緊急災害支援平成30年7月豪雨に伴う災害支援寄附受付中です詳しくはこちら

がばいうまか!多久市からお届けする「佐賀牛」

多久市は佐賀県の真ん中にある史跡のまちです。孔子を祀る国の重要文化財『多久聖廟』があり、孔子の里とも呼ばれています。自然豊かで四季折々の景色は是非一度訪れたいまちです。 今回は佐賀の大地で丁寧に育まれた、全国に名を馳せるブランド牛「佐賀牛」をご紹介します。

食べ比べも楽しめる!がばいうまか「佐賀牛」

佐賀の肥沃な大地で、生産農家さまの愛情をたっぷり受けて一頭一頭大切に育てられたブランド牛である「佐賀牛」は、柔らかな赤身と、キメ細やかな差しが入った美しい霜降りが特徴です。目で楽しみ、舌で味わえる、そんな「佐賀牛」を多久市からお届けします。
ステーキ、すき焼き・しゃぶしゃぶ、焼き肉…それぞれで違った味わい方ができますので、食べ比べもおススメです!

焼き肉、ハンバーク、ステーキ、しゃぶしゃぶも。佐賀牛づくし!

まだまだあります!カレーに柚子こしょう、包丁まで

【寄附金の使い道】未来へ「はばたく」子どものための事業

多久市は、高校生までの医療費助成や小中一貫教育など、子育て世帯が住みやすいまちづくりにも力を入れています。
そんな中、平成29年4月1日に、多久市児童センター『あじさい』がオープンしました。 遊びを通して児童が心身ともに健やかに成長するお手伝いをする児童館に、ふるさと応援寄附を活用して、全国でも珍しい木製遊具の設置を行いました。多久市内はもちろんのこと、市外からも多くの親子が遊びに来てくれています。
ご寄附をいただきました全国の皆さまに、心より御礼申し上げます。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む