お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          チョイス公式ポイント導入自治体 詳細

          琴平町ポイント残高 : 

          JTB 「ふるぽ」 掲載自治体

          ふるぽは、JTBが運営するふるさと納税サイトです。
          https://www.furusato-tax.jp/feature/a/about/furu-po

          「ふるぽ」について詳しくはこちら

          ポイント制とは?

          ポイント制とは、寄付をした金額に応じて自治体ごとで使用できる、お礼の品への交換ポイントが付与される制度です。お礼の品は付与されたポイントと交換する形でもらえます。すぐにお礼の品を選べない時や季節ごとに色々なお礼の品を選びたい場合など、ポイントを発行しておけばポイントの有効期限内ならいつでもお礼の品に交換できることや、ポイントを積み立てて、より高額なお礼の品を選べることが大きな特長です。

          ステップ1 寄付を申し込む 応援したい自治体を選んで、寄付を申し込みます。 ステップ2 ポイントを発行 寄付完了後に寄付額に応じてポイントが発行されます。 ステップ3 お礼の品を申し込む ポイント発行後、ポイントを利用して好きなタイミングでお礼の品に交換できます。

          ※すぐにお礼の品が欲しい場合は、寄付と同時にお礼の品と交換できます。
          ※ポイントの有効期限は、自治体によって異なります。

          ポイント制にはメリットがたくさん

          • 好きなタイミングで
            お礼の品に交換

            ポイントを使ってすぐにお礼の品をもらうことも、後でお礼の品と交換することも。有効期限内であれば、年をまたいでお礼の品と交換することもできます。

            ※ポイントの有効期限は、自治体によって異なります。

          • ポイントは積立できる

            お礼の品と交換せずにポイントを貯めたり、余ったポイントは次回寄付時に併せて使用可能。ポイントを貯めて高額なお礼の品を選ぶこともできます。

          • ポイント限定の
            お礼の品がもらえる

            ポイント制を取り扱っている自治体の中にはポイントでしか手に入らない限定のお礼の品もご用意しています。

          • 高額寄付の手続きが、
            より簡単に

            高額寄付をする場合、自治体を絞ってポイントに変えておくことで、寄付をする度に必要な申請手続きの手間を少なくすることができます。

          • 複数自治体のポイントを
            簡単管理

            ポイントに交換した自治体の管理はマイページで一括管理!どの自治体にどれだけ寄付をしたか一覧で確認することができます。

          ≪ポイント制ご利用の際の注意事項≫

          ※ポイントは寄付した自治体のみでの利用となります。
          ※ポイントの有効期限は、自治体によって異なります。
          ※ポイントの範囲内で複数のお礼の品をお選びいただけます。
          ※ポイントの付与は、寄付の度に行います。
          ※自治体が独自で発行・管理している自治体独自のポイントではありません。自治体独自のポイントについては各自治体ページにてご確認ください。

          お礼の品をさがす

          該当のお礼の品:
           件

          はじめての方へ

          琴平町からのご案内

          2019/12/16(月) 13:56 ■■■■■令和元年分の寄附金控除等に係る年末年始の取扱いについて■■■■■ 令和元年12月31日までに入金確認できたもののみ、令和元年分としてお取扱いいたします。決済方法により受付可能日が異なりますのでご注意ください。
          (※12月28日から1月5日まで閉庁のため、お問合わせ等は、1月6日以降の対応となりますのでご了承ください。)

          ・ワンストップ特例申請について
          12月26日までに入金確認できた方へ申請書類を発送いたします。
          12月27日以降は琴平町ホームページよりダウンロードし、必要書類を添付の上、琴平町役場まで郵送にてお送りください。(令和2年1月10日必着)
          2019/09/28(土) 10:44 消費税率改正にともなうシステムメンテナンスについて 10月1日0時~9時59分までは、消費税率改正にともなうシステムメンテナンスの為、お礼の品交換を停止いたします。
          2019/08/14(水) 11:28 【琴平町ふるさと納税サイトリニューアルのお知らせ】 2019年8月26日(月)13:00より、返礼品のポイント表記及び寄附金額に応じ付与するポイントの積算方法を変更します。
          大変恐れ入りますが、システムメンテナンスの為下記の期間「寄附申込」及び「お礼の品交換」の停止期間を設けさせていただきます。

