【養鶏産業支援】鳥インフルエンザから養鶏のまちを守りたい!

カテゴリー:災害 

main_img

寄付金額 3,681,000

73.6%

目標金額:5,000,000

達成率
73.6%
支援人数
271
終了まで
47
/ 90

鹿児島県出水市 (かごしまけん いずみし)

寄付募集期間:2022年12月19日~2023年3月18日(90日間)

鹿児島県出水市

プロジェクトオーナー

令和4年11月17日に今季1例目の鳥インフルエンザ発生が確認され、農家さんが愛情をこめて育ててきた約12万羽の採卵鶏が殺処分されました。

出水市は鶏卵の産出額が全国トップの一大生産地です。市内では約290万羽の採卵鶏を飼養しています。しかしながら、1例目以降も立て続けに発生し、12月13日現在、計9例、約120万羽が殺処分の対象となりました。

また、鳥インフルエンザの発生により、周辺地域では、一定期間鶏や卵等の移動が禁止・制限され、農家だけでなく鶏卵処理施設、鶏卵等を使用する加工施設等の経営にも大きな影響を与えています。

さらに、養鶏産業への風評被害も懸念されています。通常、人が鶏肉や鶏卵を食べて鳥インフルエンザに感染することはなく、加熱すれば感染性はなくなります。
また、感染した鶏肉等が市場に出回ることはありません。私たちは、正しい情報の発信に努めていますが、鳥インフルエンザが発生すると、やはり不安の声が寄せられます。

出水市では、これ以上の感染拡大をなんとしても防ぎたいとの思いで、国や県、関係団体と連携し、24時間体制で防疫対策に取り組んでいます。

皆様におかれましても、農家さんや養鶏産業に関わる方々の思い、そして本市の取組にご理解いただき、ご支援くださいますようお願いいたします。

鹿児島県出水市

鹿児島県出水(いずみ)市は、鹿児島県北西部の八代海に面した出水平野に位置する温暖な気候、広大で肥沃な平野、豊かな水と緑、海・山の自然環境に恵まれたまちです。
市には、毎年一万羽を超えるツルが飛来する世界的な越冬地(国の特別天然記念物に指定)や江戸時代、要衝の地として薩摩藩最大の外城が置かれた、出水麓武家屋敷群(国の重要店頭的建造物保存地区に選定)などを有しており、往時の面影が今も残る「ツルと歴史のまち」です。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

鳥インフルエンザによって、出水市内の養鶏農家さんに大きな影響がありました。

令和4年11月17日に今季1例目の鳥インフルエンザが発生。
その後も立て続けに発生し、12月13日現在、農家さんが愛情をこめて育ててきた採卵鶏の約120万羽が殺処分の対象となりました。

周辺地域への影響も。

鳥インフルエンザの発生は、発生農場だけではなく、周辺地域でも、一定期間鶏や卵等の異動が禁止・制限されます。
農家さんだけではなく、鶏卵処理施設や加工施設もその対象となり、施設などの経営にも大きな影響を与えています。

風評被害も懸念されています。

通常、人が鶏肉や鶏卵を食べて鳥インフルエンザに感染することはなく、加熱により感染性はなくなります。また、感染した鶏肉等が市場に出回ることはありません。養鶏がさかんな本市では、正しい情報の発信に努めていますが、やはり不安の声が寄せられます。

これ以上の感染拡大防止のために取り組んでいること。

出水市では、これ以上の感染拡大をなんとしても防ぎたいとの思いで、国や県、関係団体と連携し、24時間体制で防疫対策に取り組んでいます。

寄附金の使い道

皆様からいただいた寄付金は、車両消毒や、市内養鶏農家への防疫資材の配布、愛がん鳥飼養者への消毒液の配布など、各種防疫対策事業に活用させていただきます。

皆様におかれましても、農家さんや養鶏産業に関わる方々の思い、そして本市の取組にご理解いただき、ご支援くださいますようお願いいたします。