ぷりっぷりのはまぐりと白子町特産品

千葉県白子町は九十九里平野南部に位置し、年間を通じて温暖な海沿いの町。
九十九里浜といえば、他の砂地よりも砂が細かく、はまぐりがおいしいことで有名です。九十九里はまぐりは、豊富な栄養素とミネラルを備え荒波に揉まれ育ったはまぐりです。
お鍋の食材に、定番の焼きはまぐり、酒蒸し、ちょっと贅沢なお吸い物、味噌汁、ペペロンチーノやパエリアなどどんな料理にも使える万能食材です。
今回の特集は、その「はまぐり」と白子町の特産品をご紹介!



九十九里産 はまぐり 1kg

九十九里産のはまぐりは身が厚くプリプリの触感です。お鍋の食材に、定番の酒蒸し、ちょっと贅沢なお吸い物、味噌汁などにぜひどうぞ!

【内容】
九十九里産はまぐり 1kg(大きさは時期により異なります)


九十九里浜で育った「ながらみ」

白子町の特産品はこちら

【寄附の使い道】小中学校で使われる楽器やバス購入に活用

皆様からいただきました寄附金は「ふるさとしらこ応援基金」に積み立て、ご指定いただきました使途により活用させていただいております。
平成27年度には、町内3小中学校へ楽器を購入しました。
また、平成28年度では主に小中学生が部活等の移動などで使うマイクロバスを購入しました。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む