お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          幻の和牛!?とろける旨みの五島牛。ゆったりとした幸福のひとときを。

          自然豊かな五島市だからこそ伝えられる味。幻の和牛とも称される五島牛のヒミツを解き明かします!これを読めば、五島牛の魅力だけでなく五島の魅力に気づくこと間違いなし!

          自然豊かな五島で、島の恵みと愛情をたっぷり受けて育った五島牛。
          そのお肉はとろけるように柔らかく、溢れる肉汁のジューシーな旨みを味わうことができます。

          また、年間400頭ほどしか出荷されず、市場に出回ることが少ないため、希少価値が高く、「幻の和牛」とも呼ばれています。

          この島、この環境だからこそ生まれるお肉の味わいはまさに格別。
          知る人ぞ知る五島牛の秘密、ご紹介いたします!

          おいしいお肉は、豊かな海と、大地から。

          お肉の味や肉質を決める要因として、「餌」 と 「環境(ストレス)」の役割は大きいと考えられています。
          実は、五島列島はこの2つに恵まれており、おいしい牛肉をつくるには絶好の場所なんです!
          長崎県の西方海上約100Km、大小様々な島々からなる五島列島。その中でも限られた地域でのみ、五島牛は飼育されています。

          対馬暖流の影響を受け気候は温暖で、冬は暖かく夏は比較的涼しいため、一年を通して過ごしやいことが特徴です。
          五島牛は、暖かく、豊かな自然に囲まれたストレスが溜まりにくい環境で、のびのびと育てられています。

          また、周囲を海に囲まれているため、潮風に運ばれた、塩分やミネラルなどの、海由来の栄養をたっぷり含んだ牧草が育ちます。
          ここで育った海の栄養たっぷりの自然の牧草を食べて育てられるため、味や風味のよい、柔らかいお肉になります。

          隠し味は、欠かさぬ愛情。

          五島列島では、古くから牛と人とのかかわりがあったとされています。
          市内の遺跡から弥生時代中期ごろのものと思われる牛歯が出土しました。これは、日本最古の牛の痕跡の一つであり、五島での牛と人との深い繋がりが伺えます。

          五島牛を育てているのは、代々農家をされている方が多く、古くから生活の中に牛がいたこともあり、たくさんの愛情と手間暇をかけ、家族のように大事に育てられています。

          牛と人との深いつながり。五島牛のおいしさは、人々の愛情あってこそのものなのです。

          「五島」だからこその味わいを。

          大地、海、人。五島の恵み、五島の魅力を詰め込んだ自慢の五島牛。

          お肉本来の旨みが味わえる赤身と、とろけるような脂の絶妙なバランスはたまりません。
          肉質も柔らかく、一口含めばジューシーな肉汁が溢れ、風味とともに、幸せが口いっぱいに広がります。

          また、その味、品質は多くの人に認められており、5年に1度開催される和牛の品評会「全国和牛能力共進会」では、最高級の賞である内閣総理大臣賞を受賞しました。

          あたたかな潮風、豊かな自然… 五島で流れるゆったりとした情景に想いを馳せ、味わう時間もまた格別…。

          五島牛を堪能し、自然豊かな五島を感じてみませんか?

          【選べる寄附金の使い道】
          1 歴史・文化を活かしたふるさとづくりに関する事業
          2 市民によるまちおこしに関する事業
          3 自然環境の保全並びに景観の維持及び再生に関する事業
          4 地域資源を活用した産業の振興に関する事業
          5 社会福祉の向上及び教育の振興に関する事業
          6 指定事業なし(市におまかせ)