お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          お礼の品をさがす

          該当のお礼の品:
           件

          はじめての方へ

          茨城県境町からの使い道情報

          隈研吾氏設計施設第6弾「S-ブランド」がオープン

          2021/11/01(月) 11:14

          これまでに境町では交流人口拡大、地元経済の活性化を図るべく、世界的な建築家である隈研吾氏設計の建築物5施設が完成し、オープンしています。
          このたび、5月27日に全国の市町村で最多となる同氏設計の建築物6施設目として「S-ブランド」がオープンしました。
          「S-ブランド」は町が新たな特産品としてS-labで開発した干し芋や芋スイーツなどの加工品販売や飲食提供のカフェです。
          施設のある中心市街地には同氏設計の「さかい河岸レストラン茶蔵」をはじめとする4施設や「河岸の駅さかい」などがあり、まち歩きの新しい拠点として既存の5施設と併せて回遊してもらうことで交流人口の拡大と地域経済の発展につなげていきます。

          地域おこし協力隊が中心となり「るるぶ境町」発刊!

          2021/10/22(金) 11:48

          境町では町の最新情報などが詰まった情報誌「るるぶ境町」を発刊しました!
          発刊にあたり、境町の魅力を外からの視点で再発見できるよう、地域おこし協力隊である観光協会職員が中心となって取材活動にあたりました。制作期間は1年超となり、コロナ禍において取材活動が一時中断するなど困難を乗り越えての発刊となりました。
          隈研吾氏設計の町内施設を全て巡ってスタンプを集め、道の駅さかいに持参すると町オリジナルグッズがもらえる企画も盛り込んでいます。
          観光スポット等のPRだけでなく、自動運転バスや子育て環境整備など町が取り組んでいる新しいまちづくりも多く紹介している1冊です。

          1億総活躍社会拠点S-Study&Heart整備

          2021/10/18(月) 15:02

          境町では地域の人々が自身の課題を解決し、その能力を高めることで地域の活力の維持及び活性化につなげていくことを目的とし、1億総活躍社会拠点であるS-Study&Heartを整備しました。これは子どもや社会的弱者を地域全体でサポートし、地域社会の活性化を図るための拠点であり、1階にフィットネスルーム、2階にシェア工房や英語塾等を備えています。

          消防車両運転に必要な免許取得費を助成

          2021/09/03(金) 09:44

          平成29年の道路交通法改正により普通免許で運転可能な車両の総重量が3.5tに変更され、改正後に取得された普通免許では3.5t以上の消防車両を運転することできない状況となっていました。
          消防車両を運転できる人員が不足している状況を鑑み、町ではAT限定解除や準中型運転免許等を必要とする消防団員に対し免許を取得する費用の補助を行いました。

          境小学校大規模リノベーション

          2021/08/25(水) 18:08

          境小学校は明治6年に開校し、来年度には創立150周年を迎える歴史ある小学校です。境小学校の校舎もこれまで長く地域に親しまれてきましたが、一方で老朽化が進み、子どもたちが安心して学習できる環境の整備が必要となっていました。
          今回いただいた寄付金を活用し、境町の目指す「自然と近未来が体験できるまち」をコンセプトに校舎が自然の木目を基調とした建物にリノベーションされました。安全で快適な教育環境を整備するとともに、新しくエレベーターを設置したことで利便性も向上することができました。

          冬休み期間中も「境町子ども食堂」を実施

          2021/01/27(水) 08:57

          境町では、子ども支援のため、町内13店舗で土曜日・日曜日に実施している子ども食堂の取り組みを冬休み期間中(令和2年12月25日~令和3年1月7日 ※1月1日~3日を除く)も実施し、18歳以下のお子様へお弁当計1,400食の無料提供をいたしました。

          独自にさかい活力応援給付金を給付

          2021/01/26(火) 15:06

          境町では新型コロナウイルス感染拡大防止に努めて町民に寄り添い、不安を和らげるため、12月19日、20日に町民1人につき1万円(お見舞金として)を配布いたしました。

          アリアマヌ中学校(ホノルル)とのオンライン交流

          2021/01/26(火) 14:51

          境町では令和2年12月11日と17日に、姉妹校締結をしているハワイ州ホノルル市アリアマヌ中学校の生徒とオンラインによる交流を実施しました。これはコロナ禍の中で途絶えていた両校の交流を再開し、学校や生活の状況を話し合う等生徒同士が英語でコミュニケーションを図ることで、今後一層の友好関係を築いていくための取り組みです。

          コロナ飲食店支援!ふるさと納税返礼品開発設備補助

          2021/01/18(月) 13:05

          境町では令和2年12月2日より、ふるさと納税返礼品や町ブランドを出品・開発するための設備等に要した費用を助成する事業を実施し、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い厳しい経営状態の業態(飲食店業観光業等)への支援を行っております。新型コロナウイルス感染症の影響により売上減少した飲食店が返礼品開発の為に導入した設備(串焼き器・瞬間冷凍機等)に対し費用の3分の2(上限46万6,000円)を補助いたします。

