お知らせ

サーバーメンテナンス実施のお知らせ(11/29(火) 午前2:00-午前4:00)

お礼の品をさがす

該当のお礼の品:
 件

はじめての方へ

野田市のすべての寄付金の活用報告

快適な学校生活のためにトイレ洋式化を前倒し!

2020/09/17(木) 15:57

 野田市では、皆様から頂いた学校施設整備等基金へのふるさと納税を活用して、当初の計画を前倒しして、平成28年度に二川中学校、平成29年度には岩名中学校のトイレ洋式化改修工事を実施し、トイレ1ヵ所につき最低1個の和式便器を、子供たちが使い慣れている洋式便器へ交換するとともに、古くなった手洗い、トイレブースなどの改修工事を行い、きれいで使いやすいトイレになりました。ふるさと納税によるご支援ありがとうございました。
 令和元年度からは、次の洋式化計画として女子トイレの洋式化率70%を目標に実施するとともに、令和3年度以降においてもふるさと納税を活用して、トイレ洋式化改修工事の計画を前倒しして行う予定です。子供たちが快適な学校生活を営むことができるよう、引き続き皆様からのご支援をよろしくお願いします。

コウノトリ「ヤマト」が野田市に滞在中です!

2020/09/16(水) 15:17

野田市では、子供たちにみどり豊かな自然を残そうと、多くの生き物が生息できる豊かな自然環境(生物多様性)の保全や再生に取り組んでおり、水田や湿地における生態系の頂点に立つコウノトリをシンボルとした魅力的な地域づくりに取り組んでいます。
市町村では唯一、コウノトリの飼育から放鳥、さらに環境づくりに取り組んでおり、平成27年に関東で初めてとなる放鳥を実現して以来、令和2年まで6年連続で、計12羽の放鳥を実施しています。途中事故で3羽が死亡してしまう悲しい出来事もありましたが、残る9羽は関東地方を中心に活動しています。
そのような中で、平成29年に放鳥した「ヤマト」が野田市(こうのとりの里)に長期滞在しており、定着が期待されています。
行動範囲の広いコウノトリが自由に羽ばたき、エサを摂ることができる環境づくりは、市域を越えて広めることが必要です。今後とも皆様からの応援をよろしくお願いします。

6月4日に2羽のコウノトリを放鳥しました!

2016/07/08(金) 13:07

野田市では、子どもたちのためにみどり豊かな自然を残そうと、多くの生き物が生息できる豊かな自然環境(生物多様性)の保全や再生を目的とし、水田や湿地における生態系の頂点に立つコウノトリをシンボルとした魅力的な地域づくりなどを行っています。
 27年度に関東地方で初めてとなるコウノトリの幼鳥3羽の試験放鳥を行いました。
28年度は、兵庫県立コウノトリの郷公園から譲り受けた卵を、市で飼育しているコウノトリのペアに托卵してふ化したヒナ2羽を、6月4日に放鳥しました。7月4日現在、幼鳥「きづな」は埼玉県松伏町付近に、幼鳥「ひかる」は野田市こうのとりの里付近で元気に暮らしています。
行動範囲の広いコウノトリが自由に羽ばたき、エサを摂ることができる自然環境を取り戻し、残していこうとする私たちの取組は、市域を越えて広めることが必要です。今後とも皆様からの応援をよろしくお願いします。

3件中1~3件表示