エンディングボックス(骨壺)特集

最近、終活のひとつとして、
生前にご自身やご家族のエンディングボックス(骨壺)を選ぶ方が増えています。
生前に自分の骨壺を用意することは縁起が良いとされ、明治以前の日本ではごく自然な慣習でした。
エンディングボックス(骨壺)は、「自身の最期の棲家」となる大切なもの。
ぜひ大切な自分のために、愛する人のために、
自分らしい、その人らしいお品を選んでみませんか。
伝統の技術を誇る有田焼のエンディングボックス(骨壺)をお届けします。



有田焼といえば、白く透きとおるような地肌に、華やかで繊細な絵付けが特徴の陶磁器で有名です。ぬけるような白磁に染め付けられた美しい絵柄の数々は、17世紀後半にはヨーロッパに輸出され、中国陶磁とともに多大な影響を与えました。そして有田焼は今、長い伝統を新しい伝統に融合させ、新たな歴史を作り出しています。


エンディングボックス一覧

A50-56 まるふく 有田焼骨壺 菊

50,000円以上の寄附でもらえる

生前の故人に感謝し偲び敬い、安寧を願いつつ霊を祀る。故人の永遠の物語の始まり に有田焼の格調と品位をを添える上絵を施しました。化粧箱に入れてお届け致します。

A100-26 永遠の壷(山水)神田陶器店

100,000円以上の寄附でもらえる

生前の故人に感謝し偲び敬い安寧を願いつつ霊を祀る。故人の永遠の物語の始まりに有田焼の格調と品位を添える上絵を施しました。

A150-25 永遠の壷(鳳凰山水)神田陶器店

150,000円以上の寄附でもらえる

生前の故人に感謝し偲び敬い安寧を願いつつ霊を祀る。故人の永遠の物語の始まりに、有田焼の格調と品位を添える上絵を施しました。

A150-26 青花 匠 錦さくら紋 エンディングボックス(小)小島芳栄堂

150,000円以上の寄附でもらえる

日本人になじみの深い「桜」の模様です。桜の花が散るのを見たときに「潔さ」、「散り際がきれい」という言葉に惹かれる人が沢山いらっしゃるのではないでしょうか?その想いをこめてしん窯青花の伝統工芸士橋口博之氏とスタッフの皆さんと一緒にこの壺を製作いたしました。

A150-27 青花 匠 蝶紋 エンディングボックス(小)小島芳栄堂

150,000円以上の寄附でもらえる

天気の良い日に花から花へと飛び回る蝶々。いかにも、自然で何の縛りもない自由なその姿は、人としての縛りを解けば、こんな感じで自由に飛ぶことなのかもしれません。自由を求めて束縛のない世界へ飛び立つ方への想いを込めて、しん窯青花の伝統工芸士橋口博之氏とスタッフの方と一緒にこの壺を製作いたしました。

A150-28 カメリアエンディングボックス(木箱付)深海三龍堂

150,000円以上の寄附でもらえる

職人技による総手描きで、温もりと格調の溢れる上品な仕上がりとなったエンディングボックス(骨壷)は、大切な御遺骨を納める「自身最期の棲家」に相応しい逸品です。

A200-16 まるふく 有田焼骨壺 蓮鳳凰

200,000円以上の寄附でもらえる

生前の故人に感謝し偲び敬い、安寧を願いつつ霊を祀る。故人の永遠の物語の始まり に有田焼の格調と品位をを添える上絵を施しました。化粧箱に入れてお届け致します。

A250-15 しだれ桜(正円寺桜)御壺 陶楽

250,000円以上の寄附でもらえる

正円寺桜の特徴であるピンクの色を生かし、12色使って伝統工芸士の中尾正三郎氏監修のもと陶楽オリジナルの御壺です。

A300-25 青海波エンディングボックス(木箱付)深海三龍堂

300,000円以上の寄附でもらえる

職人技による総手描きで、温もりと格調の溢れる上品な仕上がりとなったエンディングボックス(骨壷)は、大切な御遺骨を納める「自身最期の棲家」に相応しい逸品です。

A300-26 青花 匠 桜散らし エンディングボックス 小島芳栄堂

300,000円以上の寄附でもらえる

日本人になじみの深い桜の文様です。桜の花が散るのを見たときに「潔さ」「散り際がきれい」という言葉に惹かれる人が沢山いらっしゃるのではないでしょうか?その想いを込めてしん窯青花の伝統工芸士橋口博之氏とスタッフの皆さんと一緒にこの壺を製作いたしました。

A400-17 青白磁御壺「霊峰富士」陶楽

400,000円以上の寄附でもらえる

透き通るような磁肌は400年以上の歴史を誇る有田焼最大の魅力です。薄つくりの繊細な磁肌に浮かぶ霊峰富士は、山口幹彦氏が手轆轤で作り上げた青白磁の傑作です。

A1000-27 油滴天目御壺 陶楽

1,000,000円以上の寄附でもらえる

黒釉地に油滴に似た銀色の斑紋が現れ、一つ一つ斑紋の出方が違い、まるで宇宙に広がる星々のようです。油滴という名のとおり、銀色に輝く斑紋が油のしずくのように陶肌に現れ光沢を放つ16代西山徳右エ門氏の作品です。耀変天目に勝るとも劣らない美しさです。

A1000-28 桜樹の壷(山口幹彦氏・鷹巣佳之氏合作)神田陶器店

1,000,000円以上の寄附でもらえる

生前の故人に感謝し偲び敬い安寧を願いつつ霊を祀る。故人の永遠の物語の始まりに有田焼の格調と品位を添える上絵を施しました。有田を代表する作家である山口幹彦氏(ろくろ成形)、鷹巣佳之氏(絵付け)の合作限定品です。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む