お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          チョイス公式ポイント導入自治体 詳細

          愛知県大府市ポイント残高 : 

          JTB 「ふるぽ」 掲載自治体

          ふるぽは、JTBが運営するふるさと納税サイトです。
          https://www.furusato-tax.jp/feature/a/about/furu-po

          「ふるぽ」について詳しくはこちら

          お礼の品をさがす

          該当のお礼の品:
           件

          はじめての方へ

          愛知県大府市からの使い道情報

          • 今年もアサギマダラがやって来た

            2020/10/01(木) 20:00

            愛知県大府市では、ふるさと寄付金の活用先の1つ、緑化推進事業に関する記事をご紹介します。

            市内の二ツ池公園で、きれいな薄青の羽を持ち、長距離を移動し「旅するチョウ」と呼ばれる渡り蝶「アサギマダラ」が飛来している様子が確認されました。
            アサギマダラは秋の七草「フジバカマ」に飛来することが知られ、大府市では昨年からアサギマダラ飛来の拠点づくりとして、二ツ池セレトナにフジバカマを植えています。
            多い時で一度に5匹ほど集まり、二ツ池公園を訪れる人を癒しています。

            使い道 : ② 緑化推進事業  : 緑を守り育て、緑あふれるまちづくりを推進するための取り組み
            人気の返礼品 : エアウィーヴ マットレス 、生おせち 、名古屋コーチン卵食べ比べ

          • オレンジライトで~認知症にやさしいまちづくり~

            2020/09/30(水) 21:00

            愛知県大府市では『認知症に対する不安のないまちづくり』を推進するため、先進的な認知症対策の事業を進めています。
            9月は「世界アルツハイマー月間」のため、大府市役所庁舎とJR大府駅ロータリーにあるオレンジリングモニュメントをオレンジ色にライトアップし、認知症対策の啓発を行っています。

            使い道 : ⑤ 福祉・子育て推進事業
            人気の返礼品 : エアウィーヴ マットレス 、生おせち 、名古屋コーチン卵食べ比べ

          • オレンジライトで~認知症にやさしいまちづくり~

            2020/09/18(金) 19:45

            愛知県大府市では『認知症に対する不安のないまちづくり』を推進するため、先進的な認知症対策の事業を進めています。
            9月は「世界アルツハイマー月間」のため、大府市役所庁舎とJR大府駅ロータリーにあるオレンジリングモニュメントをオレンジ色にライトアップし、認知症対策の啓発を行っています。

            使い道 : ⑤ 福祉・子育て推進事業
            人気の返礼品 : エアウィーヴ マットレス 、生おせち 、名古屋コーチン卵食べ比べ

          • ふるさとおおぶ応援寄附金の使途報告を掲載しました

            2019/09/05(木) 09:35

            「ふるさとおおぶ応援寄附金」の主旨にご賛同いただき、誠にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。
            いただいた寄附金につきまして、使途報告を大府市HPに掲載しました。
            皆様からいただいた寄附金が、どのような事業に使われ、誰もが「住んでみたい、住んで良かった、住み続けたい」と思うまちづくりに活用されているかを、ぜひご確認ください。
            今後も、大府市では『健康都市』の実現を目標として邁進してまいります。応援よろしくお願いいたします。

            ・大府市HPのURL
            https://www.city.obu.aichi.jp/shisei/zaisei/furusato_nozei/1003708.html

          • バイオリニスト・竹澤恭子さんが広報大使に就任

            2019/03/04(月) 21:41

            大府市出身で世界を舞台に活躍する竹澤恭子さんが大府市広報大使に就任されました。
            広報大使は、バルセロナオリンピック男子柔道78キロ級金メダリストの吉田秀彦さん、女子レスリングオリンピック3連覇、国民栄誉賞受賞の吉田沙保里さんに次いで3人目です。

            岡村市長から委嘱状、名刺型のパネルを受け取った竹澤さんは「大府市の広報大使に就任することができ、光栄です。地元の皆さんには、幼い頃から温かい目で見守っていただきました。これからは、感謝の気持ちを込めて恩返ししていきたいです。育ててくれた大府市から引き受けた広報大使という使命なので、大府市を世界に発信していきたいです」と意気込みを話しました。
            竹澤さんには、ご自身のSNSやコンサートの場などで大府市をPRしていただきます。

          • 大府市シティプロモーションCMを作成しました!

