お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          お礼の品をさがす

          該当のお礼の品:
           件

          はじめての方へ

          白馬村のすべての寄付金の活用報告

          公営塾にも活かされています

          2020/12/01(火) 10:30

          白馬高校支援事業にもふるさと納税を活用させていただいております。一時は、生徒数の減少により統廃合の危機を迎えた高校でありましたが、公営塾設置、国際観光科設置、寮の整備を行い全国募集で多くの生徒が集まり、新たなスタートを切りました。
          公営塾では、個人の学習とともにプロジェクト学習を取り入れ、自ら課題を考え、情報収集し解決を図る手法で、2019年(第8回)イオンエコワングランプリで「グローバル気候マーチin白馬」をテーマとし文部科学大臣賞を受賞しました。塾生自ら、白馬の気候変動を危惧して気候マーチを企画し、参加者120名とともに気候非常事態宣言の発令を求める要望書と署名を村長へ手渡し、白馬村においては、国内三番目の早さで白馬村気候非常事態宣言を発令しました。高校生自ら、自分の住んで居る村の気候変動を考え、更に実行に移す、単なる学習塾ではなく個性を磨き、輝くそんな塾にしていきたいと思います。

          生ごみ処理機設置補助金に活用しています。

          2020/06/16(火) 09:10

          白馬村では、生ごみの処理機器の購入補助金は、白馬村内の各家庭から排出される“生ごみ”を焼却から堆肥化することにより、焼却により発生する地球温暖化ガスを抑制することで地球環境の保全に努めています。
          あわせて処理によって出来上がった堆肥を家庭菜園等で使用することで、規模は小さいですが資源の循環を行ない、限りある資源の有効利用を図っています。
          この事業に、「環境の保全および景観の維持・再生に関する事業」の使い道を選んでいただいた寄附を活用させていただいています。
           この補助金は平成20年7月から補助を開始しています。

          ICT教育を充実させています

          2020/04/08(水) 08:26

          白馬村では平成27年度より、ICT教育環境整備を開始し、平成30年度には白馬中学校において1人1台のタブレット端末の整備を終えました。
          タブレット端末を用いて、体育の授業ではマット運動、ダンスで自分がどんな動きをしているのか、動画撮影をして自分で確認したり、教科ではタブレット上で問題を解き、指導者端末で自動採点・集計を行うソフトウェアを導入し、小テストのデジタル化等を行っています。授業時間と成績処理の両面で時短につながる効率的なものです。

          ふるさと納税による財源を活用し、タブレットアプリケーションを導入できました。今後も児童生徒の学習環境と学力の向上のため、
          白馬村の応援をよろしくお願いいたします。

          しろうま保育園 エアコン設置ができました

          2020/02/10(月) 10:04

          夏は避暑に訪れる方が多い白馬村ですが、近年、高温の日々が続いています。昨年の夏は、高温により小学校のプールが中止になるという白馬村では、今までにない事態が起こっています。そのため、保育園等へのエアコン設置の要望が多く寄せられている状況でした。
          そのような中、今年度、皆様から寄付をして頂いた、ふるさと納税による財源を活用し、白馬村しろうま保育園にエアコンを設置することができましたことに、感謝申し上げます。エアコン設置が実現したことにより、熱中症の危険を取り除き、未来ある子どもたちの健やかな成長につながっています。
          白馬村の発展及び、保育の質の向上を目指して努力してまいります。今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

          美しい白馬村の景観を後世へ引き継ぐために

          2020/02/04(火) 09:42

          白馬村では、村の素晴らしい景観を後世に引き継ぐため、景観行政団体移行を目指して、白馬村景観計画を策定しています。景観計画の策定に当たっては、「環境の保全および景観の維持・再生に関する事業」の使い道を選んでいただいた温かい寄附金を活用させていただいております。
          白馬村の素晴らしい景観を次世代に生きる子どもたちにも残していけるよう、これからも白馬村の応援をよろしくお願いいたします。

          地域の未来を担う観光人材を応援!

          2020/02/04(火) 09:39

          白馬村では、企業版ふるさと納税を活用し、基幹産業である観光業の発展を担う若者のUターン・定住を支援するため、「白馬村ふるさと人材奨学金返還補助事業」を行っています。村内に唯一の高校である県立白馬高等学校を卒業し、大学等に進学後、白馬村内の観光事業者に就職をした若者を応援する制度となっています。 
          この制度に、企業版ふるさと納税や、「白馬高校の魅力化づくりに関する事業」の使い道を選んでいただいた温かい寄附を活用させていただいています。
          地域唯一の高校の魅力づくりのために、これからも白馬村の応援をよろしくお願いいたします。

          白馬高校留学支援GCF目標金額達成しました!

          2018/04/29(日) 14:12

          多くの方にご支援いただき目標金額達成しました!ありがとうございました!
          引き続き白馬高校の応援をよろしくお願いします!

          寄附金の使い道を追加しました

          2018/04/19(木) 09:00

          白馬村では、平成30年度から寄附金の使い道として以下の事業を追加しました。
          ・多様性を活かした地域力向上に関する事業
          ・世界水準の国際観光地づくりに関する事業
          ・子育て支援に関する事業
          ・地域課題の解決に資する事業者等の支援に関する事業
          白馬村の地域特性を活かしたまちづくりを推進するため、多くの皆様からのご寄附をお願いいたします!

          白馬高校魅力づくり事業が表彰されました!

