ふるさとチョイス お礼の品でチョイス

GCFとは?

引退したサラブレッドにセカンドキャリアを!サンクスホースプロジェクト

main_img
達成金額 8,376,000
10.5%
目標金額:80,000,000円
達成率
10.5%
支援人数
353
終了まで
191日 / 352日

岡山県吉備中央町
岡山県加賀郡吉備中央町

お気に入り
プロジェクト締切日:2017年4月14日~2018年3月31日(352日間)
プロジェクトオーナー

プロジェクトオーナー:岡山県吉備中央町

◆馬の寿命は25~30年ありますが、サラブレッドのほとんどが4~8歳で競馬を引退するのをご存知でしょうか? 

◆引退したサラブレッドのセカンドキャリアを支援するサンクスホースプロジェクトは2年目に突入しました。昨年は約30頭の引退サラブレッドをリトレーニングし、全国の乗馬倶楽部や会員様の元で第2の人生を歩んでいます。NPO法人吉備高原サラブリトレーニングは、サラブレッドの再調教(リトレーニング)を専門的に行う団体です。岡山県のど真ん中吉備高原の大自然の中で、引退したサラブレッドは第2の人生を歩むため、リトレーニングを実施しています。引退サラブレッドのリトレーニングには、飼料代・厩舎管理・治療費・人件費など多くの費用がかかっています。2017年は40頭の引退したサラブレッドを受け入れる予定にしています。

◆今年は皆さまからのご支援により、新しい厩舎を建設したり、活躍したサラブレッドの受け入れをさらに拡大していく予定です。競馬界と乗馬界を繋ぐこの架け橋に、さらなるご支援をどうかよろしくお願いいたします。

引退後の競走馬はどこへ行く?

緑のターフを颯爽と駆け抜けるサラブレッドたちのほとんどが4~8歳で競馬を引退するのをご存知でしょうか?競走馬として成功し、生産馬として生き残れる馬はわずか。25年から30年ある馬の寿命を養老牧場でまっとうできるのは、まだひとにぎりの馬に限られます。

その引退したサラブレッドはいったいどこへいくのでしょうか?まだまだ不透明な実情で、中には残念な結果になる馬がいるのも事実です。

写真
昨年、菊花賞に出場するなど活躍したサトノエトワール号

最新のリトレーニング中のサンクスホースのご紹介

≪2017.08.15更新≫
フィールザフォース・オースミイーグルが岡山へやってきました。

≪2017.08.15更新≫
フィールザフォース・オースミイーグルが岡山へやってきました。

8月に美浦・大竹正博厩舎のフィールザフォースと栗東・松下武士厩舎のオースミイーグルがプロジェクトに仲間入りし、岡山にてリトレーニングをスタートしました!2頭とも非常に人懐っこい性格です!
フィールザフォースは、1戦0勝。膝を骨折し、競走生活を引退。オースミイーグルは4戦1勝。前走後、左前脚屈腱炎を発症し、3ヶ月弱様子を見たが回復の見込みが見られないため競走馬生活を引退しプロジェクト入りしました。

≪2017.07.29更新≫
ロンギングアリーナ 岡山にてプロジェクト入り

≪2017.07.29更新≫
ロンギングアリーナ 岡山にてプロジェクト入り

父にマンハッタンカフェを持つロンギングアリーナが岡山にやって参りました。函館から岡山まで輸送を無事完了し、リトレーニングをスタートさせました。カッコいい女の子で早く第2のセカンドキャリアが始まれるように当団体で再調教を実施して参ります。

≪2017.06.04更新≫
レッドアリオン 岡山にてリトレーニングスタート

≪2017.06.04更新≫
レッドアリオン 岡山にてリトレーニングスタート

G1の高松宮記念/スプリンターズSなどにも出場し、2015年読売マイラーズCでは優勝するなど大活躍したレッドアリオン号がサンクスホースプロジェクトに仲間入りしました。
2017年6月3日に岡山県吉備中央町にやって参りました!!これからNPO法人吉備高原サラブリトレーニングにてリトレーニングを積んで、乗用馬としての再調教の道が始まりました。

