ガバメントクラウドファンディング

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

  • ひょうごけん
  • にしわきし
  • 兵庫県
  • 西脇市
このエントリーをはてなブックマークに追加

選べる使い道


 西脇市では、ふるさと西脇「日本のへそ」寄附金の使途として、4つの寄附メニューを用意しております。
 この中から寄附者の皆さまには寄附メニューを選んでいただきます。なお、使途の指定がない場合は、市長が寄附メニューのうちから決定するものとします。
※寄附をしていただきますメニューは、1つでも複数でも構いません。


日本のへそ「いのちいきいき」事業~日本のへそからはばたきます!ふるさとの人が輝く事業です。~
★教育の充実、子育て支援、健康づくりの推進、医療・福祉の充実、芸術・文化活動の推進、スポーツの振興その他の市民がいきいきと活躍できるまちづくりに関する事業★
 
全国どこにでもあるような山間の小さなまちである西脇市から、さまざまな分野で活躍する人物を数多く生み出しています。
多くの著名人を輩出してきた背景にある西脇市が培ってきた進取の気風や多様性に富む風土、そして悠久の歴史-こうした目に見えない“西脇らしさ”を大切に受け継いでいきたいと考えます。
これからも“西脇らしさ”に包まれ、豊かな未来を創造する人が育ち、大きな夢を実現できる舞台づくりを進め、日本列島の中心である「日本のへそ」から日本全国、さらには世界にはばたき活躍する人物を送り出していきたいと考えます。

<活用事業> 保育施設安全安心環境整備事業・地域に根ざすふるさと愛発見事業
日本のへそ「かんきょうすくすく」事業~日本のへそから守ります!ふるさとの宝をはぐくむ事業です。~
★自然環境の保全、環境負荷の軽減、環境と共生する農業・林業の振興、まちなみ景観の創出その他の西脇市らしい環境の保全・育成に資するまちづくりに関する事業★
 
緑豊かな森や山、悠然と流れる加古川・杉原川・野間川の3つの河川、川沿いに広がるまち「日本のへそ」西脇をイメージする代表的な自然景観です。
こうした美しい自然のほか、播州織のまちとしての風情を残すのこぎり屋根の機械工場や商都のたたずまいを見せるまちなみ景観もあります。
これら西脇市を特徴づける風景は、貴重な財産であり、ふるさと出身者を中心に懐かしさをおぼえるのではないでしょうか。
これからもふるさとの宝である豊かな自然環境や文化的景観を大事に守り育てていきたいと考えます。

<活用事業> 緑のカーテン大作戦・西脇エコポイント制度事業
日本のへそ「まちぐんぐん」事業~日本のへそから伝えます!ふるさとの魅力を高める事業です。~
★地場産業の振興、地域資源の活用、都市基盤・生活基盤の整備、まちの安全・安心の確保その他の西脇市の活性化・魅力向上に資するまちづくりに関する事業★
 
「日本のへそ」を称し、播州織や播州毛鉤、黒田庄牛など魅力ある地域資源を数多く持っていると自負する西脇市ですが、全国的な知名度は今ひとつです。
出身者のみなさんも“ふるさと自慢”をされるとき、そうした思いを抱かれたことがあるのではないでしょうか。
そこで西脇市を多くの人に知っていただくため、ふるさとのシンボルであり、この地が“日本の中心”であることを示す「日本のへそ」の知名度を高めていきたいと考えます。
また、素晴らしい地域資源や伝統の地場産業など西脇市の持つまちの魅力を広く発信していきたいと考えます。

<活用事業> 地域資源活性化チャレンジ事業・官兵衛の里推進事業
西脇小学校保存改修事業(H28・H29指定事業)【その他市長が必要と認める事業】

※本事業への寄附金は、平成29年度より行う西脇小学校保存改修工事に活用させていただきます。

西脇小学校は、明治6年に開校した西脇市の中心に位置する歴史と伝統ある小学校であり、現在の木造校舎は昭和9年から昭和11年に建てられました。木造の校舎は、県内にも数多く現存していますが、建具や内装・階段など、建設当初の姿をここまで忠実に残し、かつ、現役の校舎として使われているものは稀であり、西脇の産業の歴史・文化を現代に伝える教材としても貴重な財産と言えます。
また、映画「火垂るの墓」や「人間失格」のロケ地としても活用され、平成20年には、文化的・歴史的な価値が認められ、兵庫県が指定する景観形成重要建造物にも選ばれています。
こうした中、耐震性の問題から建替え又は耐震改修の検討が行われ、西脇小学校の木造校舎を後世に残そうという活発な市民運動もあり、現在の姿を残しながら耐震改修工事を行う保存改修を行うこととなりました。
西脇市のシンボルともいえる、かけがえのない文化・歴史資源である西脇小学校の保存改修へのご支援をお願いします。

●返礼品について
「西脇小学校保存改修事業」へのご寄附に対するお礼として、西脇小学校内に建設する記念室へお名前を掲示させていただく予定としています。(寄附金額1万円以上で、希望される方のみ。お住まいは市内・市外問いません。
※そのほかのお礼の品は進呈いたしません。


