• TOP
  • 過去実績
  • コロナ禍で売上大幅減の伝統工芸事業者を応援!社会貢献型オンラインショップ事業へご支援を!

コロナ禍で売上大幅減の伝統工芸事業者を応援!社会貢献型オンラインショップ事業へご支援を!

カテゴリー:伝統・文化・歴史 

main_img

寄付金額 1,296,000

64.8%

目標金額:2,000,000

達成率
64.8%
支援人数
43
終了まで
受付終了

佐賀県NPO支援 (さがけん えぬぴーおーしえん)

寄付募集期間:2022年3月22日~2022年9月19日(182日間)

佐賀県NPO支援×ピースウィンズ・ジャパン

プロジェクトオーナー

幕末・維新のころに日本の産業革新をリードした佐賀県には、有田焼・伊万里焼だけではなく、たくさんの魅力的な伝統工芸が受け継がれています。認定NPOピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、つくり手とつかい手をつなぐプラットフォームとして、伝統工芸を支援し地域活性化に寄与する「ピースクラフツSAGA」プロジェクトに取り組んでいます。商品開発、助成事業などに加え、新たな販路として2021年9月に「ピースクラフツSAGAオンラインショップ」(https://www.peace-crafts-shop.org/)をオープンしました。今回のGCFプロジェクトは、そのオンラインショップの認知度向上および事業継続・拡大に向けた資金調達のために立ち上げました。ご支援をお願いいたします。
ふるさと納税のお礼の品はすべて事業者と選んだ佐賀県の伝統工芸品です。このプロジェクトで返礼品を選んでいただくことは事業者への直接的な支援につながります。

佐賀県NPO支援

佐賀県のふるさと納税は、皆さまが支援したい佐賀県内のNPO等を指定して寄付することができます。お返しの品は指定されたNPO等が自らの創意工夫で送ることで、県の事務経費を抑え、できる限り多くの額を指定されたNPO等にお渡しし、“自ら考え行動する自発の地域づくり”を応援しています。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

コロナ禍は伝統工芸事業者も直撃!NPOが運営する社会貢献型オンラインショップ事業へご支援を!

終わりのみえないコロナの感染拡大は、伝統工芸事業者の売上にも大打撃!

伝統工芸を取り巻く環境は年々深刻な状況になっています。2020年以降は新型コロナウィルス拡大が売上減に拍車をかけ、事業者を大いに苦しめています。

そこで、わたしたちは2021年9月に伝統工芸事業者の新たな販路開拓、認知度向上のために、上質な佐賀の伝統工芸品のみを扱うオンラインショップを立ち上げました。

商品価格は税込み2万円以下のお求めやすい商品ばかり。収益はすべて伝統工芸事業者支援に使われる社会貢献型オンラインショップです。立ち上げた目的は3つです。

【事業者の声】陶磁器専門商社/ヤマト陶磁器 山口紘史さん

コロナ禍前と比べて、年間売上が約半分に減少しました。佐賀県有田町にて毎年5月に開催されていた有田陶器市が2年連続中止となっているのも大きな打撃です。代わりにWEB陶器市が開催されましたが、陶器市時の実店舗での売上には到底及びませんでした。

佐賀県陶磁器工業協同組合の調べでは、初めて緊急事態宣言が発令された2020年5月に、組合員の売上は対前年比26.5%にまで大幅に落ち込みました。
その後も依然として厳しい状況は続いてます。2021年の年間売上は対2019年比57.7%で好転の兆しは見えません。

この「売上の大幅な減少」に加え、新型コロナウイルスによる新しい生活様式が広まる今日では、外出や旅行の自粛と、それに伴う買い物のオンライン化が急速に進んでいます。
しかし、伝統工芸事業者の多くは、オンラインショップを運営する時間的・人的余裕がない、あるいはデジタル化が進んでいないというのが現状です。

これらの課題解決のサポートを行うとともに、オンラインショップ事業により得た収益を伝統工芸事業者へのさらなる支援に充てたいとわたしたちは考えています。
NPOにしかできない社会貢献型オンラインショップの運営は、わたしたちのチャレンジでもあります。

収益はすべて支援活動に活用!

暮らしに取り入れやすい商品セレクトにこだわっています

このオンラインショップには3つの特徴があります。

①収益はすべて支援活動に活用
一般的なオンラインショップとは違い、収益はすべて伝統工芸支援活動に活用する社会貢献型オンラインショップです。商品開発事業や助成事業など、PWJが行う佐賀の伝統工芸支援活動資金として活用します。

②佐賀の伝統工芸品に特化
取り扱い商品は、すべて佐賀の伝統工芸品です。有田焼・伊万里焼・唐津焼などの焼き物だけでなく、佐賀錦という織物や諸富家具、西川登竹細工など多種多様な佐賀の伝統工芸品に特化したセレクトショップです。オンラインショップ初デビューの商品も数多くあります。また、「暮らしへの取り入れやすさ」を重視し、比較的購入しやすい価格帯である税込2万円以下の品をセレクトしています。

③事業者負担が少ない

オンラインショップのお客様対応をはじめ、商品写真の撮影や商品説明原稿の作成などはすべてPWJが行っています。事業者の業務としては、注文が入った工芸品を送っていただくのみです。作品製作に集中していただけるよう、全力でサポートをしています。

商品の魅力をもっと多くの方へよりわかりやすく!

