『移動式遊び場』で、子どもたちが元気に遊べる環境をつくってあげたい

カテゴリー:まちづくり 

main_img

寄付金額 305,000

8%

目標金額:3,788,000

達成率
8%
支援人数
16
終了まで
105
/ 152

東京都墨田区 (とうきょうと すみだく)

寄付募集期間:2021年8月2日~2021年12月31日(152日間)

墨田区×一般社団法人 SSK(移動式遊び場プロジェクト)

プロジェクトオーナー

子どもの成長には”あそび”が欠かせません。コロナウイルスの影響などにより、子どもの遊びの環境が窮屈になっています!!
そこで、子どもの遊び環境を充実させるため、『移動式遊び場』をつくり、放課後や休日などに学校の校庭や公園、広場を巡回して様々な遊び展開していきます。
『移動式遊び場』とは、「遊びを引き出す道具と素材」を積んで「遊びを支援するプレーリーダー」とともに地域を回る「わくわくを積んで移動する車」です。

東京都墨田区

墨田区(すみだく)は東京都の東部に位置する、隅田川と荒川に挟まれた町。江戸時代には運河の水利を活かした地場産業が発達し、明治から昭和にかけては次々と町工場が生まれ、その技術や技能は現代にも受け継がれています。毎年夏に開催される隅田川の花火大会は、江戸時代より続く夏の風物詩。両国にある国技館では、大相撲の数々の名勝負が繰り広げられています。2012年には東京スカイツリーが誕生。国内外より多くの観光客が訪れています。

<このプロジェクトは令和3年度すみだの夢応援助成事業です>
すみだの夢応援助成事業とは、すみだのまちを元気にするプロジェクトを支援する助成制度です。墨田区は民間事業者のプロジェクトに対し、「ふるさと納税を活用したクラウドファンディング」の機会を提供し、寄付者は共感するプロジェクトを個別に指定して応援することができます。いただいた寄付金は墨田区から助成金として交付します。すみだの夢応援助成事業については墨田区ホームページ(https://www.city.sumida.lg.jp/kuseijoho/sumida_kihon/governance/yumeouen_jyoseijigyo/index.html)をご覧ください。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

【注意事項】

区外の方だけでなく、墨田区民の方もこのプロジェクト(墨田区)にふるさと納税ができます。控除も受けられます。
※区民の方は「【墨田区民不可】」と記載されているお礼の品(セット含む)はお選びできません。

子どもの”あそび”の危機!?

プロジェクトの目的

新型コロナウイルスの影響により、子どもたちの遊びの環境は大きく変化しています。

学校や地域などでの様々なイベントが中止になったり、遊びの場や遊び方が制限されたりしています。

また、これはコロナ以前からですが、習い事などにより、子どもたちが自由に過ごせる時間も減っています。子どもたちそれぞれが習い事をしていることで、友達と一緒に遊べる日が制限されることもあります。そのため一人で遊べたり、直接会わなくても一緒に遊べるテレビゲームや、屋内遊びで過ごす時間も増えました。

またセキュリティの面からも子どもだけで外で遊ぶことを不安に感じることもあるかと思います。

実際に友達と会い、思い切り体を動かして遊ぶことは子どもたちにとって人間関係を構築する上で重要なことです。また体力向上や体の巧緻性を育むという面からも必要なことであります。

『移動式遊び場』で街中すべてを遊び場に!!

プロジェクトの概要

子どもの遊び環境を充実させるため、『移動式遊び場』をつくり、放課後や休日などに学校の校庭や公園、広場を巡回して様々な遊び展開してきます。

『移動式遊び場』とは、「遊びを引き出す道具と素材」を積んで「遊びを支援するプレーリーダー」とともに地域を回る「わくわくを積んで移動する車」です。

『移動式遊び場』づくりのための5つのステップ

【ステップ1】キックオフイベント

「移動式遊び場」事業をPRするために、実際に他の地域で活動している移動式遊び場を呼び、移動式遊び場を体験します。

【ステップ2】普及のための学習会

「移動式遊び場」について、理解を深めるために学習会を実施します。

【ステップ3】ワークショップ

墨田区らしい「移動式遊び場」をつくるため、地域の子どもや青少年教育関係者を招いてワークショップを開催します。

【ステップ4】『移動式遊び場』づくり

ワークショップの意見をもとに移動式遊び場をづくりを行います。
アイコンとなる車を用意したり、大型の遊具を作成したり、随所に工夫の凝らされた『移動式遊び場』をつくります。

【ステップ5】『移動式遊び場』の巡回

墨田区各地を『移動式遊び場』が巡回し、遊びを活性化させます!

