国内の被災地の子ども達に社会課題解決を考える交流体験を!

カテゴリー:子ども・教育 

main_img

寄付金額 10,000

1%

目標金額:1,000,000

達成率
1%
支援人数
1
終了まで
65
/ 88

広島県神石高原町 (ひろしまけん じんせきこうげんちょう)

寄付募集期間:2020年11月4日~2021年1月30日(88日間)

広島県神石高原町×ピースウィンズ・ジャパン

プロジェクトオーナー

認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、自然災害や戦争などで学校に行くことができない国内外の子どもたちを対象に、2018年からサマーキャンプで学ぶ機会を提供しています。

2020年に3回目を迎える予定だったサマーキャンプは残念ながら世界中で流行するコロナウイルスの影響を受け中止となりました。2021年は、例年通りのキャンプとはなりませんが、感染予防対策を実施したうえで地域社会の課題を解決できるソーシャルイノベーターの育成に挑戦する新サマーキャンプを計画しています。

神石高原町で開催する本プロジェクトを通して、過疎化・高齢化が進むこの町に国内外から多くの人々を呼び込み、地域再生を目指します。

広島県神石高原町

神石高原町について

●「神石高原町(じんせきこうげんちょう)」をご存知ですか?
ほとんどの方は初めてお聞きになる町名かと思います。広島県にある世界遺産「宮島」や「平和公園」から約100㌔東の岡山県との県境に位置する豊かな自然に恵まれた町です。人口は約9,000人。標高約400~700mの中国山地の中にわずかな平地と里山,丘陵地で構成された中山間地域です。戦後から緩やかに続く近郊都市への人口の流出により,全国的にも早い時期から過疎高齢化社会を迎えてきた町ですが,自然だけでなく,都会では得られない「本当の豊かさ」が溢れる町,それが神石高原町の魅力です。

●神石高原町は豊かな自然に恵まれた,天然の遊び場の宝庫です!
夏は水遊び,冬は雪遊び・・・。都会では遠出しないと体験できないような自然と隣り合わせの環境がここにはあります!

●中山間地にも,いろんな仕事があります。新しいチャレンジを応援しています。
特産品のトマトや畜産にチャレンジする方,無農薬にこだわって農業に取組む方,地元の酒造メーカーや近隣都市に通勤する方まで,仕事も様々です。
テレワークでできる仕事も増えている昨今。IT系の仕事で移住された方も。ストレスのないインターネット環境を整備しています。

●子どもが少ないから待機児童もなく,登下校もスクールバスで安心・安全
保育所は待機児童なし!小学校も少人数なので,先生や友達と距離も近く,学年を越えて仲良く遊びます。スクールバスのため登下校時の事故リスクも少なく,ご近所の目も届きやすいから治安が良いのも特徴です。

●ゆとりの住空間と広い敷地。静かでゆったり流れる時間を満喫!
近年,多くの移住者が古民家を改装して住まわれています。庭だけでなく,畑や山まで付いている物件もあり,都会のようにとなり近所を気にすることなく,ゆったりと暮らせる贅沢な時間もこの町の醍醐味です。

●綺麗な水と空気,豊かな大地に恵まれ神石高原町は特産品も豊富!
「まる豊とまと」や「神石牛」などのブランド特産を筆頭に,「こんにゃく」や「ピオーネ」など多くの地元産品が生産されています。6次産業課も推進され加工品として流通するものも増えています。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

考え、体験し、共有する中で成長する子どもたち

世界を変える子どもたちを育てたい!

ピースウィンズ・ジャパンの教育事業「ピース・ワラベ」は、国内外の子どもたち - 特に紛争や自然災害で影響を受けた子どもたちに、質のある教育そして社会課題を解決するために必要な知識や能力を身に着ける機会を、サマーキャンプを通して与えることを目的としています。

 

動画で紹介!社会課題の解決を学ぶ「サマーキャンプ」

2020年8月に開催する予定だったサマーキャンプは、新型コロナウイルスの世界的蔓延の影響を受け、中止となりました。学校が一時休校になったり、外出や旅行、部活動などの自粛を強いられる若者たちに来年こそ交流と学びの機会を作ってあげたいと考えています。

2021年8月には震災や豪雨、台風などで被災した中高生たちの参加を積極的に受け入れ、若い世代に未来へ前進する力をあげることがミッションです。

※もし再度サマーキャンプが延期になるようであれば、オンラインでのワークショップなどを実施し、再来年に向けて準備を進める予定です。

「ピースウィンズ・ジュニアグローバルシチズン・サマーキャンプ」(2021年8月開催予定)では、各界の第一線で活躍する講師やゲストスピーカーから、世界で起こっている出来事について最新の情報や知見、彼らが経験したことを学びます。

グループゲームを通じて、自分とグループメンバーの長所と短所を理解しながら、コミュニケーション能力の向上を目指します。

日本各地から集まった仲間たちとともに学び、多様な価値観の中で、自分のアイデンティティを確立し、異なる文化や価値観を持つ同年代の仲間から多くの気づきを得て欲しいと思っています。

・困難にぶつかった時に自ら解決する力とレジリエンス(resilience)、

・自分の将来と世界をより良い未来になるように貢献しようと言う決意(determination)

これらを育みながら、さまざまな社会問題への関心と理解を深め、世界をより良い場所にするために自分には何が出来るのかを自ら考え行動することができる、自律した子どもへと成長してもらいたいと願っています。

 

豊かな自然に囲まれておくるスローライフの素晴らしさを、子供たちに伝えたい

子どもたちにとって、神石高原町に訪れることは山々に囲まれた豊かな自然に触れる貴重な機会となります。

さまざまないのちと触れ合える場所で夜空一面の星を眺めたり、地域の特産品を作る体験を通して自分たちの地域資源に気付き、ふるさとに愛着と誇りをもつ心を育みたいと考えています。

また、サマーキャンプを通して、過疎化・高齢化が進む広島県神石高原町に人々を呼び込むことで、交流人口の増加、地域資源の有効活用、地元経済の活性化を目指します。

 

寄附者のみなさまへ

今回のクラウドファンディングでは皆様のご寄附を以下の目的で活用させていただきます。

このキャンプに参加する子ども達は、紛争や災害による被災地や、離島に暮らす子どもたちです。彼らがより広く自分の未来を描き、やがて世界を変えられるビジョンと思いやりを持つ未来のリーダーとなるため、ご支援をお願い致します。

寄附額は1万円から いただいたご寄附はサマーキャンプに参加する子どもの参加費や旅費に充てられます。

・「5万円の寄附」で国内の被災地から参加する子ども1人の旅費を支援できます

・「10万円の寄附」で子ども1人がキャンプに参加できます

目標金額を上回るご寄附をいただいた場合は、2022年のサマーキャンプ開催費に充てさせていただきます。

 

ピースワラベ・ジャパンの目指すもの

ピースワラベ・ジャパンは子どもたちが紛争や貧困などの脅威にさらされることなく希望に満ち、尊厳を持って生きる世界を目指します。

未来を担う子どもたちが政治的・経済的理由で夢を諦めることなく、自らの力で未来を切り拓き、より良い社会の担い手となるよう後押しします。

子どもたちに教育というギフトを贈りませんか。