳島県を笑顔に、健康にするよう行動していきます。

現在羽ノ浦の、少年野球チーム羽ノ浦パピヨンでもコーチをしています。全国大会には出場したこともありますが、プロ野球選手は過去一人も輩出されていません。みなケガをすることで、野球を続けることができなくなってしまっています。これを小学生の頃から、しっかりしたトレーニング、ケア、フォームを身につけることで、必ずやプロ野球選手が輩出されるよう、手を取り合って、目標に突き進んで行きたいです。

 

お礼の品一覧

【注意事項】

※頂きました個人情報は、徳島県より寄附先の起業家へ提供させていただきます。
※本プロジェクトにおけるお礼の品送付は、県外の方が対象で、県内の方は対象外となります。