■移動式遊び場完成までの道のり

令和4年3月完成予定

■寄付金の使い道
移動式遊び場づくりと移動式遊び場の啓発

【内訳】
移動式遊び場 遊具制作・遊具購入費:150万円
移動式遊び場 車両購入費:140万円
プレイベント・学習会開催費用:50万円
プロジェクト運営経費:30万円 など

【目標金額に達しなかった場合の寄附金の取扱い】
目標金額に達しなかった場合も、『移動式遊び場』づくりは可能な範囲で行います。また、目標金額以上の寄附を頂いた場合、本プロジェクトの運用費として活用させていただきます。

■事業実施のスケジュール
・9月:キックオフイベント開催
・10月:学習会・ワークショップスタート
・12月:「移動式遊び場」制作開始
・1月:プレイベント開催
・3月:「移動式遊び場」完成/お披露目会開催

事業に携わる方の思い

一般社団法人SSK 須藤 昌俊

■子どもたちのキラキラとした瞬間をたくさん生み出したい

写真

教えるか、見つけさせるか。子どもとの関わり方で難しいと感じるところです。

教えてしまった方が効率的なこともありますが、子どもが自分で見つけたり、発見したりした時の顔は関わった私たちにも大きな喜びを感じさせてくれます。

そのためには、たっぷりとした時間と空間、そして大人の適切な関わりが重要だと思っています。

この移動式遊び場で子どもたちのキラキラとした瞬間をたくさん生み出していきます。

千葉大学 環境デザイン研究室 教授 原 寛道

■日常の遊びに刺激を!!

写真

充実した遊びを経験した子供は、個性に応じた創造性を発揮できます。そのような充実した遊びが、墨田区全域で体験できることが目標です。移動式遊び場は日常の遊び場に刺激を与え、子供たちが遊びを工夫するきっかけを提供します。

私達の研究室では、これまでの移動式遊具開発のノウハウを活かしたいと思います。

寄付者の皆様へ

墨田区長 山本 亨

「すみだの夢応援助成事業」への御支援をよろしくお願いします!

写真

墨田区では、「地域を盛り上げたい」「地域の困りごとを解決したい」といった、すみだの街を元気にするプロジェクト=“すみだの夢”を応援する取組として、「すみだの夢応援助成事業」を実施しています。

すみだの夢応援助成事業は、区内で実施する「新規性のある意欲的なプロジェクト」を募集し、助成対象に選定された事業を実施する団体に対して、区がふるさと納税を活用したクラウドファンディングの機会を提供し、そこで集められた寄付金を助成金として交付することにより、プロジェクト=“すみだの夢”が実現する仕組みとなっています。

平成29年度から、地域力の向上や文化芸術活動に関連するさまざまなプロジェクトを展開していますが、今年度は本プロジェクトを含め5つのプロジェクトが選定され、各実施団体が“すみだの夢”の実現に向けて活動を進めています。

皆さまの温かい御支援と御協力をお願い申し上げますとともに、このプロジェクトを通じて、新たな交流が生まれ、すみだの街の活性化につながると幸いです。また、より多くの皆さまに墨田区の魅力を知っていただき、訪れてくださることを心より願っております。

このプロジェクトは令和3年度すみだの夢応援助成事業です
このプロジェクトは令和3年度すみだの夢応援助成事業です

お礼の品一覧


  • GCFとは?

このプロジェクトへの応援メッセージ

  • ステキな活動に対し、応援させていただきます。

    2021年9月16日 13:29

  • このような取り組みは、今の世の中でとても大切なものだと思います。それをふるさと納税の形で応援している墨田区さんにも、頭が下がります。
    がんばってください!

    2021年9月15日 10:00

  • 応援しています!

    2021年8月10日 11:15

  • 良い取り組みですね。
    成功するよう応援しております。

    2021年8月5日 8:05

はじめての方へ