            2018/12/31(月) 16:35

            愛知県大府市と人気YouTuberしゅなたんがコラボした大府市シティプロモーションCM「WE LOVE OBU」。
            大府市内のイイトコロで撮影を行い、しゅなたんの母校での撮影も行いました。

            参加してくれた市民やしゅなたんの大府市を多くの人に知ってほしいという想いをメイキングとしてまとめ、公開しました。
            どうぞご覧ください!
            https://youtu.be/WrcgZwJqFPs

          • 健康経営(R)ガイドブックを作成しました。

            2018/12/30(日) 16:29

            「健康経営(R)ガイドブック-業績アップの秘訣は戦略的な健康づくり!-」が完成しました。
             •「健康経営」の考え方がわかる!
             •健康経営の取組をPRできる!
             •健康づくり実践のヒントが見つかる!
            健康経営の基本から、実際の取組事例までを掲載したガイドブックです。
            従業員への配布や、講習会の資料等として活用していただいています。

          • インフルエンザ(中学3年高校3年)予防接種の助成

            2018/12/30(日) 16:18

            受験生の学習支援及び感染症の重症化予防として中学3年生と高校3年生の年齢相当の方を対象に季節性インフルエンザ予防接種費用の一部を助成しています。

          • 大府市シティプロモーションCMを作成しました!

            2018/11/01(木) 16:57

            大府市では、市の魅力を全国に発信するため、シティプロモーションCMを制作し、11月1日に公開しました。
            CMには、大府高校出身で10代20代に絶大な人気を誇り、登録者数10万人を超える人気YouTuberのしゅなたんが出演しています。
            https://www.youtube.com/watch?v=jKm4rp4YPmg&feature=youtu.be

          • 外国人のための防災講座を開催

            2018/11/01(木) 13:03

            7月14日、大府市消防本部で外国人のための防災講座が開かれ、市内外の事業所で働くベトナム・中国・インドネシア・フィリピン、ブラジルなど約140人の外国人が参加しました。
            この講座は、地震になじみの無い国から働きに来る外国労働者もいることから、地震の恐ろしさを紹介し、防災の技術や知識を高めてもらう講座として、平成16年度から開催しています。
            講義は日本語で行われ、国際交流協会会員や防火危険物安全協会会員事業所の職員らが通訳を担当しました。

          • 熱中症対策に使います!

            2018/08/13(月) 10:31

            気象庁が発表する全国観測値ランキング(最高気温の部)において、大府市は、暑いまちで有名な岐阜県多治見市や埼玉県熊谷市に負けず劣らずの暑さであるということが分かっています。
            8月6日(月曜日)の大府市の最高気温は全国500以上ある観測地点の中で8番目でした。

            いただいたご寄付は、市内の小中学校の普通教室へのエアコン設置を始めとするさまざまな熱中症対策に使います。

          • 竹澤恭子 学校訪問コンサート

            2018/08/01(水) 18:01

            6月18日、大府中学校で、大府市出身で世界的なバイオリニストとして活躍する竹澤恭子さんを招き、学校訪問コンサートが行われました。
            竹澤さんは、1982年3月に大府中学校を卒業し、1986年第2回インディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクールで圧倒的な優勝を飾って以来、世界を舞台にバイオリニストとして活躍されています。
            このコンサートは、市内の中学校に通う生徒が3年間に一度は一流の音楽を体験することができるよう、平成18年度から竹澤恭子さんを招き、開催しています。

          • 認知症を予防するための大府市プログラムが完成

            2018/06/12(火) 09:46

            大府市では、平成27年度から認知症不安ゼロ作戦と称して、国立長寿医療研究センターと共同で、認知症を予防するための大府市プログラムの作成を開始し、まち全体で認知症予防に向けた取り組みに参加できるスキームづくりを進めてきました。  
            今年3月にプログラムが完成し、市民に啓発するためのパンフレットを作成しました。
            認知症予防のための取り組みに積極的に参加してもらい、市民の健康づくりに役立てていただきます。

            監修・編集/国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター
            発行/大府市

          • 大府市健康にぎわいステーションオープン !

            2018/06/11(月) 09:28

            JR大府駅構内において、健康と観光をテーマとした施設「大府市健康にぎわいステーション(愛称:KURUTOおおぶ)」が4月27日に開館しました。
            健康総合企業の株式会社タニタが展開するタニタカフェとコラボレーションした「KURUTOおおぶ×TANITA CAFE」や観光案内所を通じて、市民の健康増進と地域のにぎわいづくりに寄与します。

            スマイルおおぶ「健康にぎわいステーション KURUTOおおぶオープン!」 https://youtu.be/crHMfFiTOAg

          • プラチナ長寿健診(フレイル予防健診)を実施

            2017/12/31(日) 22:35

            「プラチナ長寿健診」は、病気には至らなくても年齢を重ねるにしたがって生じる機能の低下を早期に発見する事を目的としています。
            これまで行われてきた病気を発見するための健診ではなく、脳とからだの健康度に着目した健診です。
            75歳以上の方を対象に、要介護状態のリスクを早期に発見するため、今の自分の状態を知ることから始めています。