≪2017.06.03更新≫
サトノエトワール 6月3日に岡山県吉備中央町へ

≪2017.06.03更新≫
サトノエトワール 6月3日に岡山県吉備中央町へ

昨年G1の菊花賞にも出場し活躍したサトノエトワールが2017年6月にサンクスホースプロジェクトに仲間入りし、さっそく岡山にやって参りました。吉備中央町の大自然でリトレーニングをスタートしています。多くの人から愛されてきたサトノエトワールも岡山でリトレーニングを積んでいます。ぜひ見学に来てみて下さいね。

≪2017.05.11更新≫
シュプレーム 岡山県でリトレーニングをスタート!!

≪2017.05.11更新≫
シュプレーム 岡山県でリトレーニングをスタート!!

小柄でやさしい性格がゆえに、これ以上厳しい調教メニューをこなしていくことは難しくなったため現役を2017年5月に引退しました。競馬は向かなかったかもしれませんが、ここ岡山で第2の明るいステージに向けてリトレーニングをスタートしています。

≪2017年4月30日更新≫
2017年4月にフルトベングラーが岡山へ!!

≪2017年4月30日更新≫
2017年4月にフルトベングラーが岡山へ!!

右膝遠位骨折手前の段階で長期休養を余儀なくされたことから現役を引退することとなりました。サンクスホースプロジェクトに2017年4月に仲間入りし、そのまま岡山へ。現在吉備高原サラブリトレーニングで皆様のふるさと納税によって再調教を実施しています。

≪2017年4月30日更新≫
ダイシンプロトが岡山県吉備中央町にてリトレーニング

≪2017年4月30日更新≫
ダイシンプロトが岡山県吉備中央町にてリトレーニング

父にディープインパクトを持つダイシンプロトが2017年4月に引退し、サンクスホースプロジェクトに仲間入りしました。園田競馬場で活躍しておりましたが、岡山でリトレーニングをし、第2のセカンドキャリアをスタートしています。

 引退馬支援プロジェクトは2年目に突入!!

引退したサラブレッドの不透明な現状を打破するため「サンクスホースプロジェクト」が2016年に立ち上がりました。

このプロジェクトは1頭でも多くの引退馬をセカンドキャリアへ繋げるとともに、馬の多様な利活用を創出することで受け皿の拡大を促進し、もっと気軽で身近な馬事文化の普及を目指す活動です。

馬は心の知能が非常に発達していることが知られています。微妙な人間の表情を読み取ることができ、大切にしてくれる人間の顔を生涯忘れることはありません。

サンクスホースプロジェクトの公式ホームページ

2年目に突入したこのプロジェクトは2017年40頭のサラブレッドを受け入れる予定にしています。

≪最新の活動報告 2017.7.29更新≫
7月28日GateJ.新橋 にて引退馬フォーラム開催

≪最新の活動報告 2017.7.29更新≫
7月28日GateJ.新橋 にて引退馬フォーラム開催

平成29年7月28日競馬の情報発信スペース「GateJ.新橋」にてサンクスホースプロジェクト主催の「引退馬フォーラム」が開催されました。これはもっと皆様にこのプロジェクトを広めるべく初めて企画されたもので、理事長の西崎もステージに登壇致しました。1年間の活動の報告をさせて頂きました。
会場は1時間前から超満員でした。次回は8月4日に開催を予定しており、今度は吉備中央町の山本町長もかけつける予定になっております。 会場では限定のチャリティTシャツも販売させて頂きました。合わせて募金箱も設置させて頂き、ご来場の方から温かいご支援を頂きました。

”岡山にはなかなかいけないけど、東京で応援しています”という 本当に多くのお声を頂戴いたしました。今後も色々な形で皆様にリトレーニングしている現状をお伝えできるようにして参ります。

