お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          歴代の偉人たちに愛された 「銀座英國屋」のフルオーダースーツ

          【3年有効】銀座英國屋オーダースーツ仕立て補助券(寄附額20万円コース)/贈答利用可

          埼玉県北本市

          【3年有効】銀座英國屋オーダースーツ仕立て補助券(寄附額20万円コース)/贈答利用可

          200,000円

          在庫: あり

          これが今回ご紹介する銀座英國屋「オーダースーツ仕立補助券」。寄付額150万円(45万円相当)コースまであり、ふるさとチョイスで多くの人に支持されている。(シングルスーツ上下 19万円〜)

          感想(1)

          詳しく見る

          著名人の装いを担ってきた
          歴史が信頼の証

          過去には田中角栄氏や本田宗一郎氏といった政財界のトップリーダーたちが顧客リストに名を連ね、現在の内閣総理大臣を務める菅義偉氏もお気に入りであると、自民党総裁就任時にテレビ中継のテロップで流れたという銀座英國屋。1940年に創業した帽子屋をルーツとし、現在では銀座本店をはじめ全国に10店舗を展開。日本を代表するテーラーとして知られている。一方のエイワは縫製会社として70年以上の歴史を持ち、長らく銀座英國屋と二人三脚でオーダースーツをつくり続けてきた老舗。その後銀座英國屋の完全子会社となり、年間5000着ものオーダースーツを縫製することができる国内随一の規模を誇る。

          銀座英國屋が手掛けるのは昔も今もビスポークのみ。ビスポークとは、テーラーと顧客が対話を重ねながら一着のスーツをつくりあげていくフルオーダーを指す。「お客様が大切な方から信頼を得られる装いを提供することが私たちの仕事」と、銀座英國屋の3代目であり、エイワの代表取締役社長も務める小林英毅さんが話す。 つまり、スーツとは単なるファッションではなく、ビジネスの相手から信頼を得るためのツールであるということ。その証拠に、同社ではテレビドラマへの衣装協力を行っているが、その多くは優れたビジネスパーソンに設定された人物が着用するスーツとして登場している。着心地がいいのはもちろん、見た目の美しさ、服地や縫製の素晴らしさが相手から“信用”という形で返ってくるのがオーダースーツの魅力。銀座英國屋では、そんなビジネスシーンで活躍してくれる特別な一着を仕立てることができる。

          【3年有効】銀座英國屋オーダースーツ仕立て補助券(寄附額100万円コース)/贈答利用可

          埼玉県北本市

          【3年有効】銀座英國屋オーダースーツ仕立て補助券(寄附額100万円コース)/贈答利用可

          1,000,000円

          在庫: あり

          着心地がいいのはもちろん、見た目の美しさ、服地や縫製の素晴らしさが相手から“信用”という形で返ってくるのがオーダースーツの魅力。老舗テーラーの銀座英國屋で、30万円相当のオーダースーツを仕立てることができる。(シングルスーツ上下 19万円〜)

          詳しく見る

          こだわるのは“信頼を得られる装い”

          銀座二丁目にある銀座英國屋の本店。歴史や風格を感じさせる店内に足を踏み入れると、スタイリストが笑顔で出迎えてくれる。オーダースーツの工程は、服地を選ぶところからスタートする。イギリスやイタリアを筆頭に、各国の著名なブランドの服地がずらりと並び、服地の好みやスーツを着用する目的といった話をしながら、服地を選んでいく。
          その後はデザインやディテールの仕様を相談し、肩幅や胸囲などを測る「採寸」が行われる。約2週間後、しつけ糸で仮止めされた状態のものを着用し、体によりフィットするように調整する「仮縫い」を実施。そして、約4週間の時間をかけて「本縫い」と呼ばれる縫製が行われ、世界で一着だけのオーダースーツが完成する。採寸・仮縫いには、「人間の身体に対する知識」と「それにフィッティングさせる技術」に対する飽くなき追求が必要なため、接客担当であるスタイリストとは別に、専門技術者として「フィッター」が担当する。そして、良いスーツを仕立てるためには、スタイリスト・フィッター・縫製職人との連携も重要であり、銀座本店から1時間半という埼玉県北本市の「集まれる距離」の立地が活きてくる。