            また、ふるさと納税の返礼品として、国立長寿医療研究センターの長寿ドックを選ぶことができます。

          • 給食残菜をバイオガス発電施設でリサイクルします

            2017/12/31(日) 21:57

            大府市では、平成25年4月に「大府市バイオマス産業都市構想」を策定し、同年6月に国のバイオマス活用推進会議において、バイオマス産業都市の第一次選定地域として認定されました。
            この構想の中核となる事業化プロジェクトとして、オオブユニティ株式会社が平成27年8月に稼働を開始した横根バイオガス発電施設で、小中学校及び保育園の給食の残菜をリサイクルします。
            バイオガス発電施設に搬入された給食残菜は、メタン発酵させることでバイオガスが回収できます。
            回収したバイオガスを燃料として、発電機で発電することにより、再生可能な自然エネルギーとして生まれ変わります。
            また、メタン発酵残渣から堆肥を生産することも計画しています。
            小中学校及び保育園における資源の有効活用を進めるとともに、子どもたちの食育や環境教育にも役立ててまいります。

          • 小中学校で学校給食に自校方式をとっています。

            2017/12/31(日) 20:05

            大府市では、小学校9校・中学校4校全てに給食室を設置し、各学校で調理を行う自校方式をとっています。
            自校方式の利点は・・・   
            温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たいまま提供することができます。 
            配送時間が不要なため、調理に時間をかけることができ、手間をかけた調理ができます。
            食物アレルギーに対応した除去食・代替食の調理ができます。
            児童生徒が、給食調理員と直接触れ合うことができます。
            学校毎で、児童生徒から募集した好評な献立の提供ができます。

          • 中学生への無料学習支援(まなポート)の実施

            2017/12/31(日) 18:58

            大府市では、子育て支援策の一つとして、中学生に対する無料学習支援(まなポート)を行っています。
            これは、子ども達が学習できる環境作りをサポートすることにより、中学生の基礎学力を向上させ、市の学習水準を更に引き上げるもので、市内4か所(中学校区ごと)の公民館で実施しています。
            身近な施設で、地元大学の学生ボランティアが先生となることで、気軽な参加を促します。
            地域の大人が地域の中学生を教えるという地域密着型の事業として展開しています。

          • 放課後児童健全育成事業(放課後クラブ)を実施

            2017/12/31(日) 15:00

            放課後児童健全育成事業(放課後クラブ)は、保護者が労働などで昼間家庭にいない小学生に対し、授業の終了後や土曜日・夏休み等に小学校内クラブ室、児童センター等を利用して適切な遊び及び生活の場をあたえて、その健全な育成を図るものです。

            通常の小学校登校日は下校時から午後7時までですが、放課後クラブ延長預かりサービス(午後7時から午後8時まで)も実施しております。

          • ロビーコンサートを実施しています

            2017/12/31(日) 10:15

            市役所1階のロビーでミニコンサートを開催しています。
            小さなお子様からご年配の方まで、ベビーカーでも車椅子でもご来場いただけます。
            出演者は地元・大府市や愛知県にゆかりのある演奏家のみなさんです。
            さまざまな楽器の演奏を身近な市役所で、お気軽にお楽しみいただけます。 

          • レクチャーコンサート「鈴木政吉と大府」

            2017/12/31(日) 06:38

            1月20日にレクチャーコンサートをおおぶ文化交流の杜allobuで実施します!
            大府市ゆかりの鈴木政吉が円熟期に製作した高級手工ヴァイオリンは、現在ではほとんど残っていませんが、そのひとつが所有者の松浦正義氏から愛知県立芸術大学に寄贈された1929年製の楽器です。
            一枚板で作られた裏の模様が見事な逸品で、修復後、2014年5月に行われたお披露目演奏は大きな反響を呼びました。
            それ以降、この楽器を使って明治大正の音楽会を再現する試みなど、さまざまなコンサートが行われています。
            半世紀の眠りから覚めた政吉ヴァイオリンは、演奏を重ねるにつれ、楽器の音がつややかに鳴り響くようになり、あでやかさを増しています。

            今回のレクチャーコンサートでは、鈴木政吉と大府とのかかわりを中心にしたレクチャーと共に、ヴァイオリニストの桐山建志氏の演奏で鈴木政吉作の楽器の魅力をお楽しみいただきます。

          • プラチナ長寿健診(フレイル予防健診)

            2017/12/30(土) 22:05

            「プラチナ長寿健診」は、病気には至らなくても年齢を重ねるにしたがって生じる機能の低下を早期に発見する事を目的としています。
            これまで行われてきた病気を発見するための健診ではなく、脳とからだの健康度に着目した健診です。
            75歳以上の方を対象に、要介護状態のリスクを早期に発見するため、今の自分の状態を知ることから始めています。

          • おおぶ・あったか認知症カフェ

            2017/12/30(土) 20:07

            認知症カフェとは、認知症の人やそのご家族をはじめ、認知症の人に関わる専門職や、地域住民の誰もが気軽に集い、参加することができる居場所のことです。
            大府市では、認知症になっても安心して暮らせるまちを目指して、認知症の人やそのご家族を支援する様々な取組を進めています。

            認知症カフェの設置を推進するために、市内で開設・運営され、所定の要件を満たす認知症カフェを、「おおぶ・あったか認知症カフェ」として登録する事業を実施しています。

          • コグニサイズジムを設置しました!

