お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

「夫婦で営むこだわり珈琲の店」~ふるさとから感謝を込めて~第1回

こんにちは。新庄市ふるさと納税担当です。この度は新庄市の特集をご覧いただき誠にありがとうございます。折角の機会ですので、新庄市が掲載しているお礼品だけではなく、お礼品を提供しているさまざまな思いを持った事業者のみなさんを、寄附者のみなさまにも知っていただきたいと思い、これから全12回(延長や特集もあるかも…!?)に渡って、新庄市のお礼品提供事業者を紹介していこうと思います。記念すべき第1回目は【自家焙煎珈琲の店 bino】さん。夫婦で珈琲店を営む菅原健児さんと妻の清子さん。開店までのエピソードや珈琲への思いを取材してきました。

 大好きで大切なコーヒーと暮らしていく

※お二人の写真は2020年3月に撮影しました。

 妻の清子さんは高校までを新庄で過ごし、東京の大学を卒業後、福島県郡山市で体育教師として勤務していました。そこで健児さんと知り合い、結婚。多忙ながらも、コーヒーを飲み一息つく時間を大切にしながら暮らしていました。
 そんな生活も、平成23年3月11日に発生した東日本大震災で一変。一家は山形県南陽市に避難し、清子さんは片道1時間半をかけて通勤することに。健児さんも計画していた事業を断念せざるを得なくなりました。子どもたちが起きる前に家を出て、寝た後に帰宅する日々に、清子さんは「このままで良いのだろうか…」と考えるようになったそうです。
 「どうせなら、好きなことをして暮らしていこう」清子さんはコーヒー界では世界的に有名な田口護氏に師事し、夫婦二人三脚でコーヒー店を開業することにしました。「『なぜコーヒー店?』とよく聞かれるのですが、わからない。お互いコーヒーは好きでしたが、そのことがコーヒー店をやるきっかけになったのかと考えると、やっぱりわからないんですよね」明確なきっかけとは言い切れずとも、忙殺される日々の中で一息つけるより所として、ふたりにとってのコーヒーがあったのかもしれません。

 感じてほしい新庄の「香り」

 コーヒーが新庄のお土産の一つにならないかと考え誕生したのが「かむてんブレンド」。パッケージは新庄市イメージキャラクターである「かむてん」をモチーフとしたデザインにしました。「デザインってとても大切で、豆ではなくデザインを見て買っていかれる方もいます」その後、ゆる~い猫が新庄市の四季の移ろいを表現した「にゃー」デザインをパッケージに使用し、ラインナップを充実させています。
 「コーヒーの第一印象は、香り。香りは記憶されるものなんですね。味は教育されるものなので、大人になると苦いものが美味しいと感じるようになるんです」そう話してくれたのは夫の健児さん。「山形県の新庄市で焙煎されたコーヒーをわざわざ選んでくれるのは、本当にコーヒーが好きな人だと思うんですよね。だからこそ、封を切ったときに感じてほしいのは、コーヒーの香りではなく新庄の香り。何かしら新庄を感じられるものを注入したいと思いますね」

 コーヒー豆の中でも極少量しか穫れず、高水準の品質管理を経て届けられる「スペシャルティコーヒー」。豆の特徴を最大限引き出せるように、一粒一粒手作業で良い豆を選び抜いています。
 また、オリジナル焙煎機を駆使し、芯まで火がとおった、煎りムラのないコーヒーに仕上げているため、味も香りも豊かです。注文を頂いてから焙煎していますので、新鮮なコーヒーをお楽しみいただけます。

 店内にはガレージを活かした試飲スペースもあり、味わい深いコーヒーの香りが迎えてくれます。
 菅原さん夫婦の思いとこだわりがいっぱい詰まったコーヒーを、ここ新庄から全国へお届けします。

自家焙煎珈琲の店 bino

自家焙煎珈琲の店 bino

℡32-1188 新庄市上金沢町4-7
㈫・㈬・㈭ 13時30分~18時30分 ㈮・㈯・㈰・祝日 9時30分~18時30分 ※毎週月曜定休

 菅原さんのこだわりを、味わいたい方はこちら

ドリップのみ

11-064 【自家焙煎珈琲の店bino】かむてんとにゃ~のドリップバックセット②

11,000円以上の寄付でもらえる

詳細

コーヒー豆の中でも極少量しか穫れず。高水準の品質管理を経て届けられる「スペシャルティコーヒー」。
ドリップバック18袋

ドリップ&コーヒー豆

05-017 【自家焙煎珈琲の店bino】コーヒー豆とドリップバックセット①

5,000円以上の寄付でもらえる

詳細

コーヒー豆の中でも極少量しか穫れず。高水準の品質管理を経て届けられる「スペシャルティコーヒー」。
豆100g+ドリップ4袋