          同社が得意とするスタイルは、あくまでも顧客が信頼を得られる装いであること。そのため、特定のスタイルを打ち出すことはなく、“信頼”をテーマに顧客に合わせたデザインが提案される。そんな姿勢を象徴するエピソードが、創業以来、最も支持を集めている服地が濃紺の無地であることだろう。
          中でも歴代で最も売れているのが、イギリスの老舗ボワー・ローバックに特別にオーダーしたオリジナルの「エレガントブルー」という服地。スーパー180’sという細番手のウールにカシミヤをブレンドしたもので、軽くて滑らかな肌触りの服地に調和する深みのある濃紺と気品のある艶が美しい。銀座英國屋が自信をもって提案するエグゼクティブに相応しい装い。自分だけの一着に袖を通せば、これまでに体験したことのない満足感が得られる。

          【3年有効】銀座英國屋オーダースーツ仕立て補助券(寄附額50万円コース)/贈答利用可

          埼玉県北本市

          【3年有効】銀座英國屋オーダースーツ仕立て補助券(寄附額50万円コース)/贈答利用可

          500,000円

          在庫: あり

          オーダースーツでは柔らかくて光沢があるものなど、自分好みの服地を選ぶことができる。銀座英國屋が自信をもって提案するエグゼクティブに相応しいオーダースーツを仕立てる際に、15万円相当の補助券として利用することができる。(シングルスーツ上下 19万円〜)

          詳しく見る
          【3年有効】銀座英國屋レディースオーダースーツ仕立て補助券(寄附額50万円コース)/贈答利用可

          埼玉県北本市

          【3年有効】銀座英國屋レディースオーダースーツ仕立て補助券(寄附額50万円コース)/贈答利用可

          500,000円

          在庫: あり

          着心地がいいのはもちろん、見た目の美しさ、服地や縫製の素晴らしさが相手から"信用"という形で返ってくるのがオーダースーツの魅力。老舗テーラーの銀座英國屋で、15万円相当のレディース用オーダースーツの補助券として使うことができる。(シングルスーツ上下 23万円〜)

          詳しく見る

          熟練職人の手仕事が
          導く極上の着心地

          真のエグゼクティブに選ばれる銀座英國屋のオーダースーツはどのように縫製されているのか、埼玉県東部中央に位置する北本市のエイワを訪ねてみた。上着における縫製の工程は、主に「前半」、「見返し」、「中間」、「袖」、「後半」の5つに分かれる。「前半」ではダーツを縫ったり、ポケットのフラップをつくったりして身頃を製作。「見返し」は内ポケットをはじめとする身頃の内側にあたる見返しをつくる工程で、最も顧客の要望が反映される。そして、身頃と見返しを合わせるのが「中間」の工程。その後、袖をつくり、「後半」では袖や襟を付けて、最終的にアイロンワークによるプレスを経て完成する。

          オーダースーツならではの技術が、最も現れるのが可動領域の大きい肩まわりといわれている。人間の肩は左右で高さが異なることが多く、筋肉の付き方によって形状も変わる。また、日本人に多い肩が体よりも前に出る「前肩」にしても人によって曲がり具合が違う。そのため、銀座英國屋では本縫いに入る前の仮縫いの際に、身頃から袖を外してしまう。脇のアームホールが顧客の脇の下に正しくはまっているかどうかを確認し、そうでない場合はフィッティングによって調整していく。そして、本縫いにおける「肩入れ」や「袖付け」といった工程では、熟練の職人が手縫いで仕上げることで人によって異なるさまざまな差異を調整し、見事なまでにフィットする肩まわりへ仕上げていくのである。