◆西脇小学校保存改修事業◆
http://www.city.nishiwaki.lg.jp/kakukanogoannai/kyouikuiinkai/kyouikusoumuka/1488436862313.html

ふるさと納税の報告

寄附件数・寄附金額情報

年度 2008年 2009年 2010年
寄附件数 158件 161件 166件
寄附金額 7,657,700円 9,133,000円 8,588,493円
年度 2011年 2012年 2013年
寄附件数 178件 222件 326件
寄附金額 9,180,000円 9,255,100円 14,920,870円
年度 2014年 2015年
寄附件数 318件 3,614件
寄附金額 13,595,167円 95,408,008円
出典: 総務省より

自治体の状況

人について

  • 人口数※平成27年1月1日時点
  • 42,114人
  • 高齢化率※平成27年1月1日時点
  • 29.9%全国平均25.9%
  • 人口増減数※平成26年1月~12月
  • -528人
  • 子供の割合※平成27年1月1日時点
  • 18.2%全国平均17.7%
  • 過疎状況
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

財政について

  • 歳入における
    地方交付税の割合
    ※平成25年度
  • 28.4%全国平均16.5%
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

兵庫県 西脇市 基本情報

住所
〒677-8511 兵庫県西脇市郷瀬町605番地
URL
http://www.city.nishiwaki.lg.jp/kurashi/furusatokifukin/furusato.html
TEL
0795-22-3111
※コメントは、名前等フェイスブックの公開基本データも表示されますのでご注意ください。

この自治体の特集一覧

GCFへの応援メッセージ

2017年4月3日 22:31
私の小学生時代、低学年は木造の古い歴史を感じる校舎で、高学年では新築のコンクリート構造の校舎で過ごしました。けれど、今なつかしいと思うものは、木造の校舎、教頭先生がいつもいた温室、大きな古めかしいストーブの橙色の炎、格子窓から望む中庭、床のワックスの香り・・です。コンクリート校舎で何も思い出になるものはありません。どうか、古い校舎を守ってください。無くすのは簡単ですが、無くしてしまってはもうそれは戻ってきません。どうか、木造建築の良さ、そして学びの歴史を大切に大切に守ってください。きっと故郷を思う人にその校舎はきっと生きています。
2017年3月17日 15:17
歴史や思い出のある古きものを大切に、それらから深みや趣き、温もりを感じられる人々が数多く増えますように。
2017年3月14日 16:32
私も小学校1年間だけ木造校舎で学びましたが学校統合で廃校となりました。
1年間しか過ごせませんでしたが廊下や階段の木の音・雑巾がけした時の床の色の変わり具合・光沢のある手すりの滑り降りなど思い出します。
是非子供たちに木の温もりのある校舎を残してあげてください。
2016年12月30日 10:42
西脇小学校校舎の改修を選択された英断に賛同いたします!
2016年12月28日 21:34
古いものを大切にする心をはぐくみたい
2016年12月25日 19:53
竣工?を楽しみにしています。頑張ってください。
2016年12月12日 0:30
美しい学び舎を守ってください。応援しています。
2016年12月10日 17:58
西脇には15年間お世話になりました。初めて西脇を訪れた時、山と川が織り成す美しい景色がとても好きになりました。そして、西脇小学校は西脇自慢の一つだと思います。映画の撮影などにもっと活躍すると良いなあと思います。
2016年11月27日 17:08
伝統があり、皆の思い出の詰まった校舎、末永く保管をお願いいたします。
2016年11月20日 11:02
自分が学んだ学校も木造でした。時代とともになくなっていくのはしょうがないとは思ってましたが、是非改修という新しい方法で思い出を残してあげてください。
2016年10月20日 15:14
元々ある西脇の街のポテンシャルの高さ、人のちからを生かしたまちづくりをして欲しいと思っています。西脇小学校木造校舎の改修はその試金石となるでしょう。
2016年10月16日 22:20
市外の小学校へ転校してしまいましたが、かつて西脇小学校に在籍しておりました。ですので卒業生ではありませんが、当時の木造校舎が現存していることがうれしく、ずっと気になっておりました。生まれ故郷の学校ですから。しかし、今となっては西脇市民でも卒業生でもない私が西脇小学校のことに関われる機会はもう無いだろうと、なかば諦めておりました。このような企画を立ち上げて頂き、心から感謝しております。
2016年10月13日 18:20
素敵な木造校舎です!
2016年10月13日 15:23
どうか素敵な校舎を残してください。
2016年10月13日 13:47
自然が豊かで文化工芸都市であった西脇市で生まれ育ったことに大人になってからいっそう有り難みを強く感じています。時代の変化があっても、ひとの暮らしの幸せを大切にする中で新しくなるものとともに、まちの歴史や文化を大事に守り残していっていただけたら、そこに自分たち出身者の根っこもつながっていると、誇りに思えるでしょう。西脇市をいつも大切に思っています。

ページ内の一番上へもどる