良寛の生き方を、魅力をもっと広めたい!第42回全国良寛会燕大会を成功へ!

新潟県燕市 新潟県燕市

main_img

寄附募集期間:2018年11月22日~2019年1月15日(55日間)

寄附金額
40,000
支援人数
4
達成率
4.0%
目標金額
1,000,000円
終了まで
31日 / 55日

新潟県燕市

プロジェクトオーナー

良寛の顕彰、清貧の生き方、慈愛の心、すぐれた芸術などの魅力を国内外に情報発信することを目的とした全国良寛会が、毎年5月~6月頃に全国各地から多数の会員が集まる総会と一般市民も参加できる記念講演会を県内外の良寛ゆかりの地で開催しております。国上山の五合庵や乙子神社草庵など人生の大半を過ごした燕市での開催は、歴史と文化の魅力を全国に発信し、地域の文化振興にも貢献する機会となることから、開催地として大会を支援するものです。

新潟県燕市

燕市は、越後平野のほぼ中央、県都新潟市と長岡市の中間に位置しています。信濃川と信濃川の分流である中ノ口川、西川に沿って形成されています。北陸自動車道三条燕インターチェンジと上越新幹線燕三条駅といった高速交通機関があり、主要国道116号、289号が整備され、JR越後線、弥彦線が交差するなど交通網が充実しています。県下有数の工業地帯であり、金属洋食器、金属ハウスウェア製品は国内の主要産地となっています。また、良寛ゆかりの地でもあり、日本さくら名所100選の地、大河津分水で行われる豪華絢爛な「おいらん道中」は有名です。燕市は、産業と歴史と自然が調和した地域です。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

全国良寛会燕大会を成功させたい!

燕市と良寛の歴史

2019年6月、良寛が一番長く暮した燕市で全国良寛会燕大会が開催されます。燕市では旧分水町で2回、旧吉田町で1回の開催実績がありますが、合併後は初めての開催となります。 

本大会は全国良寛会から地元の分水良寛会、吉田良寛会に燕市で開催したい旨の申出がありました。

燕市では両良寛会から燕大会開催に向けた要望を受けて、本大会は規模が大きく、全国から大勢の人が集まり宿泊・観光等を行っていることから、地域経済への波及効果が期待でき、燕市をPRする機会と捉え、できる範囲で支援を行います。

国上山の五合庵や乙子神社草庵など人生の大半を過ごした燕市での大会の開催は、歴史と文化の魅力を全国に発信し、地域文化にも貢献する機会となることから、本大会の成功にご協力をお願いします。

【注意事項】

※燕市民の方は、お礼の品を選ぶことはできません。(寄附のみになります)

 

良寛の生き方を、魅力を広めるために

第42回全国良寛会燕大会を開催します!

本大会を開催するにあたり、分水良寛会や吉田良寛会の会員を中心として委員22名で大会実行委員会が組織されました。
実行委員会では2018年の2月から定期的に会議を開き、大会の実施に向けた準備を進めています。
今後は各専門部会のなかで、詳細を決定し適時発表していきます。

また、本大会の運営には分水良寛会、吉田良寛会をはじめ地元の学校で、授業で良寛学習を行っている高校の生徒さんから運営ボランティアとして協力いただくこととしています。
さらに、大勢の大会参加者をおもてなしするため、地元の郷土芸能や文化芸能団体に協力いただき、歓迎アトラクションなどで大会を盛り上げていきます。

本大会には全国から総会に参加する全国良寛会会員に加え、どなたでも参加いただける記念講演と歓迎アトラクションの来場者を合わせて1,000人規模の大会にしたいと意気込んでいます。
本大会を通じて全国に良寛ゆかりの地である燕市の歴史や文化の魅力を情報発信し、燕市に来ていただける交流人口や応援(燕)人口の増加につなげたいと思っています。

■多くの皆さまの参加をお待ちしています。

【第42回全国良寛会燕大会】

2019年6月8日(土)・9日(日)開催
6月8日(土)午後1:30~  総会
        午後2:40~  記念講演
        午後4:30~  歓迎アトラクション
        午後6:30~  交流会
6月9日(日)午前8:30~   良寛ゆかりの地を巡るバス見学会
※6月8日(土)の記念講演及び歓迎アトラクションは、どなたでもご参加いただけます。

【第42回全国良寛会燕大会】

【注意事項】

※燕市民の方は、お礼の品を選ぶことはできません。(寄附のみになります)

 

事業に携わる方の思い

燕市 市長 鈴木 力

■良寛が長く暮らした地、燕市で全国良寛会燕大会を開催

写真
良寛が長く暮らした地、燕市で全国良寛会燕大会を開催できますことは、とても意義深く思います。
燕市は越後平野のほぼ中央に位置し、北陸自動車道三条燕インターチェンジや上越新幹線燕三条駅など高速交通網が充実した県下有数の工業地帯であり、金属洋食器、金属ハウスウェア製品は国内の主要産地となっています。また、日本さくら名所100選に選ばれた信濃川、大河津分水で行われる「おいらん道中」は有名で、産業と歴史と自然が調和した地域です。
燕市としましても、本大会は分水良寛会と吉田良寛会が中心となり、皆さまをお迎えする準備を進めておりますが、全国の大勢の皆さまが燕市の文化や歴史に触れていただく絶好の機会と考えています。
このたび燕市は、TBS日曜劇場「下町ロケット」のロケ地にもなりました。是非、この機会に燕市を訪れてみてください。

分水良寛会 氏田 公基さん

■全国良寛会燕大会

写真
分水良寛会で会長を務めており、今回の全国良寛会燕大会では実行委員会の委員長を務めさせていただいています。
本大会は分水良寛会と吉田良寛会の会員が中心となり、皆さまをお迎えする準備を進めているところです。
燕市は、国上山の五合庵や乙子神社草庵をはじめとして、長きにわたり良寛が暮らしたゆかりの地であり、見どころも満載ですので大勢の皆さまのご参加をお願いするとともに、本大会の成功に向けたご支援ご協力をお願いいたします。

【注意事項】

※燕市民の方は、お礼の品を選ぶことはできません。(寄附のみになります)

 

寄附者のみなさまへ

燕市からのメッセージ

第42回全国良寛会燕大会の開催にあたり、多くの皆さまのご支援に心より御礼申し上げます。
本大会に参加されます全国良寛会会員の皆さまをはじめ、どなたでも参加できる記念講演会などにお越しいただきます皆さまから来て良かったと満足していただけるよう、大会開催に向けて準備を整えてお待ちしております。

お礼の品一覧

【注意事項】

※燕市民の方は、お礼の品を選ぶことはできません。(寄附のみになります)