お知らせ安全にふるさとチョイスをご利用いただくため、2018/6/21よりセキュリティ強化(TLS1.0/1.1 の無効化)を行います。必要に応じてブラウザのバージョンアップ等のご対応をお願い致します。詳しくはこちら

新米のおいしさをずっと楽しめる"雪中米"

雪を活用した貯蔵法ともみ殻をつけたままで貯蔵するもみ貯蔵を導入する沼田町のお米は、1年中新米の美味しさを楽しむことができる絶品のお米です。今回はそんな沼田町のお米をご紹介いたします。

雪中米(せっちゅうまい)とは?

豊富な雪解け水で栽培された沼田町産の米を、世界初の雪冷房による米貯蔵施設で保管したもの。収穫後、籾のまま雪を蓄えた貯蔵庫で保存することにより、お米の劣化を防ぎ、品質を保つことに成功。雪の自然エネルギーを活用することで一番おいしい新米の味を保つことができるんです。

今回は雪中米の中でも特Aランクに認定された北海道で人気の二大ブランド「ゆめぴりか」と「ななつぼし」をご紹介させていただきます。

さっぱりとした食感の「ななつぼし」

粘り、甘み、つやの三拍子そろった絶品のお米です。炊き上がりの粒の形がくずれにくく、冷めても美味しいお米。さっぱりしていて味が主張しすぎないので、濃い味のおかずとも相性が良いです。

まだまだあります!~沼田町名物~

【寄附金の使い道】夜高あんどん祭り維持保存事業に活用

富山県小矢部市より伝承され、第40回を迎えた平成28年度沼田町夜高(ようたか)あんどん祭り事業に5,704千円を充当いたしました。
毎年8月の第4金・土に行われている本事業のあんどんの作成には3ヶ月間程度かかり、その作成に係る技術の継承や祭り当日の各種イベントに活用し、広く沼田町の魅力を発信するとともに次世代の若者に伝統を継承することができました。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む