≪最新の活動報告 2017.06.01更新≫
4月30日京都競馬場/5月4日園田競馬場にてPRイベント開催

≪最新の活動報告 2017.06.01更新≫
4月30日京都競馬場/5月4日園田競馬場にてPRイベント開催

平成29年4月30日京都競馬場にて 「第23回ファンと騎手の集い&天皇賞(春)(G1)レース回顧」が開催され、理事長の西崎がステージにてふるさと納税のPRをさせて頂きました。多くの方々が耳を傾け熱心にこのプロジェクトについて興味を持って頂きました。

平成29年5月4日兵庫県の園田競馬場にてサンクスホースプロジェクトのイベントが開催され、当法人も参加させて頂きました。 当日実施されたチャリティオークションの収益の一部をご寄付して頂きました。

≪最新の活動報告 2017.04.01更新≫ 
第2回目リトレーニングセール開催!!

≪最新の活動報告 2017.04.01更新≫ 
第2回目リトレーニングセール開催!!

2017年3月20日に第2回目のリトレーニングセールを開催致しました。リトレーニングセールとは、引退したサラブレッドのセカンドキャリアを支援するためのサラブレッドのオークションです。岡山県吉備中央町で山本町長やサンクスホースプロジェクト発起人の角居勝彦調教師(JRA日本中央競馬会調教師)、全国乗馬倶楽部振興協会会長 細野 利昭 様にもお越しを頂き盛大に開催を致しました。

セールではサンクスホースプロジェクトのサンクスホースとして、スケッチブック号とジャストヴィーグル号が上場しオークションで落札して頂くことが出来ました。スケッチブック号は愛媛県菊間町愛馬会さまに落札をして頂きました。ジャストヴィークル号は岡山乗馬倶楽部の会員様が落札して頂き、それぞれ第2の人生をスタートしております。

さらに今回は、全国各地・世界でも活躍しているホースクリニシャンの宮田朋典さんにも駆けつけて頂き、馬のふれあい方について講演をして頂きました。約200名の方々にご来場いただき、非常に盛況なイベントとなりました。
また少しでも引退したサラブレッドに触れ合って頂けるように、えさやり体験や体験乗馬会も開催しました。 体験乗馬会では名馬キングカメハメハを父に持つ、グラッツィア号に騎乗して頂ける体験会を開催しました。

全国メディアにも取り上げられました。

2016年7月サンクスホースプロジェクトが本格始動して以来、さまざまなメディア様に取り上げて頂きご紹介をして頂きました。この取り組みが全国に広がっていってほしいと思っています。

【メディアご紹介実績】
共同通信社/NHK総合「おはよう日本」/フジテレビ「みんなのKEIBA」/TBS「ニュースバード」/NHK岡山放送局「もぎたて」/RSK山陽放送「イブニングニュース」/TSCテレビせとうち「TSCニュース」/KSB瀬戸内海放送「スーパーJチャンネル」/RNC西日本放送「News every」/RCC中国放送「新里カオリのうららか日曜日」/ニッポン放送「土田晃之 日曜のへそ」/スポーツ報知/日刊スポーツ/産経新聞/毎日新聞/東京新聞/山陽新聞/ネット競馬/乗馬ライフ

全国の競馬・乗馬ファンの温かいご支援を

写真
競馬ファンは全国に500万人いるといわれています。一人でも多くの方が少しでも引退したサラブレッドの興味を持ってほしい願っています。サンクスホースプロジェクトでは引退したサラブレッドがどこにいるかわかるように管理・公開をしています。ですが、競走馬は早く走る為に特別な環境で専門の施設によって育成・調教されています。そのため競走馬として登録抹消された後、乗用馬やセラピー馬として第2の馬生を歩んでいくためには、 環境を変え、メンタルと体をリセットし、再調教する必要があります。個体差がありますが、3か月~12か月のリトレーニングプログラムが終了したのちに、 乗馬クラブや牧場に引き渡されます。その引き渡せるイベントがリトレーニングセールです。リトレーニングには馬房管理の水道光熱費やえさ代・リトレーニング人件費など見えない費用が多くかかっており、皆様からのふるさと納税でのご支援が非常に大きなウエイトを締めております。あなたのご支援が引退したサラブレッドの未来を明るくします。ぜひともご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

プロジェクトの紹介動画

私たちも賛同しています!

