春の選抜高校野球大会に初出場を決めた筑陽学園高校を応援したい!

main_img

寄附金額 223,000

22.3%

目標金額:1,000,000

達成率
22.3%
支援人数
18
終了まで
24
/ 32

福岡県太宰府市

寄附募集期間:2019年3月15日~2019年4月15日(32日間)

福岡県太宰府市

プロジェクトオーナー

「史跡・観光のまち」のイメージが強い本市。実は、大学3校、短期大学2校、そして高校が4校も立地する「学生のまち」でもあります。学生スポーツも盛んで、近年は、レベルの高い大会に出場する選手・団体も増え、競技力が向上しています。
そのような中、市内の筑陽学園高校が「第91回選抜高等学校野球大会」に出場することになりました。とても名誉なことであり、学生に夢を与えるこの出来事は、市内の競技スポーツの底上げにも繋がります。
「太宰府市競技スポーツ応援プロジェクト」の一環として、市を挙げて応援し、文武両道の都市を目指します!

福岡県太宰府市

約1300年前、当時の太宰府には、九州全体を管轄する「大宰府」(オオミコトモチノツカサ)という大きな役所が置かれ、約500年の長い間、その役割を果たしていました。今もその歴史をしのばせる大宰府跡、水城跡、観世音寺、太宰府天満宮など市内に数多くの史跡や名所が存在し、毎年数多くの観光客が訪れています。
福岡市からも近く、交通アクセスも比較的良い本市は、「史跡や緑にめぐまれた福岡都市圏の住宅都市」として発展しています。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

このクラウドファンディングは『ふるさと納税』対象事業です!

ふるさと納税とは、自治体への寄附金のことです。個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民税のおよそ2割程度が還付、控除される制度です。

ふるさと納税をもっと知る
私はふるさと納税をいくらできる?(寄附金控除額のめやす)
ふるさとチョイスのガバメントクラウドファンディングについて

 

「筑陽学園高校甲子園応援プロジェクト」

祝! 春の選抜初出場!

太宰府市は、スポーツ振興に力を入れており、「スポーツ観戦の促進」・「スポーツ団体、選手への表彰と市民への周知」・「高等学校・大学及び民間スポーツ団体などの人的、知的資源の活用」などに取り組んでいます。

そのような中、嬉しいニュースが!市内にあります筑陽学園高等学校野球部が「第91回選抜高等学校野球大会」に出場することが決定しました。

太宰府市にとって大変名誉なことであり、本市のスポーツ振興にとっても多大な影響力を及ぼすものと考えています。

応援観戦ツアーやパブリックビューなど、「観る」スポーツの機会の提供は、青少年の夢と感動を与え、スポーツへのきっかけづくりになります。

甲子園出場は多額の費用を要し、それをすべて学校関係者で賄うのは困難なことで、地元自治体としても募金箱を設置するなど、できるだけの支援を行います。

筑陽学園高校野球部の市長表敬訪問について新聞社やテレビ局への報道依頼、公共施設に懸垂幕やポスター掲示などによる周知を図ります。

今回の支援により、筑陽学園高校との連携が密になれば、市のスポーツ事業への高校(指導者・部員・OB)の係わりが期待できます。

そこで、太宰府市スポーツ振興基本計画後期計画に基づき、筑陽学園高校野球部が第91回選抜高等学校野球大会に出場することを支援すべく、ふるさと納税によるクラウドファンディングを計画します。

 

学生スポーツが街を元気づける!

市民に夢と誇りを与える

世界スポーツ大会の開催を控え国際大会や、全国大会等で優秀な成績をあげた地元出身の選手やスポーツ団体に対し、その栄誉をたたえ表彰するとともに、広く市民に周知することは、市民が夢と地域への誇りを持ち、さらなるスポーツ活動への意欲高揚につながると考えます。

今回は、筑陽学園高等学校野球部の応援を通して、競技スポーツの普及や地域への愛着を生み出すとともに、「学生のまち」太宰府の魅力を発信できる機会でもありますので、どうぞ皆様ご支援のほどよろしくお願いいたします。

■第91回選抜高等学校野球大会

いざ、夢の舞台へ

【事業実施のスケジュール】
平成31年3月23日 第91回選抜高等学校野球大会開幕
以後、筑陽学園高校の試合に合わせてパブリックビュー等を実施

【寄附金の使い道】
・甲子園出場に伴う旅費及び選手強化費用:78万円
・選手応援に係る費用(横断幕・懸垂幕・パブリックビューなど):22万円

※目標金額に達しなかった場合、集まった分から選手応援に係る費用を除いた金額を選手強化費用として活用させて頂きます。
また、目標金額以上の寄附を頂いた場合、超えた金額は本プロジェクトの選手強化費用として活用させていただきます。

