トラストバンク紹介動画

トラストバンク紹介ムービー

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

  • あおもりけん
  • ごしょがわらし
  • 青森県
  • 五所川原市
このエントリーをはてなブックマークに追加

使い道の最新情報

  • 2017年7月14日(金)18時01分

     

    新作立佞武多『纏(まとい)』完成速報!

    新作立佞武多(たちねぷた)「纏」が、本日、組み立てを終えて完成いたしました!
    巨大な山車である「立佞武多」は、高さ約23メートル、重さ約19トンの大きさですので、組み立てには、「立佞武多の館」備え付けの専用クレーンを使用します。大きなパーツを専用クレーンでどんどん上に吊り上げ、組み立てていくのですが、この作業だけでも3日を要します。和紙、針金、木の枠組み等で作られた繊細なねぶたを23メートルの高さまで組み上げるには、これだけの時間がかかってしまうのです。

    この巨大な立佞武多が中心街を練り歩く立佞武多祭は、8月4日~8日開催です。青森県五所川原市まで、ぜひ、立佞武多の勇壮さを見上げにいらしてください!

  • 2017年7月6日(木)18時01分

     

    新作立佞武多『纏(まとい)』製作続報2

    2017五所川原立佞武多祭の開会まで、残り1ヶ月を切りました。
    新作の立佞武多(たちねぷた)「纏」の製作状況の続報をお届けします。

    画像は、面の書き割りを終えて、彩色作業途中の面の写真です。ややシンプルな印象を受けるかもしれませんが、これに肌や口の色が追加されると、その様相はがらりと変わります。より一層迫力が増して、不撓不屈(ふとうふくつ)の精神を体現する、勇猛な面になっていきます。

    高さ約23m、重さ約19トンの巨大な山車である「立佞武多」。8月4日~8日は、ぜひ立佞武多の勇壮さを見上げにいらしてください!

  • 2017年6月23日(金)18時01分

     

    6月19日は太宰治の生まれた日です。

    ご存知ですか?6月19日は、五所川原市金木町出身の作家・太宰治(本名・津島修治)の生まれた日です。(明治42年6月19日生)
    毎年この日、五所川原市金木町の芦野公園では、太宰治が文学界に残した多大な業績をたたえて、「太宰治生誕祭(旧桜桃忌)」が行われます。
    太宰作品の朗読や、生前太宰が大好きだったサクランボの献上等を通じ、太宰の文学愛好者と共に彼の生誕を祝います。
    また、芦野公園には、太宰治文学碑と太宰治銅像が建立されており、太宰治銅像は、本日も生家である斜陽館の方向を見つめ続けています。

  • 2017年6月16日(金)18時01分

     

    新作立佞武多『纏(まとい)』製作続報!

    新作の立佞武多(たちねぷた)「纏」の製作状況の続報です。
    本日、面の書き割り作業がおわりました。ピーンと張り詰めた空気の中、面が描き出されていく様子に、思わずため息がこぼれます。書き割りの様子は、「自治体からの最新情報」に写真を掲載しましたので、どうぞあわせてご確認ください!
    画像は、「纏」の足の部分と、私の足のサイズを比較したものです。この大きな足から、立佞武多の大きさや迫力が伝わると良いのですが…!

  • 2017年6月2日(金)18時00分

     

    新作立佞武多『纏(まとい)』製作、進行中!

    火事場で纏(まとい)を振る火消しの姿を題材にした、平成29年度の新作立佞武多『纏』。8月4日からのまつり出陣に向けて、ねぶた師をはじめとする皆さんが、精魂を込めながらも急ピッチ!で製作しています。
    画像は、炎の部分。鮮やかな色合いから、燃え盛る炎の激しさが思い浮かびますよね。
    (画像は、許可 を得て「たちねぷたのやかた」ブログ(http://blog.goo.ne.jp/tachineputanoyakata)から転載しています。)

    なお、今後の製作予定は次のとおりとのこと。
    ・纏(面の書き割り)6月16日(金) 10時~
    ・国性爺合戦 和籐内(解体日)7月11日(火)
    ・纏(組立日)7月12日(水)~14日(金) 
    五所川原へお立ち寄りの際は、ぜひ立佞武多の館にてご覧ください!

