利用率No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

2019/07/11 (木) 17:12

遠別農業高校「ふるさと教育推進事業」

遠別農業高校3年生を対象に町への愛着を深めてもらえるよう「ふるさと教育推進事業」を行いました。
今回は、新しく開発した「遠別産もち米を使っためん類の試食会」を実施。前座で「米」に関する歴史をお伝えしました。

遠別町は、日本最北の水稲地。明治34年に開拓者による稲作栽培が成功しました。大正10年に急速に水稲が本格化し「うるち米」の生産を軸に稲作北限地として、水稲栽培が行われてきました。昭和57年には「うるち米」から「もち米」への生産品種の転換を行い、現在に至っています。

遠別産もち米を使った「ラーメン・うどん・パスタ」の試食

3年生の皆さんには、ラーメン・うどん・パスタ(タリオリーニ、フィットチーネ)を試食していただき、それぞれ感想を教えていただきました。

ラーメンは「普通の麺よりツルツルしていた。味に癖がないのでスープの味を生かせると思う」「モチモチ感ともち米の風味が感じられ美味しかった」

うどんは「弾力感があり食べやすかったです」「普通の面よりも食べ応えがあり美味しかったです」

パスタ(フィットチーネ)は「太麺で食べ応えがありました」「食感が独特な感じがして今まであまり食べたことがない感じでした」

パスタ(タリオリーニ)は「パスタは苦手でしたが、これなら食べられると思いました」「サッパリした食感で美味しかったです」

アンケートの記入ありがとうございました!

応援ありがとうございます!

最新の記事

月別アーカイブ

遠別町の人気ランキング

次へ

前へ

遠別町の最新情報

もっと見る

遠別町のおすすめ投稿

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む

地域を応援するあなたの気持ちを、ボタン1つで気軽に自治体に届けるものです。記事を読んでエールを送りたいと感じたら、ぜひ応援をしてみてください。あなたの応援は自治体のエネルギーとなります。