体内から健康になろう!腸活特集 ~体が喜ぶ食物繊維の世界~

腸活とは、バランスのよい食生活や適度な運動などによって、腸内環境を整えることです。 運動や睡眠とともに大事になるのが、毎日の食事です。 腸内環境を整えるためには、生きた善玉菌を含む食品(プロバイオティクス)と 善玉菌のエサになる食品(プレバイオティクス)を一緒に摂ることを意識しましょう! また、オリゴ糖や食物繊維も大変重要な栄養素になります。 体が喜ぶ食物繊維を美味しく食べて、きれいに・健康になりましょう! お子様のおやつにもオススメです!

返礼品で食物繊維を補給しよう!

落花生には、腸内の善玉菌(ビフィズス菌)を増やす「オリゴ糖」や便通を促し、
血糖値の上昇を抑える働きのある「食物繊維」が豊富です。
腸を元気にして、健康的なダイエットをサポートします。

また、落花生のGI値は13~23程度。
血糖値の上昇が緩やかで、太りにくいと言われている低GI食品(GI値55以下の食品)です。
食物繊維もたっぷりで腹持ちが良いのも嬉しいですね!

干し芋は食物繊維が豊富で、100gの干し芋からは1日に必要な食物繊維の3分の1が摂取可能となっています。
食物繊維は消化されにくい性質があるため、腹持ちが良いです。
食物繊維が含まれる干し芋を食べることで、便秘の改善も期待できます。

菊芋はイヌリンという成分が、血糖値や腸内環境の改善効果が期待できる!とひそかに注目を浴びている健康野菜。
「畑のインスリン」とも言われています。
(イヌリンとは、自然界では、チコリやゴボウ、玉葱等に多く含まれている水溶性食物繊維の一種です。)

菊芋は、でんぷんをほとんど含まないのでヘルシーで、食物繊維やポリフェノールなどの抗酸化作用がある成分も多い事から美容にも効果的!