五所川原市の使い道の報告をもっと見る

選べる使い道

ふるさと納税は、下記の中から使い道をお選びいただけます。
いただいたふるさと納税は、皆様のご希望に従い大切に使わせていただきます。

立佞武多コース
高さ20mの巨大ねぷた。
夏まつりで市内を練り歩くその姿は見る者を圧倒します。
・立佞武多の運行・製作事業
・立佞武多の館管理運営事業
など
太宰治コース
文豪「太宰治」は当市金木町で生まれました。
生家「斜陽館」には今も多くのファン
が訪れています。
・太宰治生誕祭事業
・斜陽館保全管理事業
・走れメロスマラソン事業
など
津軽鉄道コース
津軽鉄道は、旅情漂う津軽の田園地帯をのんびりと走る、全国的にも数少ない民間鉄道です。
・津軽鉄道活性化事業
・鉄道軌道安全輸送設備等整備事業
など
遺跡コース
国史跡「十三湊遺跡」は廻船式目で三津七湊の一つに数えられ、栄え
た港湾です。最近は五月女萢遺跡で人骨を含む土坑墓群が発見されるなど注目されています。
・遺跡発掘調査事業
・五月女萢遺跡保存事業
など
地域課題解決コース(市長におまかせコース)
当市は過疎化・高齢化が進行する地方都市です。山積する課題に一つひとつ真摯に取り組んでいきます。
・地域医療の確保(つがる西北五広域連合立病院への支援)
・豪雪対策
・空き家対策
など

ふるさと納税の報告

寄附件数・寄附金額情報

年度 2008年 2009年 2010年
寄附件数 4件 4件 6件
寄附金額 2,610,000円 1,900,000円 2,610,550円
年度 2011年 2012年 2013年
寄附件数 5件 6件 45件
寄附金額 390,000円 6,570,000円 3,200,000円
年度 2014年 2015年 2016年
寄附件数 911件 3,211件 10,711件
寄附金額 28,110,000円 75,777,800円 144,283,610円
出典: 総務省より

自治体の状況

人について

  • 人口数平成28年1月1日時点
  • 57,310人
  • 高齢化率平成28年1月1日時点
  • 30.8%全国平均25.9%
  • 人口増減数平成27年1月~12月
  • -799人
  • 子供の割合平成28年1月1日時点
  • 10.7%全国平均17.7%
  • 過疎状況平成29年1月1日時点
  • 過疎地域とみなされる市町村
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

財政について

  • 歳入における
    地方交付税の割合
    ※平成27年度
  • 34.9%全国平均16.5%
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

青森県 五所川原市 基本情報

住所
〒037-8686 青森県五所川原市字岩木町12
URL
http://www.city.goshogawara.lg.jp/furusato/
TEL
0173-35-2111(内線 2111、2115)
※コメントは、名前等フェイスブックの公開基本データも表示されますのでご注意ください。

自治体紹介icon自治体紹介

自治体紹介_画像

青森県五所川原市

PICK UP / おすすめのお礼の品

  • 深い味わい!馬肉のくんせいを晩酌のお供に!

    噛めば噛むほど旨みがあふれ出ます!良品で厳選された馬肉を、秘蔵の製法でくんせいに仕上げました。馬肉の更なる旨みがここに。
    2017年6月30日(金)10時01分
  • 赤字路線を黒字に!真っ黒な「ストーブ列車石炭クッキー」
    2017年6月8日(木)17時04分
  • 青森の美味しいお米をどうぞ!
    2016年11月16日(水)14時01分
  • 寒さが増すこの時期、おいしい”しじみ”で暖まりませんか?
    2016年11月11日(金)20時22分
  • チョイスでしか手に入らない赤~いりんご「栄紅」
    2016年11月10日(木)19時36分

