• TOP
  • 過去実績
  • 【市制100周年まであと2年!】川崎のまちの白黒写真を対話によりカラー化してよみがえらせたい!

【市制100周年まであと2年!】川崎のまちの白黒写真を対話によりカラー化してよみがえらせたい!

カテゴリー:まちづくり 

main_img 達成

寄付金額 1,005,000

100.4%

目標金額:1,000,000

達成率
100.4%
支援人数
31
終了まで
受付終了

神奈川県川崎市 (かながわけん かわさきし)

寄付募集期間:2022年9月1日~2022年9月30日(30日間)

神奈川県川崎市

プロジェクトオーナー

川崎市は令和6(2024)年に市制100周年を迎えます。

市制100周年に向けて、川崎のことをもっと知ってもらい、身近に感じてもらうために、大正13(1924)年の市制施行写真をはじめとしたまちの様々な白黒写真のカラー化に挑戦します。

白黒写真を単にカラー化するのではなく、写真提供者へのヒアリング等により当時を知る市民の記憶を呼び覚まし、かわさきマイスター流石栄基さんの色付け補正により、リアルな色で再現します。
また、ヒアリングでよみがえった写真にまつわるストーリーを併せて公表することで、まるでタイムスリップした気分となるような作品を制作し、イベントブースへの出展など、市制100周年に向けた各種広報に活用します。

神奈川県川崎市

川崎市は、高度なものづくり技術や最先端産業、研究開発機関が集積する国際都市であることに加え、豊かな自然に恵まれ、街中に音楽や芸術があふれ、スポーツが盛んな元気都市であり、子どもたちや若者をはじめ、誰もが笑顔になれる「最幸のまち かわさき」を目指し、さまざまな取組を進めています。

このような本市を「ぜひ応援したい!」と思ってくださる、本市出身の方や本市の施策にご賛同くださる皆さまの想いを「ふるさと納税」にのせ、本市を応援いただければと存じます。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

川崎のまちの白黒写真を対話によりカラー化してよみがえさせる

川崎市は2024年に100周年を迎えます!

川崎市は令和6(2024)年に市制100周年を迎えます。
2年後の市制100周年に向けて、川崎のことをもっと知ってもらい、身近に感じてもらいたいと思っています。

川崎の昔にタイムスリップしてみませんか?

今回のご支援は、『川崎市の100年』(いき出版)に掲載された白黒写真など、まちの様々な白黒写真の10~20枚をカラー化し、写真提供者へのヒアリング等により当時を知る市民の記憶を呼び覚まし、かわさきマイスター流石栄基さんの色付け補正により、リアルな色で再現する作品制作の費用の他、市制100周年に向けた事業費に充てさせていただきます。

カラー化と併せて、ヒアリングにでよみがえった写真にまつわるストーリーを公表することで、まるでタイムスリップした気分となるような作品を制作し、イベントブースへの出展など、市制100周年に向けた各種広報に活用します。

市制100周年に向けて様々な広報に活用して皆さまと共有していきます

寄付金の具体的な使い道

白黒写真のカラー化作品の制作費用他、市制100周年に向けた事業費に活用させていただきます

■ カラー化を予定している写真の一部を紹介します。

① 丸子の渡し付近の風景(大正14年)  撮影:羽田猛様
② 南武線武蔵小杉駅ホーム(昭和31年)  撮影:羽田猛様
③ 雨上がりの川崎駅東口(昭和29年)  撮影:小串嘉男様
④ 夢見ヶ崎公園で遊ぶ子ども(昭和29年)  撮影:小串嘉男様

令和5(2023)年1月に公表し広報に活用します

事業スケジュールのスケジュールです。2023年1月の公表を予定しています。
令和4(2022)年10月 カラー化等の作業開始
令和5(2023)年1月 作品公表

川崎市長 福田 紀彦

「あたらしい川崎」を生み出していく新たなスタートラインに

写真

令和6(2024)年に市制100周年を迎える川崎市は、多様なバックグラウンドや価値観、能力を持つ人たちが、共に暮らし、働き、そして互いに認め合い、支え合い、高め合うことで発展してきました。
市制100周年という歴史的な節目に、先人の努力や功績に感謝し、時代とともに変貌してきた本市のこれまでのあゆみや歴史・文化を知り、本市の発展を支えてきた「多様性」の価値を改めて共有し、市民に「愛着」と「誇り」を持っていただく機会とします。

市制100周年に向けて、まずは川崎のことをもっと知ってもらい、身近に感じてもらいたいと思っており、まちの様々な白黒写真をカラー化し、写真にまつわるストーリーと併せて多くの市民の皆さまと共有したいと思っています。

将来にわたって、誰もが暮らしやすい笑顔あふれる「最幸のまち」へとつなげていくため、市制100周年を未来に向けた活力ある「あたらしい川崎」を生み出していく新たなスタートラインとしていきますので、ご協力を賜れれば幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

かわさきマイスター 流石 栄基さん

皆さまの記憶を少しでも色で再現していきたい

写真

白黒写真をカラー化するには、当時を知る写真提供者などの記憶をどれだけ色で再現できるかが大切だと思っています。

印刷技能士として、色の再現を得意分野としていますので、ヒアリング等により呼び覚まされた当時を知る方の記憶を基に、できる限りの再現に取り組み、少しでも皆さまの共感を得られる作品を制作したいと思います。

■ 寄附に対するお礼

1万円以上のご寄付をいただいた方へ

市HP等の広報物及び制作作品に、ご寄付いただいた方の住所(市町村名まで)とお名前を掲出します。
※お名前の掲出内容については、申込時のアンケートで選択してください。

【注意事項】

※掲出するお名前は、ハンドルネーム又は匿名希望も承ります。
お申し込みの際に、ハンドルネームの入力又は匿名希望を選択してください。
※寄付額は公表いたしません。


  • GCFとは?

このプロジェクトへの応援メッセージ

  • 100周年楽しみにしてます!これからの川崎市を盛り上げて行きましょう!

    2022年9月26日 8:56

  • 少ない額ですが協力させていただきます。
    100周年楽しみにしてます!

    2022年9月25日 22:29

  • 100周年にむけて盛り上げてください!

    2022年9月16日 13:10

  • 100周年おめでとうございます!
    他都市をリードする取組を続けてください!

    2022年9月8日 20:12

  • 100周年
    担当される皆さん頑張ってください。

    2022年9月1日 12:08

はじめての方へ