ふるさとチョイス お礼の品でチョイス

GCFとは?

【プロジェクト延長!】世界記憶遺産国内審査通過!杉原千畝を後世に伝えよう!

main_img
達成金額 9,839,000
98.4%
目標金額:10,000,000円
達成率
98.4%
支援人数
317
終了まで
受付終了

岐阜県八百津町
岐阜県加茂郡八百津町

お気に入り
このプロジェクトは終了しました
プロジェクト締切日:2015年11月30日~2015年12月31日(32日間)
プロジェクトオーナー

プロジェクトオーナー:岐阜県八百津町

みなさんは杉原千畝をご存じでしょうか?世界中のユダヤ人から日本のシンドラーと呼ばれて、全世界の人たちから尊敬の念をむけられている八百津町出身の外交官「杉原千畝」。彼は、ユダヤ人へのビザ発給により約6千人もの尊い命を救った外交官ですが、ごく一般の家庭で育った普通の人でした。そんな彼が国際人としての資質を持ち、ユダヤ人大虐殺が行われた第二次世界大戦という環境の中で、人間として偉大な行為を行ったのです。今回、杉原千畝が人道主義、博愛精神に基づき行った日本通過ビザ発給の記録は、世界記憶遺産として文部科学省ユネスコ国内委員会の国内審査を通過しました。今後は3月までにパリのユネスコ本部に本申請をすることとなり、ぜひ世界記憶遺産として登録されるように、全力を尽くします。

杉原氏の博愛の精神を日本国内のみならず広く海外に、そして未来へ継承し、国内外にアピールしていくためにどうぞご協力をお願いします。

みなさまの寄附は世界記憶遺産への登録のための様々な事業や杉原千畝記念基金に積み立てるなど有効に活用します。

目標金額達成のお礼と、新たな目標に向けて

プロジェクトをご支援いただきましたみなさまへ

このたびは【世界記憶遺産国内審査通過!杉原千畝を後世に伝えよう!】へのご支援いただきまして、誠にありがとうございました。みなさまのおかげで無事に目標達成することができました。
みなさまの熱い「おもい」に応えられるよう全力で事業に取り組んで参ります。本当にありがとうございます!

さらなる目標へ向けて・・・プロジェクト延長のお知らせ

12月5日からは映画「杉原千畝 スギハラチウネ」の全国公開が開始致します。杉原千畝の博愛の精神を日本国内のみならず広く海外に、そして未来へ継承し、国内外にアピールしていくため、プロジェクトを期間終了まで延長させていただくことになりました。

今回のプロジェクト延長での具体的な事業として『杉原千畝シンポジウム(仮称)』に活用します。このシンポジウムはユネスコ記憶遺産への登録を目指し、杉原千畝の縁地等でマスコミを通じて広く告知することを視野に、多くの方々が「杉原千畝」の名前と功績を正しく理解することとともに、ユネスコ記憶遺産への登録につながることを目的にしています。

みなさまから頂きましたご寄附は、このシンポジウムだけでなく『世界記憶遺産への登録のための様々な事業』や、『杉原千畝記念基金』に積み立てるなど有効に活用します。

引き続き、プロジェクトの応援をよろしくお願い致します。

このプロジェクトは終了しましたよ

約6千人もの尊い命を救った杉原千畝

杉原千畝

杉原一家(後列中央が千畝)

1900年、八百津町で誕生した杉原千畝(すぎはらちうね)は、ごく一般の環境と家庭の中で生まれ育ちました。小さい頃からおとなしくて優しい性格。それでいて一度自分で決めたことは必ずやり通すという熱血漢だったといいます。

英語教師となる夢を目指し大学で勉学に励みますが、生活が苦しくなったために公費で勉強ができる外交官留学生試験に猛勉強の末合格し、後に外交官として歩みはじめます。

リトアニア・カウナスでユダヤ人へのビザ発給

1939年、千畝はリトアニアの首都カウナスに日本領事館開設を命じられます。この頃、戦火はヨーロッパ中に拡大、ヒトラーによるユダヤ人迫害も激しさを増し、多くの人々が強制収容所に送られました。

杉原千畝

ビザを求めるユダヤ避難民たち

1940年7月、こうしたナチスの迫害から逃れるため、日本の通過ビザを求めて多くのユダヤ人が領事館前におしかけました。

「ビザを発行してもいいですか?」日本の外務省に宛てた電報に返ってくる答えは「正規の手続きができない者にビザを発行してはいけない」というものでした。

杉原千畝

千畝が発給した「命のビザ」

「私の一存で彼らたちを救おう。そのために処罰をうけてもそれは仕方がない。人間としての信念を貫かなければ」と決心した千畝は、独断でビザを発給。ひとりでも多くの人を救おうと、寝る間も惜しみ、万年筆が折れ、腕が腫れ上がるほど日々懸命にビザを書き続けました。

発給されたビザは、番号が付され記録されているものだけでも2,139枚にのぼり、これにより約6千人もの尊い命が救われました。まさに「命のビザ」でした。

「命のビザ」をユネスコの世界記憶遺産へ!