JRA騎手 武豊

馬が身近な存在となり、馬のすばらしさを
皆さんに知ってもらえる機会に繋げたい

 馬は懸命に走ることによって、我々騎手にもファンの皆様にも夢を与えてくれます。競争をやめても馬が出来ることは、まだまだ沢山あります。
 「サンクスホースプロジェクト」は、馬にとっても幸せなことであり、騎手を含め関わった競馬関係者もうれしいかぎりです。
 日本でも馬が身近な存在になり、馬のすばらしさを皆さんに知ってもらえることに繋がってほしいと思います。

JRA騎手福永祐一

馬それぞれの役割と得意不得意を見極めて
新しい生涯を届けるこの活動に期待しています

 競走馬からは本当に多くのことを教えてもらいました。それは精神力であり、技術であり、言葉では言い足りないほどです。
 私自身、引退した競走馬を自分の乗馬馬として引き取っていた事もあり、馬によって得意不得意がある事は感じています。速く走れなかった馬でも、役割を見いだせればこんなに嬉しいことはありません。
 この活動がひろがり日本の馬事文化の普及に繋がっていくことを願います。

ふるさと納税応援コメントを頂きました!

 プロジェクトの発起人は、角居勝彦氏

サンクスホースプロジェクト 発起人 角居勝彦氏 メッセージ

NPO法人吉備高原サラブリトレーニング 理事長 西崎純郎からメッセージ

岡山県吉備中央町 山本雅則町長からのメッセージ



晴れの国おかやまのど真ん中で、今もリトレーニング

≪皆様から頂いた寄付金の主な使い道≫
セカンドキャリアをまっとうするためのリトレーニング費用に主に使わせて頂いております。

1.競走馬のリトレーニング費用・管理費

■去勢手術代(専門獣医師さんの交通費や人件費)
■馬のえさ代
■馬房のおが粉
■馬房管理費(厩舎の水道代・電気代)
■馬房清掃費(馬の排泄物や食べこぼしたえさのお掃除)
■馬が健康に過ごす為の医療費・薬代
■再調教(リトレーニング)に係る人件費
■上記の内容に携わるスタッフの人件費 

1頭の馬を飼育するには多額の費用がかかっています。
支援して頂いている皆様のおかげで乗馬として生まれ変わり、再び第2の人生をスタートさせています。

2.厩舎の修繕・建設費用
リトレーニングするサラブレッドが安全に過ごせる厩舎はほんとにごくわずか。今は修繕や補修をしながら使っています。
厩舎の修繕や補修費用にも使われています。

3.馬術競技会などへの参加する参加費
第2の人生を歩むため、様々実績を残すため馬術競技などへの大会へ参加も予定しています。
そのための競技参加費としても使わせて頂く予定です。競走馬としてあまり活躍できなかった馬達が再び立ち上がる感動の瞬間でもあります。

4.安全に馬を運ぶ輸送費

昨年、2頭の去勢手術が鹿児島大学で行われました。岡山から鹿児島まで馬を安全な状態で運ぶのも実は一苦労です。去勢手術のための輸送や馬術競技大会出場の為の輸送などにも使われます。



2017年は40頭のサラブレッドのセカンドキャリアを支援目標に。

写真
2017年度のNPO法人吉備高原サラブリトレーニングの活動目標は、40頭のサラブレッドを第2のセカンドステージにつなげれるように目標を立てています。約6ヵ月のリトレーニング期間を経て、リトレーニングセールにて新しい人生を歩み始める・・・すでにリトレーニングは始まっています。6ヵ月に20頭を受け入れ、リトレーニングセールでオークションを実施し、また20頭を受け入れていきます。2017年3月にはシェーンメーア号・レッドソレイユ号・メイショウコロンボ号がサンクスホースプロジェクトに仲間入りしています。続々と岡山に到着する元競走馬のリトレーニング費用・厩舎管理として皆様から頂いた寄付金は使われています。

