• TOP
  • 過去実績
  • 移住体験した約3割が町へ移住!「お試し住宅」を整備し、移住へのステップをつくりたい!

移住体験した約3割が町へ移住!「お試し住宅」を整備し、移住へのステップをつくりたい!

北海道上士幌町 北海道上士幌町

main_img

寄附募集期間:2018年4月27日~2018年7月25日(90日間)

寄附金額
163,000
支援人数
17
達成率
5.4%
目標金額
3,000,000円
終了まで
受付終了

北海道上士幌町

プロジェクトオーナー

上士幌町には移住体験用の「お試し住宅」が整備されており、移住体験者数は道内で第3位になるほどの人気があります。そのため近年では「お試し住宅」が不足し、希望している時期に入居することができないということも増えてきています。

この問題を解決するため、現在空き家となっている旧教職員住宅を「お試し住宅」へと改修します。上士幌町での移住生活を体験してもらう環境を整え、より多くの方に移住体験をしていただき、移住へのステップアップに繋げることを目的としています。

完成後はこのプロジェクトを応援してくださった方々を優先的にご案内し、移住体験をしていただく予定です。このプロジェクトが皆様の移住への「キッカケ」の一つとなれば幸いです。皆様ぜひ応援よろしくお願い致します!

※上士幌町役場窓口へ直接ご寄附をいただいた金額・件数を追加しました。(6/11時点)

北海道上士幌町

上士幌町(かみしほろちょう)は、北海道十勝地方の北部、日本一広い国立公園である大雪山国立公園の東山麓に位置し、町内の約76%が森林地帯の自然豊かな町です。

日本一広い公共育成牧場のナイタイ高原牧場、幻の橋と呼ばれる「タウシュベツ川橋梁」、ぬかびら源泉郷や幌加温泉など自然を最大限に活用した観光資源が多数あります。

年2回開催される「バルーンフェスティバル」も有名で、開催時には多くの観光客の方々で賑わっています。

上士幌町では人口減少が進む中で、住みやすい町づくりと、移住者支援のための基金を設立し、ふるさと納税を活用した子育て・少子化対策に重点的に取り組みました。認定こども園では保育料を2016年から10年間完全無料化し、英語教育のための外国人講師を配置しています。町の小学校では少人数学級の実現や、公設民営塾の開設など、安心して子育てができる町づくりを進めています。

その結果、都市部からの移住者も増え、上士幌町の人口は2016年には+31人、2017年には+71人、2018年は4月末時点で+12人の人口増となり、約4年ぶりに人口5,000人の大台を回復しました。近年では、寄付者との継続的な交流にも取り組み始め、都内で開催した寄付者との交流イベントである「上士幌まるごと見本市」や、実際に町に招いて生活体験をしていただく「上士幌まるごと見本市ツアー」も行っています。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

上士幌町の生活が体験できる
「お試し住宅」を作ります!

「お試し住宅」とは

上士幌町や北海道への移住や二地域居住(今住んでいる場所以外に別の地域にも居住先を持ち生活すること)を検討している方が、実際に一定期間(最短1週間~最長1年)生活を体験するために整備された住宅のことです。必要となる生活備品も用意されているため、移住したときと同じような生活を体験できます。

上士幌町では。H17年から「お試し住宅」の利用を開始し、H28年には63組151名と道内で第3位の利用もあり、これまで1000人以上の方々を受け入れてきました。
現在「お試し住宅」は8棟あり、広さも約50㎡~120㎡と幅広く用意していますので、家族形態や生活イメージに合わせて選んでいただくことができます。

■「お試し住宅」利用者の約3割が上士幌町に移住しています。

上士幌町で実際に「お試し住宅」を利用した後、町に移住した方の割合はH28年度で29.7%となっており、「お試し住宅」は上士幌町の移住者増に大きな影響を与えています。

■移住希望者増加に伴う「お試し住宅」の不足

現状として移住体験希望者の増加に伴い、「お試し住宅」が不足してきているため、希望している時期に入居することができないということも増えてきています。
今回のプロジェクトで上士幌町での移住生活を体験してもらう環境を整え、より多くの方に移住体験をしていただき、移住へのステップアップに繋げたいと考えています。

 

