お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          熊野市Tシャツ特集

          熊野市のオリジナリティーあふれるTシャツ特集。 サイズはSサイズからXLサイズまで取り揃えております。 普段着にはもちろん、部屋着にも使える便利なTシャツ。 お気に入りのTシャツを見つけてみませんか?

          熊野市ゆかりの”鬼”Tシャツ

          国の天然記念物及び名勝「鬼ヶ城」は、波の侵食と数回の大地震で隆起した凝灰岩の大岩壁で、長さ約1kmの間に大小無数の洞窟が階段状に並んだ奇岩奇勝で知られる名勝です。
          伊勢志摩から延々と続くリアス式海岸の最南の地で、ここから南はなだらかな七里御浜の風景が広がります。
          平安時代初期には征夷大将軍・坂上田村麻呂が鬼ヶ城を根城にして鬼と恐れられた海賊「多娥丸(たがまる)」を征討したという鬼ヶ城伝説が残っています。

          熊野の鬼 鬼出没中Tシャツ バナナイエロー(Sサイズ)

          7,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          熊野にゆかりの深い「鬼」が出没したら???
          そんな少しリアルな赤鬼を前面にあしらったご当地熊野のパロディTシャツです。

          世界遺産熊野古道【鬼文字Tシャツ・黒・Mサイズ】綿100%

          7,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          熊野市には『世界遺産鬼ケ城』の鬼伝説、”鬼”に由来した地名が数多く存在しています。
          背側に熊野にゆかりの深い「鬼」を筆文字でデザイン。古道の道や頭の角をイメージ。
          フロント部分は梵字で「おに」と書 かれています。
          綿100% ヘビーウエイトで厚手 1枚で着ても様になる
          オシャレなデザイン。「よれない」「透けない」「長持ちする」と評判です。

          世界遺産熊野古道【鬼文字Tシャツ・赤・Lサイズ】綿100%

          7,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          熊野市には『世界遺産鬼ケ城』の鬼伝説、”鬼”に由来した地名が数多く存在しています。
          背側に熊野にゆかりの深い「鬼」を筆文字でデザイン。古道の道や頭の角をイメージ。
          フロント部分は梵字で「おに」と書 かれています。
          綿100% ヘビーウエイトで厚手 1枚で着ても様になる
          オシャレなデザイン。「よれない」「透けない」「長持ちする」と評判です。

          神の使い”八咫烏”Tシャツ

          日本神話において神武東征(じんむとうせい)の際、熊野国から大和国への道案内をしたとされ、熊野の神々の使いとされるカラスが「八咫烏(やたがらす)」です。
          勝利を導く守り神として、サッカー日本代表のユニフォームにも描かれています。

          熊野古道 八咫烏ゴールドTシャツ 黒(Lサイズ)

          9,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          日本神話において神武東征(じんむとうせい)の際、熊野国から大和国への道案内をしたとされ、
          熊野の神々の使いとされるカラスが「八咫烏(やたがらす)」です。
          勝利を導く守り神として、サッカー日本代表のユニフォームにも描かれています。
          そんな八咫烏のシルエットデザインをゴールドプリントで大胆にフロントショルダーの左右、そして背中に大きくラウンドで配した高級感あるTシャツです。

          熊野の神の使い☆八咫烏をプリント【八咫烏Tシャツ・黒・Lサイズ】綿100%

          7,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          熊野の神々の使いでもある3本足のカラス「やたがらす」を背中にあしらったデザインです。 フロント左胸部分にも同デザインの八咫烏を配置しています
          綿100% ヘビーウエイトで厚手 1枚で着ても様になる
          オシャレなデザイン。「よれない」「透けない」「長持ちする」と評判です。

          熊野の神の使い☆八咫烏をプリント【八咫烏Tシャツ・ブルー・Lサイズ】綿100%

          7,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          熊野の神々の使いでもある3本足のカラス「やたがらす」を背中にあしらったデザインです。
          フロント左胸部分にも同デザインの八咫烏を配置しています。
          また、日本サッカー協会は「八咫烏」はボールをゴールに導く、勝利へ導く神様としてサッカー日本代表のシンボルマークとして採用しています。
          綿100% ヘビーウエイトで厚手 1枚で着ても様になる
          オシャレなデザイン。「よれない」「透けない」「長持ちする」と評判です。

          【 八咫烏のお礼の品 】

          熊野市観光名所・特産品Tシャツ

          ~ 世界遺産 獅子岩 ~

          世界遺産「獅子岩」は、海岸の隆起と海蝕現象によってうまれた高さ25メートルの奇岩で巨大な獅子が海に向かって咆哮するような姿をしています。
          毎年5月中旬~約1ヶ月間の早朝には朝日をくわえ、11月~12月の夕刻には満月をくわえる姿が見られます。

