みかんの里「蒲郡」

蒲郡でみかんの栽培が開始されたのは明治の初めで、昭和に入ってから本格化しました。温室みかんにおいては、昭和48年から始まり、現在に至っています。 蒲郡温室みかんの特徴は、品種を宮川早生に統一し、高い糖度と程よい酸味を兼ね備えたみかんの中のみかんです。

紹介します!旬の蒲郡みかん

温室みかん、グリーン温室みかん、路地みかん、中晩柑と、収穫の時期によっていろいろな蒲郡みかんがお楽しみ頂けます。ぜひ、旬の蒲郡みかんをご賞味ください。

【G0002】【期間限定】蒲郡みかん「箱入娘」約5kg

好評お申し込み受付中!!

[お申込み]11月20日(月)まで
[発送時期]2023年11月29日から12月20日頃まで

マルチ栽培園地(※)で、栽培者が手塩にかけて大切に育てた気立ての良い「箱入娘」は、甘みたっぷりのとても美味しい早生みかんの特選品です。冬季限定商品として、毎年ご好評をいただいております。

「箱入娘」の名前の通り蒲郡のみかん農家が手塩にかけて大切に育てたみかんです!

【G0190】【期間限定】蒲郡みかん「おてんば娘」約5kg

好評お申し込み受付中!!

[お申込み]11月20日(月)まで
[発送時期]2023年11月29日から12月20日頃まで

マルチ栽培園地(※)で、栽培者が手塩にかけて大切に育てた気立ての良い「箱入娘」は、甘みたっぷりのとても美味しい早生みかんの特選品です。冬季限定商品として、毎年ご好評をいただいております。

外見は、風キズがありますが、農家が手塩にかけて大切に育てたみかんです。

※マルチ栽培とは?
みかんの根元に「マルチ」という白色のシート(マルチシート)を敷き、雨水を入れず、土壌を乾かして糖度を上げる技術です。
不要な水分をみかんに吸わせないことで、より甘いみかんになります。
また、光がマルチシートに反射することで下からの光もみかんが十分浴び、色も鮮やかな紅が入ります。

『蒲郡みかん』を使用した、こんなお品もご用意しております。

寄附金の使い道について

蒲郡市は、豊かな自然に囲まれた、個性豊かで活力あふれる住みよいふるさとづくりに資することを目的とし、 「ふるさと蒲郡応援寄附金」を設けており、有効に活用させていただいております。 寄附金の使い道は、お申し込みの際にご希望の事業をお選びいただけます。 蒲郡市では、次のような使い道を考えておりますので、多くの皆様からのご支援をお待ちしております。

【健康・福祉に関する事業】
・児童福祉支援 ・老人福祉、生きがい事業 ・福祉事業 ・健康づくり対策 ・市民病院の充実

【教育・文化に関する事業】
・学校教育及び施設の充実 ・社会教育の充実 ・文化振興事業

【産業振興・環境に関する事業】
・赤い電車名鉄西尾・蒲郡線の存続に向けた活動 ・快適な環境づくり ・ごみの処理及び資源化、減量化 
・観光施設の整備 ・農林水産業の振興

【安全・安心に関する事業】
安心で住みやすいまちづくりを進めます。
・安心ひろめーるなどの充実 ・防犯灯や防犯カメラ設置など防犯対策事業 ・歩道のカラー舗装など交通安全事業

【その他ふるさとづくりに資する事業】
事業の指定がないものについては、ふるさとづくりの課題に応じて、市長が当該事業の指定を行わせていただきます。