• TOP
  • 過去実績
  • 纒向遺跡から出土した”卑弥呼の宮殿跡”を柱を立てて復元したい

纒向遺跡から出土した”卑弥呼の宮殿跡”を柱を立てて復元したい

奈良県桜井市 奈良県桜井市

main_img

寄附募集期間:2017年12月1日~2018年2月28日(90日間)

寄附金額
1,611,000
支援人数
112
達成率
17.9%
目標金額
9,000,000円
終了まで
受付終了

奈良県桜井市

プロジェクトオーナー

 奈良県桜井市の纒向(まきむく)遺跡は、3世紀代を中心に営まれた広大な遺跡です。我が国の生い立ちにかかわるヤマト王権発祥の地であり、何よりも女王卑弥呼が都とした邪馬台国ではないかとされ、国のはじまりの遺跡として注目されています。とくに、平成22年の調査で見つかった大型の建物と東西に規則的に配置された建物遺構は、卑弥呼の宮殿かと大きな話題となりました。現在、遺構は埋め戻されていますが、目に見えるようその建物の柱を立てて、古代史最大の謎解きを体感していただきたいと考えました。本事業に皆様のご支援をお願いします。

奈良県桜井市

桜井市は、国のはじまり、日本文化のふるさとの地です。我が国の生い立ちに関わるヤマト王権は、この地で起こり、やがて国家として成長していきました。市内には、このヤマト王権発祥の地とされる纒向遺跡や箸墓古墳などの遺跡や古墳をはじめ、歴史の証を伝える大神神社や長谷寺、談山神社など数多くの歴史的文化遺産があります。また、記紀万葉に綴られた日本文化の源流となるような、さまざまな物語が伝えられています。古代の英雄ヤマトタケルミコトが詠んだ「大和は 国のまほろば…」の歌そのままに、すばらしい自然と歴史に恵まれたまちです。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

このクラウドファンディングは『ふるさと納税』対象事業です!

ふるさと納税とは、自治体への寄附金のことです。個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民税のおよそ2割程度が還付、控除される制度です。

ふるさと納税をもっと知る
私はふるさと納税をいくらできる?(寄附金控除額のめやす)
ふるさとチョイスのガバメントクラウドファンディングについて

桜井市は国のはじまりの地、
古代史解明の鍵を握る遺跡や古墳の宝庫

多くの史跡を抱え保存整備が進まない

桜井市は、飛鳥時代以前の国の中心地であり、日本国の生い立ち、古代史解明の鍵を握る非常に重要な遺跡や古墳の宝庫です。
纒向遺跡をはじめ国指定の史跡だけでも16件あり、これは、市町村が管轄する史跡の数としては、全国的にも突出しています。
行政では、これらの遺跡の保存活用のために発掘調査や史跡整備事業を進めていますが、限られた財源の中でなかなか思うように事業を進めることができないのが現状です。

また、年次計画的に事業を進めている中で、優先順位の変更や新たな財源を確保することは、非常に困難なことであり、その度、見直しをおこなっていると計画自体が立たなくなってしまいます。
発掘調査において貴重な発見があっても、すぐに史跡整備を進めて皆さんの目に触れるようにすることはできません。

纒向遺跡の整備をみんなの力でスピーディに

卑弥呼の宮殿のような建物遺構が出土したときいて、たくさんの方に纒向遺跡を訪れていただいています。
しかし、実際に現地を見た方からは「建物の様子がわかるものが何もない、がっかりした」といった話をよく聞きます。

確かに、今は埋め戻されていて、どこにあったのかわかりません。
ですが何とかして、訪ねてこられた方に纒向遺跡を目に見えるようにしたい。実感していただきたい。

そこで、この重要な遺構をできるだけ早く目に触れるようにするため、古代史ファンや纒向遺跡にご理解のある方々の力もお借りして、別途事業を推進しようと今回のプロジェクトを立ち上げました。

本プロジェクトの概要 柱を立てて遺跡の見える化を図る

皆さんからいただきました寄付金は、卑弥呼の宮殿跡とされる建物遺構を目に見えるものにするために、その場所に柱を立てて、見学しやすいように周辺整備を行う費用にいたします。

また、今回のプロジェクトにあたっては、別途、桜井木材協同組合から柱に使う木材の提供をいただきました。
目標額につきましては、総事業費の3/4を設定しています。本事業につきましては、寄付金の目標額達成にかかわらず進め、募集期間が終了するころには、完成する見込みとなっています。

これからの纒向遺跡のためプロジェクトにご協力を

纒向遺跡の調査は、まだ数%しか進んでおらず、これからも整備保存を要する重要な遺構が多く出土するものと予想されます。
時間のかかる本格的な史跡整備事業を待たずして、調査結果を少しでも早く目に見えるように、という声に応えるために市と皆様からの寄付を財源とした本プロジェクトを企画しました。
今後もこうした取り組みが継続できますよう、纒向遺跡にご理解のある皆様、考古学に興味のある皆様のご協力をお願いいたします。

なお、今回ご寄付をいただいた皆様方には、桜井市纒向学研究センター(所長 寺沢薫)が発行しております機関紙「纒向考古学通信」を3年間にわたって送付させていただき、遺跡の調査や保存整備の状況などをお知らせいたします。


  • GCFとは?

