お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          お礼の品をさがす

          該当のお礼の品:
           件

          はじめての方へ

          奈良県桜井市からの使い道情報

          「纒向考古学通信」最新号(Vol.15)刊行!

          2020/10/26(月) 13:06

          寄附の使い道「纒向遺跡の調査研究・保存活用に関する事業」を選ばれた方で希望する方に、纒向遺跡の調査や研究の動向をお知らせするため、「纒向考古学通信」の最新号をお送りしています!
          今回の通信は全面リニューアルされ、より一層読みやすく、わかりやすい内容となりました。

          目標達成!桜井駅前整備活性化事業

          2020/01/27(月) 11:04

          【奈良県桜井市】令和の時代に万葉集発燿の地である桜井のまちを再び輝かせたい!
          目標金額:2百万円
          皆様のご支援、ご協力のおかげで目標金額を達成することができました!深くお礼申し上げます。

          日本はじまりの地、万葉集のふるさと桜井市を全国民の皆様に知っていただき、これを契機としてまちの復興、活性化に結び付けていくため、ご賛同いただける皆様にこのような形でご協力をお願いすることにいたしました。

          その結果、皆様から暖かいご支援をいただき、寄附目標金額を達成することができました。皆様のご厚情に深く感謝いたします。

          【纒向遺跡の発見】お供え物はカエル!?

          2019/04/26(金) 09:05

          邪馬台国の最有力候補地・纒向(まきむく)遺跡にて、カエルの骨が117点も出土しました!
          古代の女王・卑弥呼と同時代のモモの種などが出土した遺跡からカエルの骨が見つかり、邪馬台国の祭祀にカエルが供えられた可能性があります。
          過去にカエルの骨が井戸跡などから出土した例はありますが、お供え物として使われた可能性を示す初めての発見です。

          詳細は、桜井市纒向(まきむく)学研究センター発行の研究誌『纒向学研究』第7号に記載しています。
          なお、カエルの骨は4月25日から9月29日まで、桜井市立埋蔵文化財センターで公開しています。

          ※『纒向学研究』の刊行は、桜井ふるさと寄附金の使い道「纒向遺跡の調査研究・保存活用に関する事業」です。

          3件中1~3件表示