杉原千畝

八百津町は、杉原千畝が発給した「命のビザ」の記載があるパスポートなどを「杉原リスト-1940年、杉原千畝が避難民救済のため人道主義・博愛精神に基づき大量発給した日本通過ビザ発給の記録」として、ユネスコの世界記憶遺産に申請しました。

戦争という悲惨な状況下で行った人道的行為は、現代でも広く伝える意義がある、と考えています。

このたび文部科学省のユネスコ国内委員会による国内審査を通過し、今後は3月までにパリのユネスコ本部に本申請をすることとなり、2017年の登録を目指して今後も活動を続けていきます。

ユネスコ世界記憶遺産とは・・・
「世界遺産」「無形文化遺産」と並ぶ世界三大遺産事業の一つで、人類の貴重な文書、書籍、写真などの資料(動産)を保存し、広く一般に公開するための事業。アンネの日記やフランスの人権宣言などが登録されている。

杉原千畝

今回のプロジェクトでいただいたご支援は、世界記憶遺産への登録のための様々な事業や杉原千畝記念基金に積み立てるなど有効に活用します。

杉原千畝の博愛の精神を日本国内のみならず広く海外に、そして未来へ継承し、国内外にアピールしていくために大切につかわせていただきます。

このプロジェクトは終了しましたよ

終戦70年の時を経て「杉原千畝」がスクリーンに甦ります!

杉原千畝

今年の12月、この「杉原千畝」にスポットを当てた東宝系映画「杉原千畝 スギハラチウネ」が全国公開されます。

主演は唐沢寿明さん。さらに、他の出演者には小雪さんや塚本高史さん、音楽担当には大河ドラマ「龍馬伝」、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」、「永遠の0」などを担当した佐藤直紀さん、監督には映画「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」でUSユニットの監督を務めたチェリン・グラックさんなど、そうそうたる顔ぶれです。

約6千人もの尊い命をナチス・ドイツの迫害から救った杉原千畝の生涯をぜひスクリーンで!

八百津町で杉原千畝を知る「杉原千畝記念館」

八百津町では、杉原千畝の功績を後世に伝えるため、生まれ育った八百津の街が一望できる高台に杉原千畝記念館を建設。館内には、千畝が発給した「命のビザ」のレプリカや、1940年当時のカウナス日本領事館執務室を再現した「決断の部屋」などがあり、千畝の生涯を知ることができます。

平成27年にはリニューアルし、「ユダヤの歴史に人権と人道愛を学び、八百津から世界に発信する記念館へ」をコンセプトに教育の場としても利活用できる記念館として生まれ変わりました。

杉原千畝

杉原千畝記念館

杉原千畝

決断の部屋

また、杉原千畝記念館の一帯は「人道の丘公園」として整備されており、「世界平和」をテーマにしたシンボルモニュメントや、千畝が書き続けた幾枚もの「命のビザ」をモチーフにした「命のビザモニュメント」などを見ながら、緑豊かな八百津町の景色を楽しむことができます。

杉原千畝

人道の丘公園のシンボルモニュメント

杉原千畝

命のビザモニュメント

杉原千畝

記念館前に建つ杉原千畝像

杉原千畝

人道の丘より八百津町市街地を望む

杉原千畝が生まれ育った自然豊かな地に建つこの記念館で、千畝の真の姿に触れてみてください。八百津町は「人道のまち」として、これからも杉原千畝が教えてくれた博愛の精神を世界に発信していきます。

このプロジェクトは終了しましたよ

八百津町のお礼の品をご紹介!

お礼の品

※杉原千畝記念館オリジナルしおり、オリジナルペーパーウェイトは、寄附件数確定後に作成に入るため、
プロジェクトが終了した約1ヶ月後の発送となる為、お礼の品とは別送となります。何卒ご了承ください。
なお、この記念品はこのページからの申し込みに限ります。何卒よろしくご了承ください。

※期間延長に伴い記念品製作開始時期が延期になりました。発送まで今しばらくお待ちください。

GCF限定!!】10,000円以上の寄附でもらえる

信州りんごの酢~ふじ~

■りんごのプレミアムフルーツビネガー
内堀醸造様のご協力で、酢本来の美味しさを追求して完成したプレミアムフルーツビネガーをガバメントクラウドファンディング限定でお届けします。
芳醇で濃厚な甘味を持つ長野県産のふじりんご果汁から丁寧にりんご酢を造り、ふじりんご果汁を加えて仕上げました。無香料、糖類無添加。自然の甘味と酸味のバランスが良く、酢本来の美味しさを追求して完成した製品です。
飲用の場合は水、牛乳等で3倍に希釈して下さい。

・信州りんごの酢~ふじ~
(500ml ×2本 セット)

20,000円以上の寄附でもらえる

肉の御嵩屋厳選セット

■肉の御嵩屋厳選セット
肉の御嵩屋様の人気商品を集め、セットにしました!
炭火焼豚:岐阜県産の豚肩ロースを使用。地元の醸造元特製醤油をベースにした自家製のタレで一晩ねかせ、さらに地元産木炭で焙り焼きにしました。
煮豚:厳選された豚の肩ロースを使用し、自家製のタレで煮込み、さらに一昼夜漬け込んで作った逸品です。
炭火焼豚丼の素:炭火焼豚の「切り落とし」を使用しています。

・肉の御嵩屋厳選セット
(炭火焼豚:2個、煮豚:2個、炭火焼豚丼の素:3個)

【12/9追加】30,000円以上の寄附でもらえる

純米大吟醸「山水渡風」

■【50セット限定】蔵元やまだ(純米大吟醸玉柏)

平成27年度名古屋国税局酒類鑑評会吟醸酒の部において優等賞を受賞!