JRA 美浦トレーニング・センター の名門 藤沢厩舎からもサンクスホースが岡山に。

写真
JRA日本中央競馬会の東のトレーニングセンター「美浦トレーニングセンター」の藤沢和雄厩舎より、、レッドソレイユ号とシェーンメーア号が2017年3月仲間入りしました。レッドソレイユ号が名馬ディープインパクトを父に持つサラブレッドで、注目の1頭となることでしょう。岡山県吉備中央町まで関東より輸送し、リトレーニングをスタートしています。今まで滋賀県栗東市の栗東トレーニングセンターからの引退馬の受け入れがメインでしたが、動きの拡大にて関東からの受入れもスタート。

2016年7月~2017年3月までの主な活動報告


 

【活動報告 2017.01】1頭でも、もう一度輝けるステージがあるなら挑戦したい。

【活動報告 2017.01】1頭でも、もう一度輝けるステージがあるなら挑戦したい。

プロジェクト初の片側性陰睾(片金)の馬の去勢手術を実施

乗馬界において、片側性陰睾(片金)の馬は、技術・資金・施設面の問題から去勢手術を行うことは難しく、リスクが高いものとして競走馬引退後は大変厳しい環境にありました。
サラブリトレーニングでは、ライザン号・ジャストヴィークル号が片側性陰睾(片金)が該当しており、このまま放置しておくわけにはいかないと、リスクを覚悟して手術を行う決断をしました。
手術が実施できるのは全国でも実績のある鹿児島大学共同獣医学部でした。鹿児島までの輸送や全身麻酔を伴う手術は大変なものでしたが、なんとか無事に去勢手術も成功し、再び岡山に戻りリトレーニングを実施しています。

【活動報告 2016.11】サンクスホースデイズ in 馬事公苑 でも皆様にPR

【活動報告 2016.11】サンクスホースデイズ in 馬事公苑 でも皆様にPR

サンクスホースプロジェクトが主催するサンクスホースデイズが11月3日東京の馬事公苑にて開催されました。2020年東京オリンピックが馬事公苑で開催されるため、2017年1月から大規模な改修工事が行われるため、今回が馬事公苑にとって最後のイベントとなりました。
吉備高原サラブリトレーニングからは理事長はじめとするスタッフと吉備中央町の副町長も一緒に駆けつけました。東京の馬事公苑で多くの方の前で、このプロジェクトの重要性や今の現状をお話しさせて頂きました。
ブースではふるさと納税のPRやリトレーニングの状況などをご案内させて頂きました。ご来場頂いた方本当にありがとうございました。 また岡山にもいきたい!と多くの方からお声を頂きました。

【活動報告2016.11】全国初の第1回リトレーニングセール開催

【活動報告2016.11】全国初の第1回リトレーニングセール開催

引退したサラブレッドをもう一度活躍できるステージを見つける為、リトレーニングセールを開催致しました。大分県から北海道まで約20組の方々が岡山にかけつけリトレーニングされたサラブレッドを競りという形で実施。
全ての事は初めてだった為、さまざまな馬の競り市場への視察も実施致しました。サラブレッドが少しでも活躍できる場を提供したい想いが共感を呼び、全国乗馬倶楽部振興協会様からの後援も頂き、初めてのリトレーニングセールを2016年11月23日に岡山県で開催致しました。

第1回目は全10頭を上場し、全ての馬の引き取り手が見つかりました。その後サラブレッドは全国へと巣立ち、再び第2のステージを歩み始めました。
これからも定期的にリトレーニングセールを開催し、引退したサラブレッドのセカンドキャリアを構築していきたいと思います。





2017年も続々と引退サラブレッドが吉備中央町にやってきています

2017年も、毎月のようにサラブレッドが入ってきています。皆様がご存知の、あの日あの時輝いた馬も多いのではないでしょうか? ぜひこのサラブレッドのセカンドキャリア支援にご協力をお願いいたします。実際にこのプロジェクトに賛同しリトレーニングを実施し、サラブリトレーニングに所属している馬を数頭ですがご紹介します。

第2のステージを歩みはじめています。

写真


2017年は新しくお礼の品にプレミアムタオルが登場!