このプロジェクトへの応援メッセージ

  • 纒向という緻密に設計されているであろう、そして、壮大な遺跡に
    驚愕するとともにワクワクしております。
    大変なご苦労がおありでしょうが、今後の発掘成果に期待しております。

    2018年1月28日 22:15

  • 日本の国始まりの地、纏向から全国・世界に向け日本の歴史を伝えよう

    2018年1月20日 8:22

  • 纏向遺跡は魏志倭人伝の邪馬台国かどうかということ以上に、後の大和朝廷の前身となる祟神天皇、垂仁天皇、景行天皇の都であったのではないか?であるなら祟神天皇の時代に活躍したという、桃太郎のモデルと言われる吉備津彦命が活躍した舞台であり、日本神話上最も活躍した悲劇のヒーロー日本武尊の出生地である可能性をもっとアピールして欲しいと思います。
    また同時代には都怒我阿羅斯人や天日矛等の渡来人の伝承もあり、魏志倭人伝に止まらない魅力があると思います。
    遺跡の発掘調査とピーアールを頑張ってください。

    2018年1月19日 15:02

  • ヤマト王権の発生場所である纏向遺跡の全容解明に大きな期待を寄せております。とてもわくわくします。

    2018年1月9日 13:01

  • レンタサイクルで纏向+唐古・鍵周辺まで巡ることが出来れば、古代史への想像も広がります。現地で地図を見て思いました。
    纏向遺跡を訪問する方が、更に増えますように!

    2018年2月1日 13:02

  • 奈良県の魅力向上を応援しています

    2018年1月25日 23:10

  • 纏向遺跡の全体像が1日も早く見えてくるのを期待します。

    2018年1月25日 12:10

  • 宮殿跡の復元を楽しみにしています。
    柱は絶対に木材にしてください。

    2018年1月21日 19:47

  • 纏向遺跡は地域の財産であると同時に、国の財産でも有ると思います。是非 見える形でもっと広く全国の方々にも知ってもらいたいと思います。

    2018年1月13日 20:30

  • 纏向遺跡周辺が奈良県の新たな人気観光地となりますように。

    2018年1月13日 0:59

  • ぜひ実現してください。

    2018年1月6日 14:04

  • ぜひ柱を建てて、邪馬台国纒向説を全国にアピールいたしましょう!

    2018年1月6日 5:43

  • 邪馬台国畿内説の証明応援してます

    2017年12月31日 15:54

  • こんな企画があるもんなんだとビックリしました!卑弥呼の神殿をまさか見られるかもしれないなんて!楽しみにしてます~!

    2017年12月31日 8:33

  • 寄付しておいて言うのもなんですが、纏向に派手な演出は不要です。がっかりスポットなんてとんでもない。その場に立っただけで十分にエキサイティングです。

    2017年12月28日 21:56

  • 奈良県の宿泊客は全国で最下位に近い所にあります。
    解決策としては、1泊して奈良市以外に行きたい魅力的な場所を作る必要がある。
    邪馬台国・卑弥呼は小学生でも知っており歴史的な知名度NO1を誇っています。
    歴史・文化的資源としては勿論ですが、観光資源としても飛鳥・纏向をもっと売り出す必要があると考えています。
    その為の一助として頂ければ幸いです。

    2017年12月26日 10:24

  • 卑弥呼.邪馬台国の大ファンです。今までに関連書籍は50冊ほど読みました。このプロジェクトが大成功するよう祈願しています。

    2017年12月25日 7:25

  • 期待しています。頑張って下さい!

    2017年12月19日 22:03

  • 古代の遺跡が多くある、ふるさと桜井を、全国に発信してください。遺跡・古墳めぐりマップの作製、観光案内ボランティアの育成、道の駅の設置など、やれることはたくさんあると思います。桜井駅の観光案内所も何度か行きましたが、情報発信がうまいとは言えません。
    応援しますので、頑張ってください。

    2017年12月19日 10:20

  • 邪馬台国は当然畿内説です。頑張ってく下さい。

    2017年12月18日 22:02

はじめての方へ