          世界遺産獅子岩をプリント【獅子岩Tシャツ・黒・Lサイズ】綿100%

          7,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          世界遺産をモチーフにしたデザイン。巨大な獅子が熊野灘の海に向かって咆哮するような姿をした高さ25mの奇岩「獅子岩」その獅子岩のお馴染みのショットとあの日本発の世界NO1怪獣映画から得たインスピレーションで仕立てたTシャツです。海に吼える姿はまさにあの怪獣そのものです! 基本、漢字表記するのが一般的な熊野の獅子岩ですが、カタカナにするとまた新鮮な感じです。
          綿100% ヘビーウエイトで厚手 1枚で着ても様になる
          オシャレなデザイン。「よれない」「透けない」「長持ちする」と評判です。

          ~ 赤木城 ~

          赤木城は、天正17(1589)年頃築城の名手・藤堂高虎によって作られた、中世と近世の築城法を併用した平山城で、近世城郭の萌芽ともいうべき城郭機能が兼ね備えられています。
          築城当時の原型を残した全国でも貴重な城跡です。

          ー熊野・天空の城ー 赤木城Tシャツ 白(Lサイズ)

          9,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          築城の名手「藤堂高虎」が手掛けた熊野の天空の城「赤木城」。
          続日本100名城に選定されている「赤木城」をモチーフに作成したTシャツです。
          バックには、今なお残る主郭虎口の見ごたえある石垣をシルエットデザインにし、文字の背面には高虎の家紋である「蔦紋」を高級感のあるゴールド色でプリント。
          左胸部分には、同じく高虎の旗印「三つ餅」をあしらっています。
          お城ファンのみならず熊野ファンの方もぜひ!♪

          ー熊野・天空の城ー 赤木城Tシャツ 黒(Lサイズ)

          9,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          築城の名手「藤堂高虎」が手掛けた熊野の天空の城「赤木城」。
          続・日本100名城に選定されている「赤木城」をモチーフに作成したTシャツです。
          バックには、今なお残る主郭虎口の見ごたえある石垣をシルエットデザインにし、文字の背面には高虎の家紋である「蔦紋」を高級感のあるゴールド色でプリント。
          左胸部分には、同じく高虎の旗印「三つ餅」をあしらっています。
          お城ファンのみならず熊野ファンの方もぜひ!♪

          ~ 市の花木「クマノザクラ」 ~

          クマノザクラは2018年に学名が発表された野生のサクラで、約百年ぶりに発見された新種の桜です。
          紀伊半島南部の三重・奈良・和歌山の一部に多く自生しており、ヤマザクラやソメイヨシノよりも早い時期に咲きます。
          熊野市では令和2年11月1日にクマノザクラを「熊野の雄大な自然や明るい未来の象徴」として「市の花木」に指定されています。

          【クマノザクラTシャツ:ピンク1枚 Lサイズ】

          8,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          熊野桜とは紀伊半島南部に群生しているサクラが、国内の野生種として約100年ぶりの新種。
          森林総合研究所(茨城県つくば市)三重県熊野市、奈良県十津川村、和歌山県田辺市など、熊野川流域を中心に南北約90キロ、東西約60キロの範囲で確認された。鮮やかなピンク色の美しい花が特徴で、森林総研の勝木俊雄サクラ保全担当チーム長が熊野地方にちなみ「クマノザクラ」と命名した。森林総研によると、ソメイヨシノのように人工交配などで生まれた栽培品種は多くあるが、国内に分布する野生種は9種しか確認されておらず、1915年のオオシマザクラ以来の新種という。

          【クマノザクラTシャツ:ネイビー1枚】Lサイズ

          8,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          熊野桜とは紀伊半島南部に群生しているサクラが、国内の野生種として約100年ぶりの新種。
          森林総合研究所(茨城県つくば市)三重県熊野市、奈良県十津川村、和歌山県田辺市など、熊野川流域を中心に南北約90キロ、東西約60キロの範囲で確認された。鮮やかなピンク色の美しい花が特徴で、森林総研の勝木俊雄サクラ保全担当チーム長が熊野地方にちなみ「クマノザクラ」と命名した。森林総研によると、ソメイヨシノのように人工交配などで生まれた栽培品種は多くあるが、国内に分布する野生種は9種しか確認されておらず、1915年のオオシマザクラ以来の新種という。

          熊野桜染めTシャツ(Lサイズ)