          エイワの工房長である水沼貴裕さんは、「重い服地の上着でも肩まわりに均等に力がかかるため軽く感じ、着ていないかのような着用感になる」と語った。(写真左:水沼工房長 右:代表取締役社長 小林さん)
          自分の体にジャストフィットし、長時間着用しても肩が凝ることがなくストレスを感じることもない。銀座英國屋のオーダースーツの真髄はまさに着心地であり、多くの顧客が信頼を寄せる理由もここにある。

          【3年有効】銀座英國屋オーダースーツ仕立て補助券(寄附額10万円コース)/贈答利用可

          埼玉県北本市

          【3年有効】銀座英國屋オーダースーツ仕立て補助券(寄附額10万円コース)/贈答利用可

          100,000円

          在庫: あり

          自分の体にジャストフィットし、長時間着用しても肩が凝ることがなくストレスを感じることもない。銀座英國屋のオーダースーツを仕立てる際に、3万円相当の補助券として利用することができる。(シングルスーツ上下 19万円〜)

          詳しく見る
          【3年有効】銀座英國屋レディースオーダースーツ仕立て補助券(寄附額20万円コース)/贈答利用可

          埼玉県北本市

          【3年有効】銀座英國屋レディースオーダースーツ仕立て補助券(寄附額20万円コース)/贈答利用可

          200,000円

          在庫: あり

          オーダースーツでは柔らかくて光沢があるものなど、自分好みの服地を選ぶことができる。銀座英國屋が自信をもって提案するエグゼクティブに相応しいレディース用オーダースーツを仕立てる際に、6万円相当の補助券として利用することができる。(シングルスーツ上下 23万円〜)

          詳しく見る

          日本のテーラー文化を
          守るための技術継承

          エイワの工場では約80名の職人が在籍し、縫製の各工程を複数の職人が担当するグループ縫製とよばれる分業制を採用している。オーダースーツの世界では、長らく一人の職人が全工程を手で縫い上げる「丸縫い」が主流だったが、技術が継承されないまま高齢化が進み、後進が育たない点が問題視されてきた。
          そこで5年以上前に水沼さんが中心となって更に進展したのが、若手を教育するためのプログラムである。若い職人は丸縫いできる熟練の職人から一通りの縫製技術を学び、その後に専門の工程に特化。習熟度が進んだところで別の工程を順次担当することで、工場全体の技術力が飛躍的にアップしていった。かつては丸縫いに追い付け追い越せだったが、現在はほとんど同レベルのものが出来上がってくる。それだけでなく、グループ縫製の場合は品質が均一になる点が、長所なのだという。

          そもそも丸縫いはフルハンドメイドゆえに職人の個性や癖が現れるのが特徴だが、味わいのある縫い目がエグゼクティブの世界では仇になることもある。そのため、エイワでは縫製の均一さや美しさが求められる工程ではミシンを使い、肩まわりなどの高度な技術が求められる工程では、熟練の手縫いを用いている。
          これも顧客が信頼を得られる装いであることを突き詰めた結果。肌に寄り添う極上の着心地だけでなく、細部における美しさを徹底的に追求することで生まれる銀座英國屋のオーダースーツ。ビジネスでの成功を引き寄せてくれる唯一無二の一着になるであろう。

          【3年有効】銀座英國屋オーダースーツ仕立て補助券(寄附額5万円コース)/贈答利用可

          埼玉県北本市

          【3年有効】銀座英國屋オーダースーツ仕立て補助券(寄附額5万円コース)/贈答利用可

          50,000円

          在庫: あり

          肌に寄り添う極上の着心地だけでなく、細部における美しさを徹底的に追求することで生まれる銀座英國屋のオーダースーツ。仕立てる際に、1万5000円相当の補助券として利用することができる。

          詳しく見る

          その他の極特集