お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)
          システム障害

          現在「クレジットカード払い」「楽天ペイ」「PayPal」「銀行振込(GMOあおぞらネット銀行)」が障害によりご利用いただけません。別のお支払い方法をお選びくださいますようお願いいたします。

          お礼の品をさがす

          該当のお礼の品:
           件

          はじめての方へ

          高梁市からのご案内

          2020/11/09(月) 16:28 ふるさと納税の年末・年始の取り扱いについて 年末年始も通常通り、申し込みを受付けております。
          ただし、令和3年12月31日までに当庁にて入金確認できたもののみ、令和3年分として取扱いいたします。

          高梁市の人気ランキング

          絞込み検索

          災害支援への応援メッセージ

          • がんばれがんばれ!

            2018/12/02(日) 19:55

          • 被害にあわれた方々が一日でも早く日常を取り戻すことができるよう祈っています。

            2018/11/14(水) 14:43

          • まだまだ、復興続きますが、
            地元をお願いします!

            2018/11/11(日) 22:00

          選べる使い道

          • 1.地域産業・観光の振興

            農林業や地場産業の振興と安心して働ける環境の整備に取り組むとともに、自然・歴史・伝統・文化などの地域資源を活かして交流人口の拡大を図り、交流による市内外での様々な“つながり”を広げながら、活力のあるまちをつくります。

          • 2.環境保全・住環境の整備

             豊かな自然との“つながり”を大切にし、かけがえのない財産として守り育てながら、暮らしや経済活動の基礎となる社会基盤の整備と都市機能の維持・確保を図り、美しい自然環境と快適な生活基盤が調和した安心・安全のまちをつくります。

          • 3.子育て支援・健康、福祉の推進

             子育てしやすい環境や地域医療体制の整備、生涯を通じた健康づくりの推進など、地域の“つながり”により支え合い助け合うことにより、誰もが住み慣れた地域で健康に暮らし続けられるまちをつくります。

          • 4.教育・文化・スポーツの振興

             人権を大切にする共生社会の実現、学校教育の充実、生涯学習・生涯スポーツに取り組める環境づくり、文化財の保存と活用に取り組み、地域の歴史や文化等との“つながり”を深め、郷土愛を育み未来へつなぐ学びのまちをつくります。

          • 5.移住・定住の促進

             歴史や伝統文化を最大限活用し、シティプロモーション等を強化することで、交流人口・関係人口の拡大を図るとともに、新しい暮らし方、働き方の変化を的確に捉えて、都市部からの人の流れの拡大につなげます。

          • 6.自治体におまかせ

             使い道の選択を高梁市に一任します。

          • NPO法人 絆かわかみ 活動支援(特定非営利活動法人の活動支援のご寄附では、高梁市からのお礼の品はございません。お礼の品を選択されている場合は、使い道1~6の事業に活用させていただきます。)

             「NPO法人絆かわかみ」は、平成24年7月に設立され、高齢者、要介護者及び障害者(以下、「高齢者等」)に対して、保健・医療・福祉に関する事業を行い、高齢者等が地域の中で安心して暮らしていくことができるよう支援するとともに、環境及び地域の資源を始めとする様々な視点からまちづくりを推進し、地域社会の発展に寄与することを目的としています。
             具体的には、高齢者住宅支援として、高梁市内の10家族に住宅を提供し、見守り・声かけ支援サービスを行っています。年金額で入居し生活できる料金に設定しているため経営は苦しい状態です。我がふるさとのまちづくりと高梁地域社会の発展に寄与したいと思いますので、皆様のお力をお貸しいただきたいと思います。

          • 特定非営利活動法人 フォレスト フォー ピープル岡山(特定非営利活動法人の活動支援のご寄附では、高梁市からのお礼の品はございません。お礼の品を選択されている場合は、使い道1~6の事業に活用させていただきます。)

             自然や文化を守るというのは、自然や文化を知り、そして活用すること。
             私たちは、人・自然・社会の関係性を大切に考え、それらをつなぐ人づくりを推進しています。流域の豊かな自然が、私たちの生活の中にどう残り、どうつながり、そしてどう活かしていくのか。過去から未来へと文化がその姿を変えていくときに、大切な忘れ物をしていないか。森里川海のつながりの中で暮らしを意識する流域思考に基づき、高梁川中流域において五感を使った体験的な学びや環境教育を推進し、生きていくために必要な知恵を育むと同時に、自然と暮らしのバランスのとれた持続的に発展する社会の実現を目指しています。
             頂いたご支援は、青少年を対象とした体験活動に活用させて頂きます。次世代を担う子ども達に夢ある未来を継承すべく、皆様からのご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。