より多くの犬猫に譲渡の機会を!福岡県が取り組む人と動物が共生できる社会の実現

カテゴリー:動物 

main_img 達成

寄付金額 2,438,862

121.9%

目標金額:2,000,000

達成率
121.9%
支援人数
108
終了まで
60
/ 90

福岡県 (ふくおかけん)

寄付募集期間:2021年12月24日~2022年3月23日(90日間)

福岡県

プロジェクトオーナー

福岡県では、人と動物の健康、環境の健全性を一体的に守るワンヘルスの取組を推進しています。その取組の中で、「人と動物が共生できる社会の実現」を目指し、飼い主に対して命を終えるまで適切に飼養するよう、終生飼養や不妊去勢手術などの適正飼養の啓発を行うとともに、福岡県動物愛護センター(以下「動物愛護センター」という。)を通じた譲渡事業も併せて実施しています。

しかし、現在の動物愛護センターの施設では、収容可能頭数に限りがあるため、猫の引取が集中する時期の対応が難しい状況です。

このため、今回のプロジェクトでは、動物愛護センターにおける猫の飼養施設の新築及び増設工事を行うことで、飼養が可能な頭数を従来から2倍以上の規模とします。併せて、老朽化した成犬係留施設も新築し、より多くの犬猫に新たな飼い主と出会うチャンスを提供します。

福岡県

福岡県では「人と動物が共生できる社会の実現」を目的として、総合的に施策を実施しています。
また、人と動物の健康を一つと捉え、人・動物・環境の関係者が連携してその解決に向けて取り組むワンヘルスの推進に取り組んでおり、世界的な先進地となることを目標にしています。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

当プロジェクトの寄附に対してお礼の品はお送りしておりませんので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

【開始1週間で目標金額:200万円を達成しました!】

開始早々、目標金額を達成しました!
心温まるご寄附をいただき誠にありがとうございます。

目標金額を超えた費用に関しては、飼養管理新施設に設置するキャットタワー及びゲージ等の備品やエサ代等の飼養管理にかかる費用に充てさせていただきます。

福岡県動物愛護事業の費用として活用させていただくために期限(2022年3月23日)まで募集を続けます。
引き続き応援のほどよろしくお願い申し上げます。

人と動物が共生できる社会の実現を目指して

ワンヘルスの推進

ワンヘルスとは、人と動物の健康と環境の健全性を一体的に守るため、専門家だけでなく行政や企業、市民も一緒になって人・動物・環境に関する様々な課題の解決に向けて取り組む考え方です。

福岡県はこのワンヘルスの推進に取り組んでおり、世界的先進地となることを目指しています。

2021年1月に施行された「福岡県ワンヘルス推進基本条例」に定める基本指針の一つとして、人と動物が共生できる社会の実現を推進しています。

写真

より多くの新たな飼い主を見つけるために…

福岡県では「人と動物が共生できる社会の実現」を目指して総合的に施策を実施し、犬猫の処分数の削減に取り組んでいます。
なかでも、譲渡事業を重点的に行っており、その中心となるのが動物愛護センターでの譲渡事業です。

より一層の譲渡促進のため、手狭となっている動物愛護センターの改修を行い、感染症対策の強化や飼養可能頭数の増加を行うことで、多くの犬猫に新たな飼い主と出会うチャンスを提供します。

隔離施設等の新設

猫の経過観察室や感染症等を治療する隔離施設を新設することに加えて、犬については老朽化した成犬係留施設を新築します。

これにより、健康状態をきめ細やかに管理することができるため、譲渡対象の犬や猫が元気に新たな飼い主を待つことができます。

飼養施設の拡張

猫については、飼養施設を拡張することで飼養が可能な頭数が従来の規模から2倍以上となり、新しい飼い主と出会うチャンスをより多く設けることができます。

寄附の使い道

福岡県動物愛護センター施設整備事業の一部に活用させていただきます。

・猫飼養管理・譲渡施設新築工事
・成犬係留棟新築工事

※目標に達しない場合も、集まった金額を本プロジェクトへ活用させていただきます。また、目標金額以上の寄附をいただいた場合、福岡県動物愛護事業の費用として活用させていただきます。
※当プロジェクトの寄附に対してお礼の品はお送りしておりませんので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

【事業実施のスケジュール】
・2021年11月:工事着工
・2022年3月末:工事竣工(予定)

寄附の使い道

動物愛護センターから犬を譲り受けた方からの声

○動物愛護センターで犬を譲りうけたことで、毎日の散歩で四季を感じたり、素晴らしい景色や多くの人と出会い、世界が広がりました。
今は、犬と一緒に病院や施設でセラピー活動に参加するようにもなりました。

○一緒にドライブや登山にも行き、犬がいなかったら出会えなかった方々とたくさんのつながりができ、一緒に旅行に行ったり、遊べる大切な友達が出来ました。

写真

「人と動物が共生できる社会の実現」にご支援を

福岡県知事 服部 誠太郎

写真

動物は人々の心を支え、生活に潤いや喜びをもたらすなど、人にとってかけがえのない存在です。
2021年1月、福岡県では、人と動物の健康と環境の健全性を一体的に守るワンヘルスの理念を実践するため、福岡県ワンヘルス推進条例を全国で初めて施行しました。この条例の基本方針の一つである「人と動物が共生できる社会の実現」に向けて適正飼養の普及啓発や譲渡の促進などの取り組みを図ってまいりますので、ご支援をどうぞよろしくお願いします。