お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          つやっとモチモチ 毎日食べたいお米 

          中国山地から日本海に注ぐ清流が豊かな大地を潤す鳥取県。市内の中心を流れる小鴨川は国交省が選ぶ「令和2年度水質が最も良好な16河川」の一つ。 きれいな水と空気、米作りに適した気候それにまじめな県民性で知られる鳥取の農家さんが育んだお米は自慢の逸品です。 つやっとモチモチ、毎日食べたくなるお米をお届けしています。

          5月になると水田にピンと立つ苗が植え付けられ、8月のお盆の時期には青々とした稲が田んぼを埋め尽くします。
          9月は稲穂がたわわになり、いよいよ秋の収穫シーズンを迎えます。
          1年を通じた農作業は決して楽ではありませが、だからこそ一生懸命作ったお米はおいしく味わっていただきたい!!
          大地の恵みと生産者の愛情を受けて育った、わがまち自慢のお米を紹介します

          ◆2018年デビュー!期待の新星「星空舞(ほしぞらまい)」

          ◆「星空舞」誕生秘話!

          星空舞は、鳥取県農業試験場の職員の熱い思いから、20年の月日をかけて開発されました。
          家族が農作業で苦しむ様子を見ながら育った開発担当者の
          「天候に恵まれない年でも、農業者が困らず、美味しさを損なわない、誰もが喜ぶ世の中に
          役立つ品種を作りたい」という思いから
           1.夏場の高温に強く、一等米に格付けされやすい。
           2.コシヒカリより背丈が短く、倒れにくい。
           3.いもち病にかかりにくい。
          という特徴を栽培上の特徴を持ったお米として星空舞が誕生しました。

          14,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          「星のように輝くお米」、「星空舞」は、炊いたご飯のツヤや光沢が特に優れ、美味しさの指標である「味度値」が非常に高いのが特徴です。食べたときの感触は、粒がしっかりとして、適度な粘りがあり、試食アンケートでは半数以上の方が「甘い」と回答されています。また、ご飯が水を抱き込む量が多いため、冷めても食感が変わらず美味しいという特徴もあります 。

          ◆特A受賞度々!きぬむすめ

          きぬむすめ

          12,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          絹のように白く美しい炊き上がりと安定した味わいが特徴鳥取県産きぬむすめは、
          日本穀物検定協会の「米の食味ランキング」で最高評価の「特A」を何度も受賞する実力派のお米です。
          耐倒伏性の強い「キヌヒカリ」と、病気に強い「愛知92号」の良いところ受け継ぎ、
          夏の暑さに耐えられる強いお米になっています。
          【収穫時期】9月下旬~10月上旬

          ◆一番人気の「コシヒカリ」

          鳥取県産コシヒカリ

          13,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          「艶のよい見た目・粘り気のある食感・旨味の強い味」の三拍子を揃え、
          米そのものの味を楽しむのことのできる「白米の横綱」と言っても過言ではない品種。
          倉吉市のふるさと納税でも大人気の返礼品です。
          炊き立てホカホカを食べるのはもちろんですが、冷めてももちもちが続くので、
          おにぎりにして食べるもオススメです。
          【収穫時期】9月上旬~下旬

          ◆味のバランスを重視するなら「ひとめぼれ」

          13,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          鳥取県で生産量第2位の「ひとめぼれ」は、ほどよい粘りと旨み、柔らかな口当たりのよいバランスのとれたお米です。
          味わいそのままにとがずに炊ける手間いらずの無洗米でお届けします。

          ◆星取県と倉吉市に広がる素晴らしい星空

          鳥取県では、環境省が実施した全国星空継続観察で何度も日本一に輝き、どの市町村からも
          天の川がみえるなど県内全域にわたって、美しい星空を観察できることから「星取県」を名乗り、
          条例を制定して、星空の保全や星空を活用した地域振興に取り組んでいます。

          令和元年10月に、特に守るべき星空が広がる地域「星空保全地域」として、
          倉吉市でも関金(せきがね)地区全域が指定されました。
          今ある関金地区の美しい星空が、後世に残すべきものと認められたとも言えます。

          山間部に行くと、星空との距離が近くなったように感じ、天気のよい夜には、星がちりばめられた夜空を
          見ることができます。空気のより澄んでいる冬の星空は、すべてを忘れて見入ってしまうほど。
          空気の綺麗な地域ならではの贅沢な景観です。

          倉吉市のおすすめ特集ページ

          ◎みなさまからいただいた寄附の使いみち

          倉吉市では、みなさまからのご寄附を次の3つの分野で使わせていただいています。
          ◎「ひとづくり」   ◎「しごとづくり」    ◎「まちづくり」

          ◎「ひとづくり」(子育て支援・教育環境の充実) 
            未来を担う子どもたちが健やかに成長していくための保育園や児童クラブの
            安心安全な環境づくりや、小学校、中学校の児童・生徒に対し、きめ細かい支援を
            する「元気はつらつプラン(学習支援員)」の配置に活用しています。

          ◎「しごとづくり」(観光振興など)
            観光に関わる事業を助成するほか、ポップカルチャーを活用したイベントなどを
            開催し、観光客に倉吉の魅力を体験してもらいました。

          ◎「まちづくり」(まちなみ保存・復興支援など)
            重要伝統的建造物群保存地区の貴重な歴史的景観を守る事業や、
            公園の緑化などに活用しています。