          2017/10/07(土) 09:15

          ふるさと納税を活用して取り組んでいる白馬高校の魅力づくり事業が、「ふるさと納税を地域の活性化につなげた優れた事例」として「ふるさと納税の健全な発展を目指す自治体連合」により表彰されました。
          9月27日に開催された「日経地方創生フォーラム第1部『ふるさと納税の未来を考える』」にて表彰式が行われ、村長が出席しました。
          今後も多くの方にご支援いただけるよう、皆さんのご協力をお願いします。

          白馬高校グローバル講演会-岡田武史さん

          2017/05/29(月) 18:30

          5月12日(金)に元サッカー日本代表監督の岡田武史さんを招いてグローバル講演会を開催しました。
          「遺伝子にスイッチを入れるチャレンジ」と題し、厳しい環境に身を置いてこそ人は成長すること、自分で夢や目標を設定してチャレンジすることの重要性などを生徒たちに熱く語っていただきました。

          *白馬高校では、ふるさと納税による寄附金を活用して、毎年3回程度、各界の著名人をお招きして生徒や住民を対象に「グローバル講演会」を開催しています。
           引き続き白馬村・白馬高校へのご支援をよろしくお願いします。

          白馬高校公営塾「しろうま學舎」プロジェクト学習

          2016/12/22(木) 21:36

          白馬高校の魅力づくりの一環として村が運営する塾「しろうま學舎」では、開講以来プロジェクト学習を進めてきました。
          12月21日(水)に行政職員や議員、学校の先生、図書館運営協議会委員、メディア関係者などを招き、「図書館を交流拠点とするための提案」と題して、地域課題である「つながりの希薄化」に着目し、図書館における交流を創ることでその課題を解決できるのではないかというプレゼンテーションを行いました。
          しろうま學舎の開講から約1年3ヵ月が経過し、生徒たちは新しい学びの機会を活かし大きく成長していることが実感できた報告会でした。
          引き続き、地域内外から愛される白馬高校へのご支援をよろしくお願いいたします。

          【御礼】ジャンプ大会GCF、目標達成しました!

          2016/08/30(火) 20:20

          2ヵ月半にわたり支援を募ってきたサマーグランプリジャンプ白馬大会のガバメントクラウドファンディングが、目標の300万円に到達しました!
          8月27日~28日に開催された大会では、長野県出身の竹内択選手が優勝し、葛西紀明選手もビッグジャンプを見せてくれました。
          また、大会期間中はお礼の品として提供したオリジナルバナーが複数飾られたほか、特別席では出場選手からサインをもらったり写真を撮ったり、選手との交流を楽しんでいただきました。
          国際大会を間近で観る機会を確保することで、多くの人に感動を与え、子どもたちにも夢を与えられるよう、来年度以降も大会継続を目指します。

          白馬村は秋を迎え、新米や紅葉の時期を迎えます。
          美味しいお米も、大迫力の紅葉もオススメです。
          引き続き白馬村へのご支援をお願いします。

          サマーグランプリジャンプ白馬大会GCF受付開始!

          2016/06/16(木) 21:48

          毎年8月下旬に白馬村で開催されているスキージャンプの国際大会が、今年は8月27日(土)と28日(日)に開催されます。
          小さな村にとって、ジャンプ競技場の維持費や大会運営費は大きな負担となりますが、世界レベルの戦いを間近で見られる数少ない機会で、次世代を担う選手育成の点からも大会を守り盛り上げたい!
          ぜひ皆さんのご支援をお願いします。
          お礼の品として大会観戦チケットをお贈りしますので、国内外トップクラスの選手のジャンプを生でご覧ください!

          国際観光科の第1期生が入学しました

          2016/04/05(火) 21:00

          県外生13名を含む国際観光科の第1期生38名と普通科38名の新入生を迎え入れ、4月5日(火)に入学式が行われました。
          新入生76名の代表として福岡市出身の碓氷衣織さんが「自分の進路に向けて努力を惜しまず、何事にも挑戦して、実のある3年間にする」と宣誓の言葉を述べました。
          全校生徒は188名となり、昨年度に引き続き増加傾向にあります。
          ふるさと納税として皆さんからご支援いただいた基金を活用し、地域内外の生徒達が3年間切磋琢磨しながら学び、「白馬高校を選んで良かった」と思ってもらえるよう、学校と協力してグローカルな学びをサポートします。
          引き続き、白馬高校へのご支援をよろしくお願いします!

          教育寮「しろうま Pal House」開設!

          2016/03/28(月) 11:00

          白馬高校で全国から募集した生徒を受け入れる教育寮「しろうま Pal House」の入寮式を行いました。
          平成28年度は、県内外から新たに入学する男子14名を受け入れ、寮でも様々な学びの機会を提供します。
          白馬高校国際観光科の第1期生、そしてしろうまPal Houseの第1期生として、生徒と共に新たな歴史を創ります。
          引き続き白馬高校魅力づくりへの支援をよろしくお願いいたします。

          白馬高校魅力化プロジェクトが進行しています!

          2015/12/30(水) 12:50

          平成28年4月に国際観光科を新設して生徒を全国から募集する白馬高校。
          9月には公営塾「しろうま學舎」が開講し、大学入試対策や定期テスト対策のみならず、Yahoo!と連携して地域活性化に取り組むプロジェクトや地元の外国人による英会話講座など、生徒たちに様々な学習環境を提供しています。また、全国から集まった生徒を受け入れる「教育寮」の準備も進んでいます。
          地域づくりを人づくりと捉え、世界水準の山岳観光資源を活用した実践的な学びを提供し、将来の地域を担う人財を育てる白馬高校魅力化プロジェクトに皆様の温かいご支援をお願いします。

          16件中1~16件表示