伝統工芸品を取り入れたライフスタイルの提案を行います

今後はこのオンラインショップがよりお客様にとって使いやすいサイトとなるようシステム改修を行ったり、作品と事業者の魅力をより多くの人へと伝えられるよう、事業者や商品の紹介記事、工房の様子や製作風景、作品の使用イメージなどを紹介する写真や動画を充実させていきたいと考えています。また、参加事業者、取り扱い商品もさらに広げていきます。

積極的に情報発信を行っていくことで、伝統工芸事業者の売上と伝統工芸品の認知度の向上に貢献します。

オンラインショップの重要性

~こんな時代だからこそ新たなチャレンジを~参加事業者からのコメント

【事業者の声】製作事業者/土平窯 藤ノ木土平さん

コロナ禍の影響で、売上が約3割減少しました。工房への来客数は約7割減、外国人観光客はほとんど来なくなり、展示会の機会も3割減少しました。窯元直営のオンラインショップがないため、PWJのオンラインショップでの売上に期待しています。

【事業者の声】製作事業者/康雲窯 山口康雄さん

コロナ禍の影響で展示会などイベントの中止や延期が重なり、売上が大幅に減少しています。自社のオンラインショップは商品写真撮影、原稿作成などすべて自分で行っているため、器づくりとの両立は時間的にとても難しいです。PWJのオンラインショップには、工房へ足を運んでいただきお話を伺う中で、こちらも何か新しいことにチャレンジしたい気持ちがあり参加いたしました。以前は陶器をオンラインショップで販売することは難しいと決めつけて取り組んでこなかったのですが、今はオンラインショップでもきちんと商品の特徴をお客様にお伝えできれば売上につながることを実感しています。

佐賀の伝統工芸を持続可能な産業に!

分析に基づき施策を計画、実行していきます

・オンラインショップ事業の年間予定スケジュール
3~4月:事業者との意見交換、新商品追加準備
5月:商品セレクト、ポップアップ販売
6~8月:商品の写真・動画撮影、原稿作成、ポップアップ販売(8月)
9月:新商品追加作業
10月:商品開発事業の商品販売開始
10月~11月:年末キャンペーン準備
11月~12月:年末キャンペーン実施、ポップアップ販売(11月)
1月:施策の振り返り、分析
2月~3月:分析に基づく年間計画の作成

・今後の展開
配送拠点やシェアアトリエの機能を持つコワーキングスペースの設立、海外への販路開拓も検討しています。

ピースクラフツSAGAの取り組み

つくり手とつかい手をつなぐ

全国的に市場の衰退が続く伝統工芸産業。佐賀においても売上減少や後継者不足などの問題が発生、さらにコロナ禍により問題は深刻化しています。ピースクラフツSAGAは、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)の国内事業の一つとして、伝統工芸が抱える課題解決のために6年前にスタートしたプロジェクトです。

【主な活動内容】
・ふるさと納税返礼品は佐賀の伝統工芸品のみ
→事業者の方々の売上増への貢献、認知度の拡大に繋がります。

・国内外のデザイナーとの商品開発
→開発した商品はふるさと納税返礼品としても掲載。伝統とモダンデザインとが融合した作品が大好評。職人さんの創作意欲にも火をつけています。

・伝統工芸事業者への助成
→独自の助成事業を一昨年より開始。ショールームや窯の修復など自治体等の助成対象になりにくいものにも対応し、伴走支援も行っています。

他にもつかい手のニーズ調査、新規販路開拓等を実施しています。

私たちはこれからも「つくり手とつかい手をつなぐプラットフォーム」として、佐賀の伝統工芸の未来のために全力で支援活動に取り組んでいきます。ご支援をよろしくお願いいたします。

寄付金の使い道

本GCFプロジェクトでは、ピースクラフツSAGAオンラインショップの事業継続・拡大のため資金を募りたいと考えています。

目標金額が未達成だった場合は自己資金でオンラインショップ事業に取り組みます。

目標金額以上の寄付が集まった場合は、さらなる利便性向上のためのシステム改修やコンテンツ拡充に充てたいと考えています。また、新たな事業者開拓にも有効に活用します。

このガバメントクラウドファンディングでご寄付いただいた方には、佐賀の伝統工芸品をお礼の品としてお届けします。

お皿やマグカップなどの日用食器をはじめ、選りすぐりの素晴らしい工芸品を取りそろえました。実際に手元に置いて、品質の素晴らしさ、デザインの美しさを感じていただければ幸いです。

みなさまのご支援が佐賀の伝統工芸事業者をさらに後押しします。

【注意事項]
佐賀県内の寄付者のみなさまへ
※平成31年4月1日付けで総務省から、ふるさと納税にかかる返礼品等について、「当該地方団体の区域に住所を有する者に対して返礼品等を提供しないこと」との通知がありました。(平成31年総務省告示大179号第2条1号二)

この通知を受け、佐賀県民の皆様からのふるさと納税(NPO等の支援)によるご寄付につきましては、送付ができなくなりましたので、ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

※使途や受領後の対応など、寄付金の取り扱いに関しては、ホームページ上の「寄付金等取扱規定」でご覧いただけます。

寄付金取り扱い規定

※お礼の品は、すべてがオンラインショップで販売している商品ではありません。予めご了承ください。