最高級の酒米「山田錦」の特性を最大限引き出し、麹菌、酵母菌が醸す自然界の力を利用し、とことん拘り抜いた杜氏の技と魂が結集した最高傑作の逸品です。ラベルには世界無形文化遺産に登録された美濃和紙に笹の葉を漉き込んでいます。

・純米大吟醸玉柏 1.8l

※寄附の確認ができ次第順次発送準備に入ります。

飛騨牛プレミアム肩ロースセット

■肉の御嵩屋(飛騨牛プレミアム肩ロースセット)
なんと贅沢!肉の御嵩屋様から厳選した飛騨牛をスライスしてお送りします!みなさまのご家庭でどうぞ!

・岐阜県産 飛騨牛A4等級以上 肩ロース スライス 1kg

※御嵩屋様の仕入れの状況により受付を休止させて頂く場合がございます。冷蔵状態での発送のためご連絡をすることがあります。ご連絡がとれない場合、冷凍にて発送することがあります。何卒ご了承ください。大変好評のため原則薄切りスライスでの発送となります。ご了承ください。

120,000円以上の寄附でもらえる

飛騨牛ロース堪能セット

■肉の御嵩屋(飛騨牛ロース堪能セット)
肉の御嵩屋様から、A4等級以上の飛騨牛ロース肉を十分に堪能できる超豪華セットをご用意しました!
ステーキ、すき焼き、焼き肉に!容量もご家族みんなで楽しめるたっぷりサイズです。
(※画像はイメージです。)

・岐阜県産 飛騨牛A4等級以上
(サーロイン:約180~200g×4枚、すき焼き用:約800g、焼肉用:約800g)

200,000円以上の寄附でもらえる

【特選】八百津プラン!

■12ヶ月毎月届く!【特選】八百津プラン!
一年間、特産品の送付をいたします。以下が一年間の予定です。
お礼の品は毎月(25日前後を予定)配送のため、お届け日をご指定頂くことができません。ご了承お願い致します。

お礼の品
【 特選八百津プランの詳しい内容はコチラから 】

【12/9追加】400,000円以上の寄附でもらえる

春の八百津特選プラン!

■【5セット限定】杉原千畝の出生地「八百津」をお二人で!春の八百津特選プラン!
お二人で杉原千畝の出生地「八百津」をプリウスタクシーで満喫しませんか?
選べる観光スポットや食事・お土産付きなど特典いっぱいです。

■注意点は下記のとおりです。
※予約は3月中旬以降となります。
※原則、木・金曜日に開催します。また突然の休館日・店休日・営業時間外で見学が出来ない場合、行程が変更になることがあります。
※添乗員は同行いたしません。
※2名様までご乗車いただけます。
※料金に含まれているもの・タクシー貸切代・各施設の利用料・宿泊費・食事代・お土産(当町の特産品 飛騨牛堪能セット)

【 春の八百津特選プランの詳しい内容はコチラから 】
このプロジェクトは終了しましたよ

【必ずご確認ください】年末年始の取り扱いについて

平成28年度の税控除は平成27年1月~12月のご寄附が対象になり、年内のご入金が必要です。お早めの手続きをよろしくお願いいたします。 本ページからお申込みの場合、

カード決済 12月31日までにお申込み・決済完了していただけば、平成27年の寄附金として取り扱いをさせていただきます。
納付書払い
郵便振替
12月20日までにお申込みいただきますと、年内の支払用紙の郵送をさせていただきます。
届きましたら12月30日までに必ずお支払をお願いします。

※クレジットカード決済の場合 クレジットカード決済は年末まで有効ですが、仮にお手続きでエラーが出た場合、年内のご入金が完了しない可能性がございます。エラーの際には年明けのご連絡になります。確実にお手続きいただくには、お早めの決済をよろしくお願いいたします。

このプロジェクトは終了しましたよ

岐阜県八百津町

map

八百津町は、岐阜県の東南部に位置し、北には飛騨川南には木曽川が流れ、町の西部は海抜120m前後の河岸段丘に沿って住宅、農地が広がり、東部は海抜500m~600mの高原になっていて、集落が点在しています。自然環境に恵まれ、蘇水峡、五宝滝等の美しい自然景観や八百津だんじり祭り・久田見祭りでは多くの見物客でにぎわいます。八百津町は栗きんとん発祥の地であることと、第二次大戦中、ユダヤ人へのビザ発給により約6千人もの尊い命をナチス・ドイツの迫害から救った「杉原千畝」の生誕地であることで有名。