          自動運転車の常時運行を開始

          2021/01/15(金) 11:00

          境町は、ソフトバンク株式会社の子会社であるBOLDLY(ボードリー)株式会社と株式会社マクニカの協力の下、令和2年11月26日(木)から自治体として国内で初めて公道での本格的な自動運転バスの定常運行を開始しました。開始にあたり、11月25日(水)、境シンパシーホールNA・KA・MAで、出発式と試乗会が行われました。バスはシンパシーホールから河岸の駅さかいの間の往復約5kmの区間を一日8便が運行します。感染拡大防止のため、暫くの間、予約制での運行になります。

          コロナ支援!フィリピンへタブレット50台を寄贈

          2020/11/02(月) 13:30

          境町では、フィリピン共和国においても新型コロナウイルス感染症の感染が拡大していることから、姉妹都市であるフィリピン共和国マリキナ市へタブレット端末50台を寄贈いたしました。寄贈した端末については、マリキナ市の警察署などに配備され、新型コロナウイルス対策に活用されます。

          コロナ支援!町内米農家から1000袋を町が購入

          2020/11/02(月) 13:15

          境町では、9月17日から30日にかけて「米生産農家支援事業」を実施しました。これは近年米の価格が低迷していることから、令和2年産のお米を高く買い取ることにより、町内の米農家を支援するものです。
          今年はコロナウイルス感染対策をした上で受付を行い、受付初日から多くの農家の方にお申込みいただきました。この支援事業は今年で5回目となり、ふるさと納税の還元策として実施いたしました。

          コロナ支援!公共施設にさしま茶カフェがオープン

          2020/11/02(月) 13:10

          境町では、アルゼンチン共和国と当町の友好の証として昭和12年に建築された「モンテネグロ会館」の改築にともない、令和2年9月16日、同施設の中にチャレンジショップとして「茶 cafe & shop chabaco」がオープンしました。地元特産のさしま茶やヘルシーな軽食を楽しむことができ、お茶や茶器などの販売もしております。

          隈研吾氏設計 第5弾「モンテネグロ会館」が竣工

          2020/11/02(月) 12:00

          境町では、アルゼンチン共和国と当町の友好の証として昭和12年に建築された「モンテネグロ会館」を世界的建築家 隈研吾氏の設計により改築し、令和2年9月16日にオープンいたしました。この施設は、当町における隈氏設計の第5弾となります。
          改築後の本施設には、80年以上続く交流の歴史を展示するギャラリーのほか、チャレンジショップも併設しています。

          コロナ対策!常陸牛農家支援!給食に常陸牛ステーキ

          2020/10/29(木) 18:20

          境町では、以前から実施している新型コロナウイルス感染症の影響を受けている畜産農家の支援を継続して行い、10月23日に地元畜産農家が生産した常陸牛のステーキを小中学校全7校の給食で提供しました。大ぶりながらやわらかい常陸牛のステーキは児童たちにも大好評でした。

          コロナ支援!公共交通機関プレミアム商品券完売!

          2020/10/29(木) 17:55

          境町にて窓口販売を実施していたバス事業者等支援プレミアムクーポン券が、令和2年10月20日をもって完売いたしました。町内の路線バス・観光バス・貸切バス・タクシー・運転代行業で利用できるこのクーポン券は2,500円で3,000円分を購入でき、新型コロナウイルス感染症により影響を受けている町内バス事業者等の経営支援と町民の交通利便性の向上を図るためのものです。

          アルゼンチンオリンピック委員会へ高機能マスク贈呈

          2020/10/29(木) 17:35

          境町は、東京2020において、アルゼンチン共和国のホストタウンとなっております。アルゼンチン国内においては、80万人を超える新型コロナウイルス感染症の感染者数が確認されておりますが、同国オリンピック委員会とのオンライン会議において、ぜひ日本ような高機能マスクを使いたいという要望がありました。このため、令和2年10月14日にアルゼンチン共和国大使館にて贈呈式を行い、大使館を通してオリンピック委員会及び競技団体に2500枚を寄贈させていただきました。

          子育て支援センターS-WORK+KIDS開設!

          2020/10/28(水) 17:40

          境町では、これまで対象年齢が3歳未満であった「キッズハウスさかい」に対象年齢を小学校低学年までとした新しい施設「S-WORK+KIDS」を増築し、令和2年9月29日にオープン記念式典を開催いたしました。今回開館する新しい施設は、室内に大型遊具やネット遊具を設置するとともに事前登録制のコワーキングスペースやフリーキッチンを併設し、子どもを遊ばせながら仕事ができる環境を整備しました。現在、新型コロナウイルス感染症により在宅勤務等が推奨されている状況の中、この新しい施設「S-WORK+KIDS」からポストコロナの新しい仕事や育てのワークスタイルを提案してまいります。

          境町地域応援券「さかエール」完売!

