利用率No.1ふるさと納税サイト 利用率No.1、欲しいお礼の品が見つかるNo.1ふるさと納税サイト

My漆器を探してみませんか?浄法寺漆器

漆の国内自給率が3%の中、約70%が岩手県産。その全量が、二戸地域で採集される「浄法寺漆」です。一滴一滴丁寧に掻き採った浄法寺漆から生まれた器は、使えば使うほど味わいが増していきます。

愛着も味わいも増していく、育てる漆器をお届けします

浄法寺漆から生まれる器は、最初は漆そのもののしっとりとした質感ですが、日々使うことで、器に味わい深い艶があらわれ、傷がついたり、はがれたりしても、修理のきく漆器。「塗師の仕事は7割までで、あとの3割は使い手が完成させる」とは、浄法寺の塗師たちの談。
しまい込まずに使うことで適度な湿気が与えられ、使い込まれることで、愛着のある特別な「わたしの漆器」へ成長していきます。

浄法寺漆から生まれた器をご紹介

浄法寺漆(じょうぼうじうるし)

漆の自給率がわずか3%という日本で、そのうち約70%が岩手県産。その全量が、二戸地域で採集される「浄法寺漆」です。一滴一滴丁寧に掻き採った浄法寺漆は、中尊寺金色堂や金閣寺、東照宮など、日本を代表する国宝建造物の修復にも使われており、日本文化を守る貴重な資源となっています。

すっと手になじむ心地よさ。毎日使うものだからこだわりたい!

C-5-1 【滴生舎】浄法寺漆器 浄漆椀(中) 朱・溜

100,000円以上の寄附でもらえる

通常の椀よりも少し大きめ。具だくさんの味噌汁やスープをたっぷり盛ったり、鍋を取り分けるのにも。
漆器は熱が伝わりにくいため、熱い汁物を入れても持ちやすいのです。
手に馴染む丸みの心地よさ、すっと吸いつくような口当たりの違いを感じてください。
長くお使いいただくうちに味わいを増し、艶やかな光沢を放ちます。

Z-6 【滴生舎】浄法寺漆器 こどもセット《名入れ》

50,000円以上の寄附でもらえる

漆の口当たりの良さや、木の器のぬくもりが感じられる漆器は、感覚が素直なこどもだからこそ使ってほしいものです。
こども椀としては卒業しても、デザート椀や小鉢などとしてずっと長くお使いいただけます。
お子様の成長とともに器が育ちます。
椀にはお子さまのお名前を入れてお届けします。

自分だけの器を探してみませんか

滴生舎に並ぶ漆器は、あえて最後は磨かずに仕上げます。最初は漆そのもののしっとりとした質感ですが、日々使うことで、器に味わい深い艶があらわれ、傷がついたり、はがれたりしても、修理のきく漆器。「塗師の仕事は7割までで、あとの3割は使い手が完成させる」とは、浄法寺の塗師たちの談。
しまい込まずに使うことで適度な湿気が与えられ、使い込まれることで、愛着のある特別な「わたしの漆器」へ成長していきます。

子どもが小さいうちは、投げたり、落としたり、噛んだりしてあぶないからとプラスチックですます家も多いと思います。けれど、逆に、赤ちゃんのうちから、ちゃんとした器を使ってほしい。
国産の木地に国産の浄法寺漆を使う漆器は、化学物質を心配しなくてよい安全な食器。漆の成分ウルシオールは、抗菌性が高く、耐性黄色ぶどう球菌、O-157、腸炎ビブリオなどは、6時間後にほぼ死滅するという頼もしさ。
口当たりのやわらかさと、しっとりと肌にすいつくような塗面は魅力なうえ、すべりにくさも嬉しいポイントです。

日常でつかう、漆器の扱い方

一番いいお手入れは日々使うこと、木の器は乾燥した環境が苦手です。
使うことで漆と木に適度な湿気も与えられ良い状態が保たれます。

【寄附金の使い道】漆産業振興のために活用

~漆産業振興のために~国産漆生産の約7割を占める二戸市・浄法寺地区。
この大切な産業を支え、伝統の技術を次世代へとつなげるべく、平成28年度にいただいたご寄附は、ウルシ原木資源調査、掻き師・塗師の後継者育成、浄法寺漆・塗 情報発信等の事業につかわれ、漆の安定生産に向けた事業に取り組んでいます。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む