お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          チョイス公式ポイント導入自治体 詳細

          東川町ポイント残高 : 

          JTB 「ふるぽ」 掲載自治体

          ふるぽは、JTBが運営するふるさと納税サイトです。
          https://www.furusato-tax.jp/feature/a/about/furu-po

          「ふるぽ」について詳しくはこちら

          お礼の品をさがす

          該当のお礼の品:
           件

          はじめての方へ

          東川町からのご案内

          2020/04/09(木) 11:04 寄付金受領証明書とワンストップ特例申請書について 寄付金受領証明書は、ご入金確認後2週間以内に発送いたします。
          お届けになりましたら、記載内容をご確認くださいませ。
          ワンストップ特例申請書につきましては、ご寄付いただきました皆様に、寄付金受領証明書に同封してお送りいたします。
          ご利用の方は、申請書の内容をご確認いただき必要事項をご記入のうえ、添付書類と併せて東川スタイル課までお送りくださいませ。

          【送付先】
          〒071-1426 北海道上川郡東川町北町1丁目1番2号
          東川町役場東川スタイル課 宛
          2019/12/20(金) 13:00 【郵便振替支払いについて】 郵便振替でのお支払いによるお申込みついては、12月20日(日)お申込分までとさせていただきます。
          お申込確認後に郵便振替用紙をお送りいたしますので、12月31日(木)までにご入金をお願いいたします。
          12月21日(月)以降のお申込みにつきましては、クレジットカード支払または銀行振込にてお支払いくださいませ。
          2019/12/20(金) 13:00 【年末のワンストップ特例申請書について】 12月20日(日)までにご入金完了分につきましては、寄付金受領証明書に同封してワンストップ特例申請書をお送りいたします。
          12月21日(月)以降のご入金完了分につきましては、お手数をおかけいたしますが各自で申請書をダウンロードしていただき、ご記入の上添付資料と合わせてお送りくださいませ。
          ※寄付金受領証明書につきましては、皆様に別途順次お送りいたします。
          〈送り先〉
          〒071-1426
          北海道上川郡東川町北町1丁目1番2号 東川町複合交流施設せんとぴゅあⅡ 東川スタイル課

          東川町の人気ランキング

          次へ

          前へ

          特集記事

          絞込み検索

          GCF®への応援メッセージ

          • スノーボードが盛り上がりますように。応援します!

            2019/12/30(月) 12:21

          • 元アスリートとして、竹内智香さんの活動を心から応援致します。

            2019/12/28(土) 21:03

          • 毎年、北海道へスノボに行ってるボーダーです。多くの子供達にスノボの楽しさを知ってもらいたい。

            2019/12/24(火) 20:11

          選べる使い道

          • ①東川町長に投資事業を一任する。

            投資事業を指定されない場合は、「東川町長に投資事業を一任する。」をお選びください。

          • ②写真文化首都「写真の町」プロジェクト『写真文化首都「写真の町」推進事業』

            1985年に「写真の町」を宣言し、写真文化を通じて潤いと活力のある町づくりに取り組み、写真文化と世界中の人々を繋ぐ「写真文化首都」の創造を目指しています。現在、日本は過疎・過密の2極化が進行しているなか、多極分散型社会として強靭な国づくりを目指し、写真文化の首都として地方から世界へ写真文化を発信するために「写真甲子園」をはじめとした写真の町に関わる事業や写真文化のアーカイブスのための事業に充てられます。

          • ③地域資源活用プロジェクト『東川発デザインミュージアム建設事業』

            大雪山を望む旭川家具をはじめとした全国的に名高い家具の産地であるこの地域は、多くの家具・クラフト職人が集いその匠たちが技を競い芸術高い家具を作り続けています。その地域で洗練された木工製品・クラフトや、世界的に歴史・芸術価値が高い「織田コレクション」を中核に「家具デザイン文化」を世界へ発信するデザインミュージアムの実現に向け、その建設のための事業に充てられます。

          • ④日本の未来を育むプロジェクト『日本福祉人材育成事業』

            東川町では誕生した赤ちゃんに椅子を贈る「君の椅子」をはじめとした、一人ひとりの人生の幸せのはじまりをカタチに残す優しいサービスを進めています。安心した子育てや暮らしを支えるため、命を育む保育士と暮らしを支える介護福祉士の奨学金等をはじめとした人材育成支援を図り、少子高齢化の流れに歯止めをかけ、誰もが活躍できる社会の実現に向け、日本の未来を育む福祉人材育成のための事業に充てられます。

          • ⑤地域資源活用プロジェクト『ひがしかわワイン事業』

            東川町では本格的にワイン造りに取り組んでいます。美味しいワインを造るため、良質な葡萄作りを実践。東川町の自然酵母を使用し「ひがしかわワイン」を生産します。ぶどうの品種は現在セイベル中心ですが、ピノノワール、シャルドネなどの試験栽培も初めています。この事業への投資(寄付)は「ぶどう苗木およびぶどう畑整備」に充てられます。

          • ⑥地域資源活用プロジェクト『滞在型交流施設整備事業』

            都市住民や企業との交流や連携により、東川町の魅力を体感し交流人口の拡大を図るため、滞在型交流施設を整備する。

          • ⑦日本の未来を育むプロジェクト『竹内智香選手と協働!スノーボードキッズ育成事業』

            オリンピックスノーボード代表の竹内智香さんと一緒にスノーボードを志す子どもたちを応援し、オリンピック出場など夢の実現への挑戦を通して豊かな人材を育成する。

          • ⑧自然と環境を守るプロジェクト『水と環境を守る森作り事業』

            大雪山の雪解け水を活用し、美味しい水が暮らしのそばにある東川町。貴重な水資源と地球環境を守る森づくりの大切さの発信や整備を実施。

          • ⑨地域資源活用プロジェクト『農業を守り育てる事業』

            道内屈指の米どころである東川町の農業を守り育てるため、「東川米」の大規模乾燥調製施設の整備などを進め、日本の食糧自給率確保に貢献します。

          • ⑩地域資源活用プロジェクト『文化財等活用推進事業』

            東川町が有する貴重な文化資源を文化財として指定して活用を図るとともに、将来にわたり収蔵保管を推進する。