お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          お礼の品をさがす

          該当のお礼の品:
           件

          はじめての方へ

          明和町の人気ランキング

          次へ

          前へ

          特集記事

          絞込み検索

          自治体への応援メッセージ

          • 以前、シクラメンを頂きました。
            とても良かったのでリピートします。

            2020/11/13(金) 22:49

          • 故郷、明和町を応援しています!

            2020/07/17(金) 15:14

          • これからも頑張ってください。

            2020/07/04(土) 18:04

          選べる使い道

          • 【教育】子どもたちの未来を守りたい!通学路への防犯カメラ設置事業

            群馬県明和町は3月に国道122号の館林明和バイパスが開通し、これにより東北道へのアクセス強化による物流効率化が期待されます。
            しかし、便利になる一方で、学校へ通う子どもたちは交通量が増加した道路を渡らねばならず、事故のリスクが増加しています。
            また、近年児童が重大な事件に巻き込まれる例も報道されています。

            交通安全の面、防犯の面から、子ども達が安全で安心して学校に通えるようにするためには、登下校時における対策が重要です。
            現在明和町では通学路に対して防犯カメラの設置がなく、町民の方々によるみまもりだけでは万全と言い切れないのが現状です。

            いただいた寄付は子どもたちの未来を守るための、通学路への防犯カメラの設置に活用させていただきます。

          • 【農業】世界に誇れる梨産地へ!明和町の「梨」応援プロジェクト

            明治の初め頃から明和町は梨の生産をはじめ、そのおいしさから群馬県有数の産地となっています。
            しかしながら、最盛期の昭和40年代には、生産者100軒、栽培面積40ヘクタールあった産地は、平成29年には後継者不足により、生産者24軒、栽培面積10ヘクタールとなっています。

            そのため、明和町では、梨の生産量減少や農家の後継者不足に歯止めをかけるため、「新規就農者の受け入れ」、「梨産地の法人化」、「特産梨のブランド化」など様々な事業を行っています。
            明和産の梨はふるさと納税返礼品にもなっており、より多くの方に明和の梨を味わってもらえるようPRしています。

            いただいた寄付は、梨産地の発展のために活用させていただきますので、応援よろしくお願いいたします。

            ※写真は県外からの新規就農者として梨農業を営んでいる東秀人氏

          • その他(町長におまかせ)

            いただいた寄付は使い道を特定せず、町の発展のために使わせていただきます。