            2017/12/30(土) 12:07

            国立長寿医療研究センターが開発に協力した軽度認知障害(MCI)改善を目的としたエルゴメーター「コグニバイク」4台を保健センターに設置し、コグニサイズジムとして12月18日より開設しました。
            コグニバイクは、ペダルを踏む運動をしながら、同時に正面に設置されている画面を見て認知機能訓練を行うことができます。
            これまでの国立長寿医療研究センターの研究で、運動と認知機能訓練を同時に行う「コグニサイズ」が認知症予防に有効であることが実証されています。
            コグニバイクは、このコグニサイズが実践できる機器です。

          • 大府子ども歌舞伎発表会を開催します!

            2017/11/17(金) 09:28

            小学生を対象とした「子ども歌舞伎教室」を開催し、新城 山・臼子歌舞伎保存会から講師を招き、せりふや所作の指導を受けてきました。子どもたちが練習の成果を披露しする発表会を開催します!

            演目
            第1幕 青砥稿花紅彩画 稲瀬川勢揃いの場
            第2幕 曽我十二時 揚巻助六の場

            出演:大府子ども歌舞伎教室小学1年から6年までの子ども達16人
            日時:12月16日(土曜日) 午後2時開演
            場所:おおぶ文化交流の杜allobu こもれびホール
            解説・アドバイザー:安田文吉(東海学園大学特任教授・南山大学名誉教授)
            舞台監督・振付指導:中村熊昇(新城 山・臼子歌舞伎保存会会長)

          • 子ども落語教室「大府の笑学校」落語会を開催

            2017/09/29(金) 18:17

            子ども落語教室「大府の笑学校」落語会を開催しました。

            「大府の笑学校」は日本の伝統文化に親しんでもらうことを目的に平成17年にスタートしました。
            これまでに落語家の立川晴の輔さん、柳家花ん謝さん、桂紅雀さんを講師に迎えており、一昨年からは、三遊亭歌太郎さんが講師を務め、17人の児童がこの教室を受講し、練習を重ねてきました。

            落語会の開演に先立ち、講師を務めた三遊亭歌太郎さんが「子どもたちは今日のために一生懸命稽古してきました。最後までお楽しみいただき、大いに笑ってあげてください」と挨拶し、「今日は笑うぞー」「オー」と掛け声をあげました。
            子どもたちは「てんしき」や「寿限無」など練習してきた落語を披露したほか、大喜利ではダジャレや「かつお」「つきみ」を使ったあいうえお作文に挑戦しました。
            子どもたちが自分なりのアレンジを加えた落語や、大喜利での個性的な回答に会場は笑いに包まれました。

          • 大府市英語検定受験料補助

            2017/08/07(月) 09:12

            大府市では、公益財団法人日本英語検定協会が実施する実用英語技能検定の受験機会の拡大を目指し、中学生の英語力及び学習意欲の向上を図ることを目的に、英語検定受験料の補助を行います。

          • すくすく子育て応援セミナーを開催

            2017/07/11(火) 18:52

            7月2日(日曜日)に「すくすく子育て応援セミナー」を開催しました。
            講師にはお茶の水女子大学名誉教授の榊原洋⼀先生をお招きし、子育てを支援する方向け(第1部)と⼀般向け(第2部)の2部構成でお話しいただきました。
            第1部では、脳科学に基づく子どもの発達に応じた関わり方や保護者への支援の方法を、第2部では子育て中の方たちの疑問を解消する講演をいただき、第1部終了後にランチョンセミナーを開催し、食事をしながら専門家の先生方と懇談していただきました。

            また、講演会後にはブースイベントとして、名古屋大学教授の永田雅子先生による子どもの発達についてのミニ講座と助産師、保健師、管理栄養士、歯科衛生士による子育てに関する個別相談会を開催しました。

          • 中学生への学習支援(まなポート)開始

            2017/06/21(水) 12:47

            中学生に対する無料学習支援(まなポート)を開始します。
            これは、子ども達が学習できる環境作りをサポートすることにより、中学生の基礎学力を向上させ、市の学習水準を更に引き上げるもので、市内4か所(中学校区ごと)の公民館で実施します。
            身近な施設で、地元大学の学生ボランティアが先生となることで、気軽な参加を促します。地域の大人が地域の中学生を教えるという地域密着型の事業として展開します。

          33件中1~30件表示