お礼の品掲載数 申し込み自治体数 選べる使い道数 ふるさと納税サイトNo.1

※1 2017年12月8日~11日マクロミル調べ ※2 2017年11月2日自社調べ

ワンストップ特例制度

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

寄附金額別 おすすめうなぎ特集!

写真

たくさんのお礼の品の中からチョイス厳選のうなぎを金額別でご紹介!

うなぎの旬は?

うなぎには「養殖」と「天然」の2種類があり、養殖は1年中販売していますが、天然うなぎが獲れるのは5月〜12月と期間限定。その中でもうなぎの旬は「10〜12月」と言われています。

とはいえ実際にうなぎを食べるのは、土用の丑の日が話題になる7〜8月かもしれませんね。夏にうなぎを食べる風習は江戸時代からはじまっています。旬ではない夏に売り上げが落ちるのを防ぐために、大きく宣伝したことによって、この習慣が根付いたそうです。

うなぎは栄養満天!

「スタミナ回復にはうなぎ!」と言われる通り、うなぎは栄養たっぷりのお魚。主に「疲労回復」と「美容」に効果が期待できます。

うなぎには「たんぱく質」に加え「ビタミン」、「ミネラル」が豊富に含まれており、非常に栄養バランスが良い食材なんです! 「最高の健康食」とも呼ばれており、不足している栄養をしっかり補ってくれます。

主に、免疫力を向上させる「ビタミンA」、疲れやスタミナを回復してくれる「ビタミンB1・B2」、骨を強くする「ビタミンD」、血行を良好にする「ビタミンE」が豊富。さらにミネラルにおいては、がん、心臓病、高血圧や糖尿病、脳卒中、動脈硬化などの予防・改善に効果的な「DHA」、血液や血管の健康維持に効果のある「EPA」もたくさん含まれています。

脂ののったうなぎの場合、カロリーが気になるかもしれませんが、うなぎの脂は身体に悪いものではなく、コレステロールなどを抑制してくれるため、ダイエット中でも安心して食べられるお魚なんです!

うなぎの蒲焼のおいしい食べ方

せっかくうなぎの蒲焼を購入したのであればおいしくいただきたいですよね! 早く食べたいからといって、そのままレンジで温めるのはNG。まずはうなぎの蒲焼に熱湯をかけ、水気を拭き取ってからグリルで軽く焼き直すと、お店で出てくるようなおいしいうなぎに大変身します。

簡単な流れは以下の通り。
1.購入したうなぎを熱湯で優しく洗う。
2.余分な水分を拭き取り、油を薄く塗ったアルミホイルの上にうなぎを乗せ、お酒を適量かける。
3.うなぎをアルミで包み、グリルに入れて3〜4分焼いたら完成。

タレが冷たい場合は、最後の焼き上げの前に、さっとうなぎの表面に塗って数十秒グリルに入れるのがおすすめです!

土用の丑の日に食べることが多いうなぎですが、栄養不足だなと感じたときには、おすすめのお魚。ぜひ夏にも冬にも味わってみてくださいね!

目次

10,000円以上の寄附でもらえる

20,000円以上の寄附でもらえる

30,000円以上の寄附でもらえる

50,000円以上の寄附でもらえる

※コメントは、名前等フェイスブックの公開基本データも表示されますのでご注意ください。

スタッフ厳選!注目の自治体特集

島根県出雲市
埼玉県深谷市
大阪府岸和田市
熊本県八代市
長崎県佐世保市
北海道夕張市 ReSTART
北海道夕張市 ReSTART
Areal Japan

ページ内の一番上へもどる