写真




このクラウドファンディングは『ふるさと納税』対象事業です!

ふるさと納税とは、自治体への寄附金のことです。個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民税のおよそ2割程度が還付、控除される制度です。
 ⇒ふるさと納税をもっと知る
 ⇒私はふるさと納税をいくらできる?(寄附金控除額のめやす)
 ⇒ふるさとチョイスのガバメントクラウドファンディングについて

プロジェクトにご賛同頂いた方は金額に応じてわずかですが、お礼の品をお届け致します。

【1万円以上の寄附】
 ◆サンクスホースプロジェクトプレミアムタオル
 武豊ジョッキー・福永祐一ジョッキーなどのサインが入ったプレミアムタオル

【3万円以上の寄附】
 ◆吉備中央町の特産加工品Aセット
 ◆吉備中央町の獲れたて新鮮野菜Aセット
 ◆吉備中央町のフルーツ詰め合わせAセット(※8月以降の発送となります。)
 ◆吉備中央町の特選とれたてお米 5kg(※9月以降の発送となります。)
 ◆馬の蹄(ひづめ)に装着する蹄鉄で作ったオリジナル蹄鉄コースター

【5万円以上の寄附】
 ◆吉備中央町の特産加工品Bセット
 ◆吉備中央町の獲れたて新鮮野菜Bセット
 ◆吉備中央町のフルーツ詰め合わせBセット(※8月以降の発送となります。)
 ◆吉備中央町の特選とれたてお米 10kg(※9月以降の発送となります。)
 ◆サンクスホースのオリジナルポストカート+蹄鉄コースターセット

【10万円以上の寄附】
 ◆吉備中央町の特産加工品Cセット
 ◆吉備中央町の獲れたて新鮮野菜Cセット
 ◆吉備中央町のフルーツ詰め合わせCセット(※8月以降の発送となります。)
 ◆吉備中央町の特選とれたてお米 20kg(※9月以降の発送となります。)
 ◆吉備高原サラブリトレーニンググッズセット + サンクスホースプロジェクトwebページにお名前掲載
 
【50万円以上の寄附】
 ◆TCC会員権1年間+吉備高原ホースランド 外乗トレッキングコース体験ペアチケット 

【100万円以上の寄附】
 ≪サンクスホースプロジェクト体験プランセットA

 ◆TCC会員権1年間+岡山乗馬倶楽部 乗馬5級ライセンス取得ペア取得無料
サンクスホースプロジェクト体験プランセットB
 ◆岡山乗馬倶楽部 入会金&会員権 12か月+サンクスホースプロジェクトWebページSpecialThanks名前掲載+角居勝彦氏サイン入りプレミアムグッズ


【500万円以上の寄附】
サンクスホースプロジェクト体験プランセットC

◆角居勝彦氏と行く!北海道競馬馬オークションご招待+岡山乗馬倶楽部 乗馬5級ライセンス取得ペア取得+サンクスホースプロジェクトWebページSpecialThanks名前掲載


引退馬ファンクラブTCCの会員権利もお礼の品にお選び頂けます。

【1万円以上の寄附】
 ◆TCCオリジナルグッズセット

【3万円以上の寄附】
 ◆TCC会員権3か月

【5万円以上の寄附】
 ◆TCC会員権6か月 

【10万円以上の寄附】
 ◆TCC会員権1年間

引退馬ファンクラブ TCC について詳しくは下記をご覧下さい。
※引退馬ファンクラブはスタイルバンク株式会社が運営しています。

https://www.tcc-japan.com/



岡山県吉備中央町

◆吉備中央町は岡山県のほぼ中央に位置する、人口約1万2千人の町。 まちの全域が吉備高原の一角をなし、標高200~500メートルの高原地帯が続いていて、冷涼な気候が特徴です。岡山空港から車で20~30分の近さで、中国横断自動車道も通っている交通の便の良さと豊かな自然をあわせ持つため、自然体験型の観光スポットが多いほか、農業も盛んな地域です。

