• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 健康とふれあいの場を明るく照らしたい!北方町アルテックアリーナの照明器具取替工事

健康とふれあいの場を明るく照らしたい!北方町アルテックアリーナの照明器具取替工事

カテゴリー:まちづくり 

main_img

寄付金額 70,000

3.5%

目標金額:2,000,000

達成率
3.5%
支援人数
4
終了まで
40
/ 90

岐阜県北方町 (ぎふけん きたがたちょう)

寄付募集期間:2021年3月2日~2021年5月30日(90日間)

北方町

プロジェクトオーナー

【総合体育館の照明をLED化したい】
だれもが気軽に利用できる北方町総合体育館のアリーナの照明が暗いうえ部分的にも消灯しているため、これからも長くアリーナが利用できるようLED照明にすることで、室内の照度を上げると共に省エネにも取り組み、利用者と環境に配慮した体育館を実現します。

岐阜県北方町

 北方町は、樽見鉄道や岐阜バスといった公共交通機関のほか、国道157号線や主要地方道が岐阜市方面あるいは大垣市方面へと結ばれています。これらの交通を利用して、岐阜市中心部まで約20分、大垣市へ約30分、名古屋市まで約60分で到達することができるため、通勤・通学にはよい立地です。
また、5k㎡というコンパクトな行政面積の中に子ども館2箇所を有しているほか、子育てしやすい、家族で人生をおくる「価値」あるまち、北方町
町を目指して取り組んでいます。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

健康とふれあいの場を明るく照らしたい!

町民にとって必要不可欠な体育館

北方町アルテックアリーナ(総合体育館)は、平成元年8月に開館し、バスケットコート2面分のアリーナの他に柔剣道場や卓球場を併設した生涯スポーツの拠点施設です。少年団活動や部活動に励む児童や学生、趣味のスポーツやクラブ活動を楽しむ高齢者など子どもから大人まで幅広くご利用いただいています。

また、北方町の中心部に位置しており、幹線道路が近く、交通アクセスが良いことから競技スポーツの大会会場に選ばれることも多く、北方町や近隣市町から大変多くの方が来館され、令和元年度は約59,000人のご利用がありました。

スポーツ教室でミニテニス、バドミントン(奥)を楽しむ様子

しかし、建設から30年が経ち劣化。多くの修繕が必要な状況です。

(照明が切れている部分)
(照明が切れている部分)

健康とふれあいの場である北方町アルテックアリーナ(総合体育館)は開館から築30年以上が経過しており、これからも多くの方に親しまれ長く利用していただくには、劣化が進んだ建物の補修と同時に省エネルギー化への対応を考える必要があります。現在は、新型コロナワクチン接種の会場として使用しており、災害時は緊急避難場所になるなど、スポーツの利用以外にもあらゆる場面で町民にとって必要不可欠な場所となっています。

 しかしながら、新型コロナウイルス感染症の影響による経済状況の悪化からの税収低下、新しい時代に向けた子どもたちへの教育資金(ICT化関連の環境整備などにかかるお金)の優先順位が高く、体育館の照明費用の捻出がなかなかできない状態です。体育館は町民だけでなく、近隣市町からの利用者も多く、様々な大会が開催される場所です。アリーナを明るく使いやすくすることによって、たくさんの方に喜ばれる場所にしたいという思いから、クラウドファンディングを活用することにしました。

【寄付金の使い道】

北方町総合体育館のアリーナの照明器具を水銀灯からLED照明へ取り替える改修費用として活用します。

※目標金額の達成状況に関わらず、いただいた寄附金は、総合体育館アリーナ照明LED化工事事業へ活用させていただきます。

利用者が使いやすい明るいアリーナを目指して

事業実施のスケジュール

2021年度に着工・完成を予定しています。

現在~夏頃 新型コロナウイルスのワクチン接種会場として使用予定
2021年 秋頃工事開始予定

北方町のお礼の品

岐阜県の特産品である飛騨牛をはじめ、町内で人気の和菓子店・洋菓子店のお菓子や、熟練した職人が木の個性を生かしながら作る暮らしの道具など、様々な返礼品を揃えています。

(おうち焼肉)A5等級飛騨牛焼肉用 600g