旧教職員住宅を「お試し住宅」へ改修

今回、「お試し住宅」として生まれ変わるのは町で空き家となっている旧教職員住宅です。
素敵な外観の住宅ですので、そこは残しつつ水回りや内外装を綺麗にし、皆様に快適に暮らしていただける住宅へと改修する予定です。
広さも十分にあるのでゆったりと生活をするのにピッタリの住宅です。
旧教職員住宅は旧上音更小学校の敷地内にあり、窓からは十勝の山々や「ナイタイ高原牧場」も眺めることができます。「ナイタイ高原牧場」は日本一広い、総面積約1,700ha(東京ドーム358個分)の公共牧場で、牛の放牧を見ることができます。ときどき野生の鹿も現れる、自然いっぱいの高原牧場です。

もちろん住宅の近くにも数多くの牧場や畑が広がっているので、新鮮な美味しい食材を町内で調達することもでき、実際の生活をイメージしながら楽しむことができます。
また、町中には温泉施設や、車を走らせるとぬかびら温泉郷もあります。今回寄附をしてくださった皆様にはぬかびら源泉郷クーポンも用意していますので、移住体験期間中にぜひご利用ください。

旧教職員住宅の詳細

【住居種類】:木造一軒家
【延床面積】:85.86㎡
【築年数】:築24年(平成6年築)
【間取り】:3LDK

旧教職員住宅の詳細

完成後は・・・

完成後は中長期用(最短1ヶ月以上~最長1年)の「お試し住宅」として10月頃から利用開始予定です。
大自然を感じながら移住生活を楽しんでいただける「お試し住宅」として活用していきます。
完成した際には寄付者の方々を優先的にご案内し、ぜひ移住体験をしていただきたいと思っています。

■事業実施のスケジュール

2018年7月~8月 改修工事
2018年9月 整備
2018年10月 利用開始

 

「お試し住宅」を利用した移住者の声

鈴木さん

(2018年春に当別町から移住)

「お試し住宅」に住んでみて、まず景色が良いことに感動しました。これは上士幌町だからこそ体験できることですね。住宅は暖かく、必要最低限の生活用品や自転車もあったのでとても快適に生活ができました。町中にスーパーや飲食店もあるので不便も感じませんでした。坂がなく町がコンパクトにまとまっているのも上士幌町で生活してみて感じたところです。徒歩圏内に役場、こども園、図書館、温浴施設、バスターミナルなどが集まっているのは便利ですね。以前も北海道に住んでいたのですが上士幌町の雪の少なさにも驚きました。

移住してからは町中の職場から近い場所に家も借りることができ、以前より通勤も楽になりました。上士幌町はお昼休みに家に帰る人が多いのですがそれも納得です。
これから妻も移住してくるので、町にあるスポーツセンターでバドミントンをしたり、毎月開催されている誕生日会にも参加したりしてみようと思っています。

小嶋さん

(2018年春に埼玉県川越市から ご主人、3人のお子さんと移住)

上士幌町に移住することは数年前から考えていて、町の主催する移住相談会やふるさと納税寄附者との交流イベントには何度も参加していました。町には旅行で来たことはありましたが、「お試し住宅」を利用することで、町の中で買い物をし、家で料理をして家族で食卓を囲むという日常生活をそのまま上士幌で体験することができました。
利用期間中に移住者の交流の場である「誕生会」にも参加し、町の方々の暖かい雰囲気を感じることができたのはとても良かったです。

また、子どもが体調を崩して入院してしまう予想外のことも起きましたが、移住コンシェルジュの方や誕生会で出会った方々がサポートしてくださり、すぐに病院で診てもらうことができました。体験移住を通して上士幌町は思いやりのある方が多く、安心して移住できる町だと思うことができ、この春、家族で移住生活をスタートさせました。

■はたらくお母さんも安心!保育料無料の認定こども園「ほろん」

ふるさと納税を活かした子育て支援

上士幌町はふるさと納税の寄付金を、「子育て少子化対策夢基金」として積み立てています。平成27年に定員120名の認定こども園「ほろん」を開き、翌年からは10年間、保育料を完全無料化しました。また高校生までの医療費も全額補助しており、子育てのしやすい環境づくりに取り組んでいます。

