• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 戸田市未来の学び応援プロジェクト~ワクワクする未来の学びを一緒に実現しませんか?~

戸田市未来の学び応援プロジェクト~ワクワクする未来の学びを一緒に実現しませんか?~

カテゴリー:子ども・教育 

main_img

寄付金額 533,000

10.6%

目標金額:5,000,000

達成率
10.6%
支援人数
25
終了まで
25
/ 90

埼玉県戸田市 (さいたまけん とだし)

寄付募集期間:2022年10月3日~2022年12月31日(90日間)

タグ:

戸田市

プロジェクトオーナー

子供たちや学校には、リソースが今以上にあればもっと「やってみたい」という夢が様々あります。

プロジェクト型の学びや部活動の地域移行、メタバース空間での創作活動、体験活動の推進、教職員の対話や意識改革、誰一人取り残されない学校づくり・・・こうしたワクワクするような現場から出てきたプロジェクトを支援し、未来の学びを一緒に実現しませんか?

埼玉県戸田市

~水と緑豊かなオアシス 都心近くの快適タウン~

戸田市は荒川を境に東京都と隣接し、水と緑あふれる潤いのあるまちです。街中の豊かな緑、ボートコース、親子で遊べる広い公園や憩いの場…。ほっと心癒されるオアシスのような空間がここにあります。

迫力ある尺玉やスターマインが豪華に共演する「戸田橋花火大会」、豊かな自然を満喫できる「戸田マラソンin 彩湖」など四季のイベントも盛りだくさん。ふるさと納税で戸田市の魅力が多くの皆さまに伝わりますように。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ワクワクする未来の学びを一緒に実現しませんか?

決められた正解をひたすらに探し求める学び。
教壇に向かって一列に並んだ机の配置。
教師の経験と勘と気合いだけに頼った指導。

こうした、これまでの学校・教育の「当たり前」を問い直し、ワクワクする未来の学びを実現するため、学校が動き出しましたーーー

子供たちや学校の「やってみたい」を実現したい!

戸田市においては、これまでも「変化する社会の動きを教室に取り入れる」との考えで、ICTを文房具として活用した子供達1人1人のニーズに応じた学びなどに、他の自治体に先駆けて取り組んできました。

ただ、子供たちや学校には、リソースが今以上にあればもっと「やってみたい」という夢が様々あります。

こうした現場の「思い」「願い」を実現することで、「教育日本一」の実現に向けた更なる一歩を踏み出したい。
子供たちの未来の学びをみなさまと一緒に創り上げるため、クラウドファンディングを実施します。

「当たり前」を問い直し、「夢のある学校改革」へ!

「未来の学び応援プロジェクト」は、これまでの教育・学校の「当たり前」を問い直し、学校主体での夢のある学校改革や、教育委員会による産官学民連携の下での教育改革の提案を実現する事業です。

(未来の学びの実現に向けた教育改革の例)
「教師が主導する授業から子供が主導する学びへ」
「学校自前主義から産官学民や地域の資源を取り入れた持続可能な学校へ」
「経験と勘と気合いから根拠・検証・科学へ」

ワクワクするような「夢のある学校改革」の提案が、各学校から出てきています。
以下の資料を御一読頂き、是非ご支援ください!

こんな「やってみたい」があります!

今年度の各学校等からの提案は以下のとおりです。
クリックいただくと提案の詳細が分かる資料がご覧になれます。

写真

・プロジェクト型の学習で、子供たちの「やってみたい!解決したい!」の実現を支援するプロジェクト

PBLで子供たちの「やってみたい!」を叶えたい(戸田第一小学校)

写真

・メタバース空間で児童生徒の作品を展示し、コロナ禍で減少した相互鑑賞の機会を創出するプロジェクト

戸二小メタバース美術館「T2-Museum」の設立(戸田第二小学校)

写真

・子供が主語になる学校づくりを目指し、教師のマインドセットに変化を促すプロジェクト

創るために壊す(新曽小学校)

写真

・農業や酪農を通して、子供の主体性や人間力を育む動植物とともに暮らす学校を目指すプロジェクト

自然体験を核とした学校づくり(笹目小学校)

写真

・社会的リソースと子どもの学びをつなぎ、学びのコントローラーを教師から子どもに渡すプロジェクト

「新たな学びのカタチ」を子どもとともに(戸田東小学校)