自治体ランキングiconお気に入り数ランキング

この自治体への応援メッセージ

2017年7月10日 14:33
次女が以前青森市に住んでおりまして、その際に、十三湖を訪れた際に、とてもステキな場所でしたし、そこでとれたしじみの美味しさが今でも忘れられません。皆さまからお預かりしたふるさと納税で、地域活性や未来ある子どもたちの為に有効活用して下さいませ。これからも応援させて下さい。
2017年7月8日 11:28
十三湖のしじみ、青森の友達から送ってもらってとてもおいしかったのでふるさと納税を利用してまた食べたいと思いました。こんなに大きいしじみは初めてです。おいしいしじみの生産をこれからも頑張ってください。
2017年7月4日 13:40
津軽鉄道支援の一助になれば幸いです。
2017年6月30日 7:54
五所川原に御婆さんが住んでいるから。又父が五所川原市出身です。頑張れ五所川原。
2017年6月26日 21:12
また時間が出来たら伺います。
津鉄がんばれ~。
2017年6月18日 19:44
地域産業の振興として応援しています。
東京に流通していない美味しい食材で良い評判を取って、五所川原市の地域振興にしていただけると幸いです。
2017年6月3日 4:32
昨年AOMORIマラソンに参加した際,太宰治記念館を訪れたことがきっかけで五所川原市を納税先に選びました。素朴な感じのすばらしい地域だと思います。
2017年5月13日 15:51
妻の祖母の法要で青森を訪れた際に立佞武多の館で拝見したスクリーン上映は感動的でした。また、行く機会があれば今度は子供に見させてやりたいです。歴史ある文化の継承に少しでも役立てていただけたらと思います。
2017年5月2日 21:10
去年末まで次女が青森市に住んでおりまして、その時に、十三湖に連れて行って頂いた時に、あの景色と、そこで戴いたしじみが大変美味しくて美味しくて、未だに忘れられません。それがご縁で今回初めてふるさと納税をさせていただきました。みなさまから戴いたふるさと納税を有効活用して、地域活性、未来ある子どもたちへの支援へと使って頂けたら幸いです。
2017年4月19日 21:46
両親が他界し数年に一度しか帰郷できませんが、思い出の詰まった駅前の商店街がシャッターを降ろし寂しさを感じております。故郷の繁栄を陰ながら応援しております。
2017年3月30日 21:59
母のふるさとがより良くなりますように
2017年3月29日 23:07
美味しいシジミの育つ環境をいつまでも!
2017年3月29日 21:34
鉄道の存続に向けて頑張ってください!!
2017年3月27日 17:09
ここ数年東北の桜を見に出かけています。
ご当地にも足をのばしました。
どうぞ頑張ってください。応援しています!!!!
2017年3月12日 20:04
東北地方に7年間勤務経験があり、貴地に応援したいと思い昨年に引き続き、ささやかですがふるさと納税させていただきます。
2017年3月11日 16:42
東北大震災が起きて、今日で6年になるのですね。
何か、力になれる事は無いかと思い、家族が大好きなリンゴを買う事で、応援させてもらいたいと思います。
まだまだ、復興まで時間がかかるかもしれませんが、一緒に頑張っていきましょう!
応援しています。
2017年3月6日 19:38
りんごリピーターです。息子家族にも送りました。おいしいりんごありがとうございます。
2017年3月5日 20:52
頑張れストーブ列車
2017年3月4日 20:43
近い将来、夫婦で観光したいと思います。
2017年3月1日 22:54
両親が五所川原市出身。何度か行きました。楠美家住宅が母方の親戚です。人口減少が進んでる自治体なので応援したいと思いました。
2017年3月1日 16:40
旅行に行った時に列車に乗りました。十三湖のしじみ、三味線会館、お気に入りが沢山あり、応援しています。
2017年3月1日 12:58
旅行に行き、青森県が大好きになりました。
これからも豊かな自然を守りながら、活用してください。
2017年2月27日 22:21
一昨年津軽鉄道の旅をしました。すっかり青森が大好きになりました。津軽鉄道がこれからも元気に走っていくことを願っています。
2017年2月27日 16:34
津軽地方に旅行に1年に2.3回旅行にいつていますが、観光にちからを入れて下さい。
2017年2月27日 15:47
ねぷたは一度、生で見たいです!
2017年2月26日 22:44
これまでなじみのなかった地域のことや名産などを知ることができるので、いろんな意見があると思いますが、継続してほしいと思います。
2017年2月26日 22:04
父が見たねぶたを見て、いつか見に行きたいと思ってます。ずっと祭りが開催できますように。
2017年2月26日 13:26
以前仕事で訪れたことがあり、その後旅行でも訪れました。
地方の活性を願っています。
2017年2月26日 10:00
おいしいりんごを楽しみにしています。
わけあり、ジュース用も希望します。
2017年2月25日 10:19
五所川原市の地域活性化 応援しています。素敵な名前の都市名ですね。
今回 青天の霹靂 を謝礼品に申し込みました。パッケージもとても爽やかで素敵ですし 口にするのが楽しみです!

ページ内の一番上へもどる