          2020/10/28(水) 17:30

          境町では、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ消費の早期回復を図るため、12,000円分の商品券を10,000円で購入いただけるふるさとクーポン「さかエール!」販売事業を町の全額補助で実施し、令和2年9月28日をもって1万セットが完売いたしました。この商品券は地元の商店等で使うことができ、地域経済の活性化につながる取り組みです。

          コロナ対策!農業用ビニール等廃棄助成!

          2020/10/28(水) 17:00

          境町では令和2年9月23日、農業用ビニール・ポリエチレンの回収を行いました。これは町が農業用ビニール等の廃棄費用の一部を助成し、コロナウイルスの影響を受けている農家の方々の負担を軽減するための取り組みです。

          境町創業支援センター開設、創業一号山田屋オープン

          2020/08/12(水) 20:01

          令和2年8月1日、境町創業支援センター「S-START UP」の創業第一号となる飲食店、「鶏そば山田屋」さんが、本日オープンいたしました。
          境町では、国の拠点整備交付金を活用し書庫となっていた旧法務局跡地をリノベーションし、境町で創業したいという方を支援する施設を設置いたしました。今回の4店舗の募集に対し、飲食店2店舗、アトリエ1店舗、家具屋1店舗が、順次オープンいたします。

          境町観光情報発信施設オープン&葵カフェ出店

          2020/08/11(火) 17:31

          境町では、令和2年7月9日、圏央道境古河インターチェンジ近くに、新たな観光情報発信施設が完成し、竣工式を開催するとともに、テナントとして出店する、8代葵カフェハワイ境店のオープン式典を開催させていただきました。この施設は、境町がハワイ州ホノルル市と友好都市であることから、ハワイアンリゾートをコンセプトとしており、地元外食チェーン、株式会社坂東太郎を指定管理者とし、テナントには「8代葵カフェハワイ境店」に出店をいただきました。さらなる観光産業の活性化を図ります。

          コロナ農家支援「給食で常陸牛を食べよう」開催

          2020/08/06(木) 11:25

          境町では、新型コロナウイルス感染症の影響により牛肉などの需要が急減した畜産農家の経営安定を図るため、7月1日に地元畜産農家が生産した常陸牛を使ったすき焼きを小中学校全7校の給食で提供しました。児童からは、「牛肉の食感がとても良くて、すごくおいしい」と好評でした。
          9月、10月にも給食で常陸牛を使ったメニューを提供し、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている畜産農家の支援をいたします。

          オンライン英会話を小中学校で開催

          2020/08/05(水) 17:16

          境町では、コロナ情勢下においても子どもたちの英語学習の機会を確保するため、学校での授業に加えて、6月15日より、フィリピン人英語講師によるオンライン英語学習を実施しました。「英語が話せる子どもたちの育成」また、英検取得目標の達成を目的としております。参加した生徒からは「いろいろな自己紹介の仕方を学べました」など、友達と楽しく英語を学習することができたという声があがっています。

          AIサーモカメラを全小中学校へ設置

          2020/08/04(火) 16:17

          境町では、令和2年6月8日、新型コロナウィルス感染症対策として、境町内の全公立小中学校へAIサーモカメラを設置いたしました。このAIサーモカメラは、設定した体温以上の児童・生徒がいるとアラートが鳴るようになっており、一度に20名程度の体温が測定できます。

          布マスク&マスクインナー全町民に配布

          2020/05/14(木) 11:00

          境町では、令和2年5月9日と10日、新型コロナウィルス感染防止対策として、全町民を対象に、境町オリジナルマスク&マスクインナーの無料配布を実施いたしました。依然として、マスクの購入が著しく難しい状況が続いていることから、町民の皆さまにご利用していただき、少しでも安心していただければと思います。

          テイクアウト支援「半額弁当販売」町が半額補助

          2020/05/13(水) 15:30

          茨城県境町では、令和2年5月7日から、新型コロナウイルスの外出自粛要請により売上が低迷している飲食店42店舗を支援するため、テイクアウト弁当の半額を補助(補助上限500円まで)を実施いたします。

          新型コロナウイルスの影響で帰省できない若者支援

          2020/05/12(火) 14:00

          境町では令和2年5月2日、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、帰省することができない、境町出身の18歳から25歳の若者に対し、マスク等や米などを仕送りする事業を開始いたしました。境町への帰省を自粛している境町出身の若者を、地元の特産物(お米・マスク・さしま茶)で応援します。

          境町子ども食堂再開

          2020/05/12(火) 10:53

          茨城県境町では、新型コロナウイルスの影響により休業していた境町こども食堂を5月1日から再開します。参加町内店舗は21店舗、各店10食を5月31日まで提供いたします。

          子どもたち全員に1人5,000円の臨時給付金支給

          2020/04/23(木) 18:03

          境町では、コロナウイルス感染拡大により町立小中学校・認定こども園・保育園・児童クラブが休業となっております。
          休業期間中の子育てにかかる家計負担を軽減するため、高校生以下(勤労者を除く)の児童を対象として、町独自に児童1人あたり5,000円を支給いたします。

          128件中1~30件表示