このGCFへの応援メッセージ

馬に愛を
2017年9月21日 13:26
競馬も馬も大好きです。応援しています。がんばってください。
2017年9月18日 10:00
去年から応援を始めました。馬が好きで、馬のために役立てるなら光栄です。
2017年9月17日 17:31
競馬ファンとして応援します。
2017年9月17日 6:31
素晴らしい取組だと思います。がんばってください。
2017年9月16日 17:39
1人の力では難しくても、引退した馬たちのセカンドキャリアを支援できるのなら、応援させてください。わたしも馬が大好きです。一頭でも多くの馬が幸せな余生を過ごせますように。
2017年9月13日 1:47
小学生の頃、競馬好きの父から聞かされた引退馬のその後に大きなショックを受けました。走るために産まれて来たとはいえ、それでいいの?と子供心に大きな傷ができました。人間の残酷さに失望して競馬が嫌いになりました。あれから40年が過ぎ、このプロジェクトを知って嬉しさがこみ上げました。引退馬の馬生を真剣に考えている多くの方々を知り、心が暖かく傷が少しずつ小さくなってきたことを実感しています。一人では無力ですが、このプロジェクトのおかげで微力ながら協力することができます。第一歩を踏み出してくださった皆様、可愛い馬達をよろしくお願いいたします。
2017年9月13日 1:06
今年の天皇賞春の日に京都競馬場でサンクスホースプロジェクトのチラシをいただいてこのような試みがあることを知りました。たくさんの馬の引退後の生活が豊かなものになるよう祈っています。これからも頑張ってください!
2017年9月11日 20:47
現在関東で馬に携わる仕事をしていますが、地元岡山でこのようなプロジェクトがあると知り、是非応援させて頂きたいと思いました。頑張ってください!
2017年9月11日 9:36
大好きな馬が、いい一生を送れる為の活動に賛同しています。願ってる人はたくさんいると思いますが、こうして具体的な声をあげて明確な形にされるのは簡単ではない、誰でも出来る事ではないと思います。そのおかげで私も微力ながら参加する事が出来ます。ありがとうございます。
2017年9月6日 21:30
競馬ファンです。
競走馬は走っても8歳か9歳くらいまでなので寿命が15年くらいかと思っていましたが、25歳くらいまで生きると知って驚きました。
引退後の馬が幸せな第2の馬生を歩めますように。
2017年9月6日 14:41
乗馬を初めて4年目になります。
もともと馬が好きで、大人になってからは競馬場へも足を運んでいます。今は馬場3級経路を練習しています。うちのクラブもほとんどが競走馬出身です。馬たちはどの子も頑張っています。そんな馬たちのために、少しでも役に立てたらという気持ちで、参加させていただきたいです。
2017年9月6日 12:54
馬と触れ合うのも、馬に乗るのも大好きです。
できる限り多くの馬がセカンドキャリアを手に入れられるようになればいいなと願っております。
2017年9月5日 23:26
昨年に続いての参加です!新しいキャリアへ再出発していく馬たちがもっともっと増えていってくれたらうれしいです。大変なプロジェクトですが様々な立場、職種の方やスタッフさん頑張ってください。ありがとうございます。
2017年9月4日 13:16
競馬ファンのひとりとして応援しています
2017年9月4日 10:45
大学時代に馬術部員だったため、サンクスホースの活動は心から応援しています。少しでも多くの馬に、新しい活路が提供されることを祈っています。
2017年9月3日 23:37
リベルタスくんをよろしくお願いいたします
2017年9月3日 17:18
1頭でも幸せな馬が増えるよう、応援しています。
2017年9月3日 10:38
一競馬ファンとして、少ないですが寄附させていただきます。
感謝の意を込めて、有効に使っていただけたら幸いです。
2017年9月2日 21:15
また支援させていただきます。
人間の欲のために働かされている動物たちにしか私は見れてません。どうぞ最後は良い形で生活させてあげてください。
お願いします。少なくてすみません。
2017年9月1日 11:52