ふるさと納税を活かした子育て支援

 

上士幌町を応援してくださる皆様へ

地域おこし協力隊島田からメッセージ

私は今年の3月に東京都港区から上士幌町に移住してきました。
東京から離れて子育てをしようかと考えているときに、たまたま上士幌町の方に出会い、町の話を聞いたことがきっかけです。寒い地域で生活したことがなく、冬の生活が一番不安だったので、2月に町の移住体験ツアーに参加しました。公共施設、スーパー、住宅等を見学しながら、町の方々と交流できたのがとても良かったです。実際に行くことで不安も解消でき、安心して移住に踏み切れました。
移住体験ツアーと併せて、「お試し住宅」も利用したかったのですが、予約がいっぱいで入居できずとても残念だったので、今回、「お試し住宅」を整備することにより、多くの方に上士幌町へ来て、移住体験をしていただきたいと考えています。

移住したいと思っていても、なかなか踏み切れない方は多いと思います。私も住み慣れた東京を離れることを本当に悩みましたが、上士幌町の豊かな自然と優しい町民の方々との出会いが後押ししてくれました。ここなら大丈夫だと。

まだ上士幌町での生活は始まったばかりですが、毎日新しい出会いや発見が溢れています。天気のいい日はちょっと遠回りをして大自然の中、車を走らせたり、子どもたちと一緒に牧場に行ってみたり、都会とは違った生活がとても新鮮です。
上士幌町を応援してくださる皆様、ぜひ一度「お試し住宅」で移住体験をしてみませんか?
皆様とお会いできる日を楽しみにしています!

寄附者の方々限定の「交流イベント」へ優先的にご招待!

GCFの寄附者の方々と町との交流を深めるため、11月に都内開催予定の「交流イベント」に寄附者の方々を限定でご招待します。
交流イベントは2016年から開催しており、2017年に東京で開催した「上士幌まるごと見本市&ふるさと納税大感謝祭」では2000人もの方々が来場し、仕事や暮らしについての相談や特産品を使った料理の提供を通して町との交流を深めました。

仕事と暮らしの問題は移住するにあたって不安な要素であり、イベントにおける仕事や移住についての相談件数も合計で225件ありました。
「交流イベント」は移住を検討している方々の不安を解消し、町の魅力を伝える交流の場となっています。
わくわくするようなコンテンツと上士幌町の食材を使った美味しい料理を沢山用意してお待ちしています!ぜひご家族やお友達と一緒にお越しください。

町にも移住体験モニターとしてご招待!

さらに、寄附者の中から移住体験モニターの募集もし、上士幌町へ招待(交通費、宿泊費負担無し)。滞在期間中には「株式会社生涯活躍のまちかみしほろ」が主催する、総合講座「生涯活躍かみしほろ塾」へ参加して頂けます。
こちらの講座は今年からの試みで、7月と10月の年2回開催し、様々な講師の方をお呼びして地方創生をテーマに進めていきます。

町にも移住体験モニターとしてご招待!

お礼の品をご紹介

[GCF-03]移住定住支援 基本プラン:10,000円~の寄附で貰える

●[M022]十勝もーもースイーツ 牛乳そのまんまアイス<80ml×24ヶ>
※十勝もーもースイーツの新商品(お届けは8月を予定)

●ぬかびら源泉クーポン2,000GENSEN分
※実際に上士幌町へ来ていただいた方限定
(「上士幌町役場」または「かみしほろ情報館」にてお渡し)
※上士幌町内の温泉街で使える宿泊割引クーポンです

●11月に東京で開催予定のふるさと納税感謝イベント優待ペアチケット

[GCF-03]移住定住支援 基本プラン:10,000円~の寄附で貰える

[GCF-04]移住定住支援 特別プラン:300,000円~の寄附で貰える

[GCF-03]に加え、冬季限定で「熱気球のフリーフライト」体験をご提供いたします

※地上とロープをつなぐ係留ではなく、上士幌町上空を遊覧するフリーフライトとなります
※実施は冬季限定となります(日程については別途調整させていただきます)
※上士幌町までの交通・宿泊費は自己負担となります

[GCF-04]移住定住支援 特別プラン:300,000円~の寄附で貰える