農業王国めむろの「じゃがいも」

芽室町は、北海道十勝平野の中西部に位置し、畑作中心の自然豊かな町です。 十勝平野の軽い土が羽根布団のように優しくじゃがいもを包み込む為、芽室町はじゃがいも栽培最高の産地と言えます。 日本有数の晴天率を誇り、夏は暑く夜は涼しい風土がおいしい作物を育てています。 夏は30°C以上。冬には氷点下20°C以下になることもあり、この寒暖差が作物の美味しさを格段と引き出す要素となっています。 じゃがいものエース「メークイン」をはじめ、「マチルダ」「インカのめざめ」「きたあかり」など、人気のじゃがいもを取り揃えております。

北海道十勝芽室町 なまら十勝野の越冬メークイン10kg me001-006

9,000円以上の寄付でもらえる

詳細

北海道の冬を越え甘みが増したメークイン。
低温熟成させることで、じゃがいもに含まれるでんぷんが増えることで甘みもぐっと増します。
低温熟成の期間は6ヶ月以上!甘みだけでなくしっとりとした食感で新しいメークインをお楽しみいただけます。
味がおいしいは当たり前、生産方法にもこだわり安心もお届けします。
ぜひ、十勝めむろのメークインをご賞味ください!

北海道十勝芽室町 【先行受付】 雪室熟成インカのめざめ5kg me001-005

9,000円以上の寄付でもらえる

詳細

自然を生かした雪室でじっくりと熟成!しっとりとした肉質に甘みがましたインカのめざめ。
雪国だからこその美味しさがあります!冬に積もった雪を利用して、じゃがいもを低温で保管できる「雪室」にて 150日以上貯蔵しております。
インカのめざめは一般的なじゃがいもと比較して糖度が高く、栗やさつまいものような風味で甘みと濃厚な味わいが特長です。
また、口当たりはさつまいものようにねっとりとして、皮をむくと中が黄色く、大きさもまり大きくならない品種です。栽培が難しく、市場への流通量も少ないことから、幻の品種と言われています。

北海道十勝芽室町 幻のじゃがいも「マチルダ」5kg me002-001

7,000円以上の寄付でもらえる

詳細

じゃがいもの品種「マチルダ」を知っていますか?
「マチルダ」は“豊作の女神”や”貴婦人”という意味がある女性の名前が由来し、スウェーデン発祥の品種です。
北海道の寒い冬を超え、うま味や甘みが凝縮し糖度が高くなったマチルダの味わいをぜひご堪能ください。

北海道十勝芽室町 メークイン5kg きたあかり5kg セット me002-011

9,000円以上の寄付でもらえる

詳細

北海道十勝めむろ産じゃがいも「メークイン5kg」と北海道十勝めむろ産じゃがいも「きたあかり5kg」をお届けします。
メークインは粘質気味で舌触りがいいじゃがいもです。
煮るのも時間がかからず、長い時間火にかけても煮崩れが少なく、カレーやおでん、グラタン等の煮込み料理に最適です。
きたあかりは病気に強い品種でもあるため、人気が高く広く栽培がおこなわれています。
きたあかりの名前には「北の大地に希望の明かりを」という意味が込められています。