いざ、夢の舞台へ

 

甲子園出場に向けた思い

筑陽学園高校 新田光之助 校長

■創立100周年への力強い第一歩

写真
2018年の筑陽学園は、軟式野球部の全国大会出場や女子サッカー部(創部2年目)の全国大会出場と華々しい活躍に沸きました。

そして迎えた2019年1月25日、硬式野球部念願の第91回選抜高校野球大会への初出場の朗報がもたらされました。これは昨年の九州代表として戦った明治神宮大会での戦績が高く評価されたものと思います。

本校にとって、この春のセンバツ甲子園大会出場は2003年の夏の甲子園大会初出場以来、硬式野球部に限らず全校生徒が長年憧れた夢舞台でした。本当によく頑張ってくれました。

本校は校訓に「人を愛し、ひとに愛される人間」の育成を掲げ、今年で創立96周年を迎える地域を代表する伝統校です。年々進学校としての高い評価もいただき「文武両道」にわたって着実な成長を続けています。

この度の選抜大会への出場は、2023年の筑陽学園創立100周年にむけて飛躍の原動力になるものと確信しています。硬式野球部諸君のこの春の甲子園大会での悔いの残らない活躍を期待して、学園を挙げてしっかりと応援していきたいと思います。

太宰府市長 楠田 大蔵

■底ヂカラを発揮して未来へ羽ばたけ‼

写真
地元筑陽学園高等学校野球部の選手、監督、コーチ及び関係者の皆様、第91回選抜高等学校野球大会へのご出場、誠におめでとうございます。

まずは九州チャンピオンとして夢の甲子園出場を実力で掴み取られた選手の皆様に心から賛辞を送り、そこに導かれた指導者やご家族、学校関係者の皆様に深く敬意と感謝を申し上げます。

太宰府市並びに市民の皆様にとっても「新生太宰府元年!」にふさわしい待望の大ニュースで、本当に誇らしいことです。高校球児が誰しも憧れる夢の舞台で、持てる底ヂカラを十分に発揮し、将来我が国そして世界を代表する選手に羽ばたいてくれますことを祈念しています。

 

寄附者のみなさまへ

太宰府は学生スポーツのメッカ!?

文武両道の都市を目指して

みなさんは太宰府にどのようなイメージをお持ちですか?「史跡・観光のまち」としてのイメージが強いのではないでしょうか?

しかし、実は29.60㎢という決して広くない市内に大学3校、短期大学2校、そして高校が4校も立地する「学生のまち」でもあります。

本市においてもレベルの高い大会に出場する選手・団体が増加傾向にあり、全国大会などで優秀な成績を収める選手・団体も増え、競技力は向上してきています。

そのような中、太宰府市では「いきいきとしたスポーツライフの創造」を基本理念とし、地域スポーツ、競技スポーツ、青少年スポーツの3つの領域において、現状を改善するための根幹にとらえるべき基本施策を、事業改革、意識改革、組織改革という3つの考え方ときっかけづくり、人づくり、組織づくり、環境づくり、社会づくりという5つのステージに分けて積極的に推進しています。

中でも、競技スポーツにおけるきっかけづくりの施策として、「スポーツ観戦の促進」、「スポーツ団体、選手への表彰と市民への周知」、また、人づくりの施策として「高等学校・大学及び民間スポーツ団体などの人的、知的資源の活用」が掲げられています。

太宰府市からのメッセージ

改めまして、筑陽学園高等学校野球部の応援を通して、これまで以上に競技スポーツの普及を促進し、子どもたちの夢を育てるこのプロジェクトのご支援を、心よりお願い申し上げます。


  • GCFとは?

このプロジェクトへの応援メッセージ

  • 筑陽学園高校優勝目指して頑張れ!

    2019年3月17日 21:49

  • 筑陽学園高校野球部 全国制覇めざしてがんばれ!
    水曜日に試合があれば、必ず応援に行きます!

    2019年3月17日 19:38

  • 福岡県で小学生時代を過ごした東京都在住の者です。勝ち負けに関係なく、甲子園で可能な限り暴れてきて下さい。

    2019年3月17日 17:12

  • 頑張れ 筑陽

    2019年3月16日 21:03

  • 選抜高校野球野球、福岡代表、頑張れ

    2019年3月15日 21:07

はじめての方へ