写真

・プロジェクトアドベンチャー(PA)により、安全安心な学級経営を目指すプロジェクト

全教育活動におけるインクルーシブ教育の推進(戸田南小学校)

写真

・動物とふれあうスペースを通して、自然と触れ合いたいという子供の想いを地域とともに実現するプロジェクト

動物とふれあえる夢あふれる飼育小屋をつくろうプロジェクト(笹目東小学校)

写真

・教職員の対話や外部人材の活用により、教師と子供のワクワクを創出するプロジェクト

”大人”と”子供”が共に輝く学校づくり(美女木小学校)

写真

・特別支援教育の専門家の支援を活用し、多様な子供たちも「ふろしきで包み込む」ような学校を目指すプロジェクト

インクルーシブな学校をめざして!~全ての子供たちにとって居場所となる学校に~(芦原小学校)

写真

・市内全中学校で一緒に活動できる団体を組織し、部活動の当たり前を問い直すプロジェクト

Toda T・F・Cで戸田市の小中学生に陸上競技の楽しさを!

写真

・経験と気合いと勘のみによる指導を問い直し、データ分析により優れた教師の指導技術を可視化するプロジェクト

匠の技の可視化(戸田市教育委員会)

全国的なモデルとなる「夢のある学校改革」を実現します!

教育環境の整備のために寄附金を募るなどしている自治体は多々あります。
しかし、未来の学びを真に実現するにはリソースだけでは不十分で、子供を支える大人の側の価値観のアップデートが必要です。
そのために、今回のクラウドファンディングのテーマを学校から募集するに当たり、以下の要件に沿った、全国的なモデルとなる「夢のある学校改革」であることを求めました。

未来の学びの実現に向けた5つの要件

こうした教育・学校の「当たり前」を問い直す取組は全国でも例がなく、先進的なものです。
リソースと価値観のアップデートが組み合わさることで、全国的なモデルとなる「夢のある学校改革」が実現されます。

寄付の使い道

寄附金は、寄附者様の意向を踏まえて、各学校の提案事業を実現する費用に充てられます。

※各提案に必要な経費が全て確保できなかった場合でも、各プロジェクトは優先順位を定めるなどして実施します。
※全ての提案の実施に必要な経費以上の資金が確保できた場合は、基金の設置目的及び基本理念を踏まえた事業に活用します。

令和4年9月議会で成立した「戸田市未来の学び応援基金」への積立てを行うことで、年度を超えた機動的な運用を行い、学校現場の「やりたい」を継続的に支援します。
基金の運用のイメージについては下図をご覧ください。

戸田市未来の学び応援基金の活用について

プロジェクト進行スケジュール

~2023年3月  プロジェクトへの寄付の受付
 2023年6月  予算議決を経て事業開始
 2024年4月~ 事業報告

・令和4年度の寄付金については、令和5年度からの事業実施に活用します。
・事業開始時期は概ね令和5年6月以降を想定しています。
・事業報告はホームページや各種SNS等により随時発信するとともに、寄付者の皆様には、一部取組をまとめた研究集録等を送付させていただきます。また、30万円以上の寄附をいただいた方には、成果物をご覧いただく機会を用意いたします。(※全体の人数や新型コロナウイルス感染症の状況等により、対面、オンライン又はハイブリッドのいずれかの形となります。)
・なお、基金全体への寄附は通年で受付します。

得られた知見は全国で活用いただけるよう積極的に発信します。

戸田市長からのメッセージ

写真

戸田市は県内1若い、活力に溢れた街です。子育て世帯が多いことから「教育日本一」を目標に掲げ、ICTの効果的な活用や、教育政策シンクタンクの設置など、先進的な取組を積極的に推進しています。
未来の学び応援プロジェクトも、全国的なモデルとなる取組として大いに期待しています。

戸田市長 菅原 文仁

プロジェクトにかける想い

戸田市では、「変化する社会の動きを教室に取り入れる」との考えで、様々な教育改革の取組を推進しています。
今回のプロジェクトでは、子供たちや学校の「やってみたい」という夢を応援し、これまでの教育の「当たり前」に一石を投じる、ワクワクする未来の学びを皆様と一緒に創り上げたいと考えています。
是非、皆様のご支援をお願いいたします。

戸田市教育委員会 教育長 戸ヶ﨑 勤