          22,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          100余年ぶりに発見された新種の桜「クマノザクラ」にて染め上げたTシャツです。
          「クマノザクラ」の枝や樹皮を煮出し染めています。
          生地から縫製まで日本国内で一貫生産した綿天竺のメイドインジャパンTシャツを使用しています。

          【 クマノザクラのお礼の品 】

          ~ 那智黒石 ~

          日本中でも熊野市の神川町でしか産出されない、黒く珍しい石。
          平安時代から重宝されており、丁寧に磨けば磨くほど艶が出て美しくなります。
          置物やアクセサリーなど製品は多岐にわたります。

          「熊野を着る」那智黒石Tシャツ 白色(Lサイズ)

          10,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          今回この製品を製品化するにあたり、神川町の「徳村屋」様からの原料調達、四日市市のプリント工場「NoName」様からの製造提携、そして元紀南高校美術講師の新谷武文氏のデザインをコラボさせ完成いたしました。
          那智黒石の「原石」(実物)つきです!
          平安の時代より脈々と続く「熊野の神の石」を着て、「熊野のパワー」をぜひとも感じてください。

          【 那智黒石のお礼の品 】

          ~ 番茶 ~

          昔から熊野地方では家庭でお茶の木を植え、各家庭で番茶を作る文化があります。
          一般的に、番茶といえば堅い茶葉などからつくられる品質の落ちたお茶を想像されますが、熊野の番茶はそれとは全く違います。
          良質の茶葉を摘み、釜で炒ったのち揉み込んで乾燥させ、仕上げに大きな焙烙(ほうろく)で焙煎したものが熊野では番茶と呼ばれます。

          熊野番茶染め Tシャツ 金茶色(銅媒染)(Lサイズ)

          22,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          熊野のお番茶で染め上げたTシャツです。
          コーマ糸を使用した国産のこだわりTシャツを採用。
          柔らかな風合いが特徴で、定番のひとつになりつつある細いリブ幅、細身のシルエット仕様となっています。 

          熊野番茶染め Tシャツ 茶色(銅×鉄媒染)(Lサイズ)

          26,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          熊野のお番茶で染め上げたTシャツです。
          コーマ糸を使用した国産のこだわりTシャツを採用。
          柔らかな風合いが特徴で、定番のひとつになりつつある細いリブ幅、細身のシルエット仕様となっています。 

          【 番茶染めのお礼の品 】

          ~ 世界遺産 熊野古道 ~

          熊野古道は平成16年7月7日「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されました。
          参詣道の一つである「熊野古道・伊勢路」はお伊勢参りを終えた旅人たちが「熊野三山(本宮・那智・速玉)」や「西国三十三所詣で」のために巡った巡礼の道です。
          老若男女、身分を問わず受け入れた熊野三山の神々であるからゆえ、狭い峠道を旅人が連なって歩く姿は“蟻の熊野詣”とも形容されるほどでした。
          険しさゆえに開発から逃れた熊野古道の各峠は、苔むした石畳、深い緑、道端にたたずむ史跡や石仏、垣間見る海や延々と続く海岸線などが、今もなお、訪れる人々に癒しといにしえのロマンを与えてくれます。

          【 熊野古道のお礼の品 】

          まだまだある!熊野市の自慢のお品をご紹介します

          熊野市宿泊特集

          究極の肉質を追求した希少和牛「美熊野牛」

          ブランド鯛「新姫 熊野鯛」

          酸味と甘みのバランスが絶妙「みかん」

          三重ブランド認定「熊野地鶏」

          ふっくら美味しい「干物」

          ふるさとの味「梅干し」

          三重県熊野市 ~世界遺産と花火のまち~

          三重県南部に位置する熊野市は、温暖な気候と海山川の豊かな大自然に恵まれています。古来、神話の時代から心、体、魂を癒す黄泉がえりの聖地として特別な地だった「熊野」。
          現在も、世界遺産「熊野古道」をはじめとする長い歴史と、人々の心に育まれてきた独自の伝統文化が息づいています。

          また毎年8月17日に開催される「熊野大花火大会」は、「鬼ヶ城」や「七里御浜」、「獅子岩」などの世界遺産を舞台に、大迫力の花火が繰り広げられることで、全国的にも有名です。

          寄附の使い道

          熊野市では、皆さまからいただいた寄附金は以下の5つの事業に活用させていただいております。

          ① 地域まちづくり協働事業
          ② 産業の振興に関する事業
          ③ 保健・医療・福祉の充実に関する事業
          ④ 教育・文化の振興に関する事業
          ⑤ 生活環境の整備に関する事業