ふるさとチョイス お礼の品でチョイス

GCFとは?

【緊急】平成29年九州豪雨 災害支援活動にご協力をお願いします

main_img
達成金額 8,065,775
268.9%
目標金額:3,000,000円
達成率
268.9%
支援人数
446
終了まで
6日 / 26日

佐賀県NPO支援
佐賀県NPO支援

お気に入り
プロジェクト締切日:2017年7月6日~2017年7月31日(26日間)
プロジェクトオーナー

プロジェクトオーナー:佐賀県NPO支援×アジアパシフィックアライアンス・ジャパン(A-PAD・ジャパン)

平成29年7月5日頃より九州地方で被害をもたらしている豪雨災害への支援活動を行います。
記録的な豪雨に見舞われ、土砂崩れの危険性が高い地域、孤立した地域、緊急的に救助・支援が必要な地域が出ています。
このような状況を受け、NPO法人アジアパシフィックアライアンス・ジャパン(A-PAD・ジャパン)は被災した方々への支援を行うことを決定しました。

たくさんの応援誠にありがとうございます!

皆様のおかげで被災地で迅速な支援活動ができています。
温かいご支援誠にありがとうございます。

A-PADジャパンを含むレスキューチームの活動報告

写真

A-PADジャパンを含むレスキューチームは、発災直後の6日早朝から車両と水陸両用車、へりで被災地に向かい、特に豪雨の被害がひどかった福岡県朝倉市内に入りました。

まず救助犬による行方不明者の捜索活動を開始。天候がすぐれないなか、3日間にわたって自衛隊や消防などと協力しながら捜索にあたりました。

 

写真

朝倉市の災害対策本部や避難所をまわり、必要とされている物資のニーズを調査。その結果を受けて配布物資を決定し、提携する複数の企業と協力して、支援を実施。

7、8日に朝倉市内の4カ所の避難所(フレアス甘木、杷木中学校、久喜宮小学校、光陽高校)で、下着1800枚、靴下1200足、マットレス100枚、タオル160枚、ブルーシートなどを配布しました。

感謝の声

豪雨の影響で自宅にいられず、ヘリで避難所までたどり着いたという85歳の女性は、下着を受け取ると「ヘリで逃げるときにずぶ濡れになったけど、避難所では洗濯ができんかったけん、うれしか」と、3日ぶりに着替えられる喜びをかみしていました。

また、避難所を運営する市役所の担当者は、「依頼して翌日に希望した物資が届き、その早さに驚いた」と話しています。

 

まだまだ支援活動が必要です

写真

豪雨の被害にあった被災地では、雨が断続的に降り続いています。
体育館や公民館などの避難所に身を寄せるのは、福岡・大分両県合わせて2200人以上(7月8日時点)。孤立集落から救助されるなど着の身着のまま難を逃れ、家に帰れないまま、風呂に入れず、着替えることもできずに不安な時間を過ごす人が今も大勢います。

皆様に代わり、引き続き支援活動を続けていきます。
この支援活動への応援をよろしくお願い致します。

 

 

九州(福岡・大分)地域を襲っている豪雨災害により甚大な被害が出ています

写真
大きな被害を受けた被災地の様子
写真
豪雨により大量の土砂が流れ込んでいる区域

 

佐賀県とNPO法人A-PADジャパンは協働して本災害で被害をうけた地域を支援します。

佐賀県とNPO法人A-PADジャパンは協働して本災害で被害をうけた地域を支援します。
被災地で支援を行う活動に是非ご協力をお願い致します。

⇒ 「A-PADジャパン」について(外部リンク)

いただいた御寄附は災害支援活動を行うための物資等に活用させていただきます。

※被災地での支援活動中、必要となる物資など現場の状況も変わってくるため、プロジェクトの途中で目標金額上限を変更させていただく場合がございます。災害現場において緊急な対応が必要な場合が多くあるため何卒ご了承ください。

佐賀県NPO支援

佐賀県のふるさと納税は、みなさまが支援したい佐賀県内のNPO等を指定して寄附することができます。お返しの品は指定されたNPO等が自らの創意工夫で送ることで、県の事務経費を抑え、できる限り多くの額を指定されたNPO等にお渡しし、“自ら考え行動する自発の地域づくり”を応援しています。

このGCFへの応援メッセージ

東京都武蔵野市でクリニックを開業しているものです。暑い中での復旧作業は大変だと思います。作業に従事している方、くれぐれも、熱中症に注意をしてください。頑張ったなと思ったら、休む。頑張ったなと思ったら、休む。無理しすぎて体を壊すことを、佐賀の方決して望んでいないと思います。スポーツドリンク、カフェインなしの栄養ドリンクなどの購入に、使っていただけたらと思います。
一日も早い復旧を心よりお祈りしております。
2017年7月17日 14:53
遠方で、かつ健康面で十分な働きができませんのでボランティアに参加できずもどかしい思いでおります。
猛暑の中、避難されている方々、支援活動に携っておられる皆様、どうぞどうぞご無事でおられますように。
2017年7月15日 19:53
集中豪雨の3日前に朝倉市を訪れる機会がありました。高台にある露天風呂から見渡す限りの田園風景をぼーっと眺めているうちに、これまでたまりにたまっていたストレスや緊張がすーっと軽くなっていくのを感じました。
完全復興まで時間はかかると思いますが、一日も早くあの風景戻と住民の皆様の日常生活が戻ることを心より祈念しています。
2017年7月9日 15:32
一日でも早く普段の生活に戻れますよう応援しています。
2017年7月18日 1:39
豪雨災害に見舞われた皆様の救援に少しでもお役に立てることを願っております。
2017年7月17日 20:50
いろいろ生活上不便なことが多いと思いますが、よりよい明日になるように祈っています。
2017年7月17日 20:13
応援してます!
2017年7月17日 15:06
これからも暑くなり、大変だと思いますが、
頑張って下さい。
2017年7月17日 13:41
被災された方
いち早く通常の生活に戻れるよう祈願いたします。
2017年7月15日 20:00
プロジェクトチームに感謝します。

2017年7月14日 17:41
被災者の皆様が一日も早く、元の生活に戻られますように
2017年7月14日 16:31
甚大な被害にあわれた皆さまにお見舞い申し上げます。
一日も早くの復興を願っております。
2017年7月13日 16:40
酷暑の中の避難生活は、私の想像をはるかに上回るものと思います。
些少ですがお使いください。
2017年7月13日 8:50
少しでも早く、被害に遭われた方々の日常が取り戻されることを心から願っています。
2017年7月13日 6:10
何もできないので寄付だけですが、怪我なく支援活動をされてください。
2017年7月13日 3:23
一日でも早い復旧をお祈りいたします。
2017年7月12日 18:37
少しでもお役に立てれば、幸いです。
2017年7月12日 11:36
連日のニュースに心が痛みます。
寄付で少しでも早い復興のお手伝いができればと思います。
2017年7月12日 0:26
被災された皆様方が一日も早く日常を取り戻されることを願ってやみません。
2017年7月11日 18:32
東北の震災の時は全国の皆さんに沢山の支援を頂きました。私は直接の被災はなかったのですが、今度は私達が皆さんの役に立つ番だと思います。
今はとても辛いと思いますが、頑張ってください。お金でしか応援出来ませんが、東北の地から祈っております。
2017年7月11日 17:35