          【「寄附申込、お礼の品交換」停止期間】2019年8月19日(月)17:00 ~ 8月26日(月)13:00(予定)

          詳細につきましては、リンクよりご確認をお願いいたします。

          琴平町の人気ランキング

          次へ

          前へ

          絞込み検索

          選べる使い道

          • 1.学校整備事業

            子どもが心豊かに、のびのびと育まれるよう、一人ひとりの個性を伸ばし、自然や人とのふれあいを通じながら、発達段階に応じた教育を充実させていきます。また、幼・小・中学校などにおいて、一貫した学校教育を進め、児童・生徒の学校教育環境を整えていきます。
            ・幼稚園、小学校、中学校の施設修繕 など

          • 2.子育て支援事業

            次代の社会を担う子ども一人ひとりの育成を町全体で応援するため、子育てにかかる経済的負担の軽減や安心して子育てができる環境整備のための施策など、総合的な子ども・子育てを支援します。

          • 3.高齢者の福祉向上事業

            高齢者のふれあい・学習の機会の提供など、生きがい対策の充実により、いきいきと暮らすことができるとともに、福祉施策の充実による個々のニーズに応じた支援を行い、高齢者が安心して生活をおくることができるまちづくりを進めます。
            ・在宅高齢者介護予防・生活支援事業
             (寝具洗濯乾燥消毒サービス事業など)
            ・高齢者生きがい対策
             (生きがいデイサービス・敬老会など)
            ・老人福祉施設管理・運営
            ・介護予防支援事業
             (頭のげんき塾・こんぴらころばん塾など)

          • 4.コミュニティ推進事業

            すべての住民が地域に愛着と誇りを持ち、協働のまちづくりの考え方を共有できるよう、まちづくりの担い手として、自立した住民意識の醸成を行います。また、「自助・共助・公助」の地域福祉の理念のもと、個人・地域・行政がそれぞれの役割を持ったまちづくりを進めていきます。
            ・自治会活動の推進
            ・地域福祉活動援助
            ・地域活動活性化
            ・自主防災組織等活動助成 など

          • 5.コロナに負けるな がんばれ琴平応援事業

            町内における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止活動や被害に関する支援に役立て、安心して生活をおくることができるまちづくりを進めます。

          • 6.こんぴら歌舞伎大芝居公演応援事業

            「四国こんぴら歌舞伎大芝居」の公演が行われる「旧金毘羅大芝居」は、現存する日本最古の芝居小屋です。
            「金丸座」の愛称で親しまれたこの芝居小屋は、昭和45年に江戸末期の劇場建築を考える上で重要な建物建築物として評価され、「旧金毘羅大芝居」として国の重要文化財に指定されました。金丸座での歌舞伎公演は昭和60年から毎年行われ、「四国こんぴら歌舞伎大芝居」として全国から熱い注目を浴び、四国に春を告げる風物詩となっています。
            ※令和3年度「四国こんぴら歌舞伎大芝居」につきましては「令和の大改修」中、耐震補強工事着工中のため行われません

          • 7.四国金毘羅ねぷた祭り事業

            例年は見られない「四国こんぴら歌舞伎大芝居」を楽しんでもらいたい!
            令和2年、新型コロナウイルス感染症の影響により、昭和60年(1985年)から続いてきた「四国こんぴら歌舞伎大芝居」の開催が中止となりました。令和3年の公演も、金丸座の耐震補強工事に伴い、開催を断念することになりました。2年連続開催されないことで、こんぴら歌舞伎を愛する全国の方々や町民の方々から、悲しみの声があがっています。
            そこで、本町の歴史と伝統を守り、地域を元気づけるため、「四国金毘羅ねぷた祭り」を開催することにしました!

          • 8.町長におまかせ!事業

            将来に向けた魅力あるまちづくりのために町長が寄附金の使い道を決定させていただきます。