• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 子どもたちを猛暑の教室から解放したい!公立小中学校普通教室へのエアコン設置事業

子どもたちを猛暑の教室から解放したい!公立小中学校普通教室へのエアコン設置事業

奈良県桜井市 奈良県桜井市

main_img

寄附募集期間:2018年11月20日~2019年2月24日(97日間)

寄附金額
587,054
支援人数
12
達成率
11.7%
目標金額
5,000,000円
終了まで
74日 / 97日

奈良県桜井市

プロジェクトオーナー

記録的な猛暑が続く中、学校における学習環境の改善と子どもたちの健康保護の観点から、市内の公立小中学校の普通教室にエアコンを設置します。
これにより、熱中症等による健康被害を未然に防止し、子どもたち及びその保護者が安心できる環境を作ることができます。さらに、学習効果を高め、学力向上にも繋がると考えています。
しかし、エアコンの設置費用に関して、国や県からの補助金などを受けたとしても市の負担はとても大きいものとなります。
そこで、市内の公立小中学校へのエアコン設置にご賛同いただけるみなさまに、このような形でご協力をお願いすることにいたしました。
なお、いただいた寄付金はすべて子どもたちのため、エアコン整備にかかる費用に充てさせていただきます。
お礼の品はご用意しておりませんが、プロジェクト成功のため、温かいご支援をお願いします。

奈良県桜井市

桜井市は、奈良盆地の中央東南部に位置しています。このあたりは、東と南を青垣山に例えられる山々に囲まれ、古くは「やまとはくにのまほろば」と詠われた地です。
古代より日本の政治、社会の長い歴史の舞台となった桜井には、古社寺、古墳、万葉歌碑などをはじめ、数多くの自然・歴史・文化資源があり、日本文化の原点である相撲発祥の地、仏教公伝の地、芸能創生の地、万葉集発燿の地並びにわが国最古の交易の市・海柘榴市などが記紀、万葉集などにより伝えられています。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

子どもたちの学習環境を改善したい!

子どもたちが笑顔で通える学校にしたい!

桜井市がある奈良県は、全国的に見ても学校普通教室へのエアコン設置率が7.4%でワースト8位(平成29年4月現在)と非常に低い状況にあります。
そのワースト8位の中でも比較的涼しい地域を除くと、ワースト3位以内に入るような設置率の低さです。
さらに桜井市の学校普通教室へのエアコン設置率は、4.4%とその奈良県の設置率よりさらに低い状況にあります。
また、今年の猛暑で他県では熱中症にかかり児童が死亡するという痛ましい事件がありました。
桜井市ではそういった熱中症等による健康被害から子どもたちを守るため、平成31年の夏までに市内の公立小中学校へエアコンを設置できるように計画を進めています。
これにより、子どもたちの学習環境が改善され、学習効果を高めることができると考えています。
また、涼しい教室で授業を受けることで、集中力が高まり学力の向上にも繋がるので、保護者や家族のみなさまにも、安心して子どもたちを学校へ預けられる環境を作ることができます。

 

エアコン設置には多大な費用がかかります。

桜井市内には、公立の小学校が11校、中学校が4校あります。
その中で、エアコンが未設置の普通教室は小学校で123教室、中学校で51教室、合計174教室あります。
それらすべての普通教室にエアコンを設置するには、5億円以上の事業費がかかると試算しています。
財源は国や県の補助金及び地方債で賄うことを予定していますが、補助金には上限があり、総事業費の20%程度しかありません。
これにより、市の負担は非常に大きくなり、財政状況はさらに厳しくなります。
そこで、みなさまのご支援をいただきたいと考えています。

平成31年夏までの設置を目指しています。

来年の夏も猛暑となる可能性が高いため、平成31年の夏までに市内すべての公立小中学校の普通教室にエアコンを設置できるよう準備を進めています。

平成30年度中に市内の公立小中学校普通教室について、調査・設計を実施します。
平成31年の夏までに市内の公立小中学校の空調設置工事の完了を目指しています。

 

事業に携わる方の思い

桜井市 市長 松井 正剛

■子どもたちの笑顔を守るために

写真
今年の夏は全国各地で35度を超える記録的な猛暑となり、熱中症による被害は昨年を大幅に上回り、死亡者が出るまでの痛ましい状況となりました。
これはまさしく、地震・豪雨災害と同様に甚大な被害を及ぼす自然災害であると言えます。
このような状況を受け、国は市町村のエアコン設置に対する臨時の補助金制度を設置しました。
また、奈良県も国の補助金が及ばない部分に補助金を支給することを決定しました。
桜井市では、現在これらの補助金を活用し、子どもたちの学習環境の改善と健康保護の観点から、来年の7月の暑い時期までに市内のすべての公立小中学校の普通教室にエアコンを設置できるよう準備を進めているところです。
しかし、エアコンを設置するための費用を捻出することは、現在の市の財政事情からすると非常に厳しいものです。
そこで、みなさまのご協力をいただければ幸いと考えています。
子どもたちを熱中症から守り、そして子どもたちの笑顔を守るため、みなさまのご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

寄付者のみなさまへ

桜井市教育長 上田 陽一

写真
子どもたちがいる学校現場で長年勤めて参りましたが、子どもたちの元気な姿にはいつも笑みがこぼれます。
明るく、楽しい学校の中で、エアコンのない夏場の教室は子どもたちの笑顔を奪ってしまいます。
また、時には子どもたちの健康まで害してしまう恐れもあります。
勉強にも集中できず、学習効果も下がってしまいます。
大切な子どもを預けている保護者のみなさまも不安を抱かれることでしょう。
こういったことのないように、来年夏までのエアコン設置に向けて、急ピッチで準備を進めています。
未来を担う子どもたちのために、みなさまからのご支援を賜りますようお願い申し上げます。