神話と伝説のまち、世界農業遺産のまち、宮崎県高千穂町

宮崎県高千穂町はどんなところ?

自然の神秘に感動!「高千穂峡」

高千穂町は、雄大な自然に恵まれている町です。中でも、阿蘇の火山活動で形成された「高千穂峡」の景観は圧巻で、国の名勝・天然記念物に指定されています。ここは“天孫降臨の地”、“日本発祥の地”としても広く知られており、パワースポットとしても注目されている場所。80~100mの断崖が東西に7kmほど続く「五ヶ瀬川渓谷」も、見応えたっぷりです。また、“日本の滝百選”に選ばれた「真名井の滝」を見上げながらの手漕ぎボートは人気が高く、ハイシーズンは数時間待ちになることも。ぜひダイナミックな自然を体感しに来てください。

世界農業遺産のまち

標高300m以上の中山間地域に連なる棚田の一部は、“日本の棚田百選”に選ばれた絶景エリア。秋の収穫時期には黄金色の風景が広がり、おいしい自然乾燥米が収穫されます。山間地の環境と共生した農業、畜産業、林業の複合経営も本地域の特徴で、高冷地野菜や花卉、高千穂牛、椎茸など幅広い特産品が揃っています。
秋から冬に行われる「高千穂の夜神楽」の伝承も、高千穂が誇る貴重な文化遺産。それら全てが評価され、平成27年に国連食糧農業機関(FAO)から「高千穂郷・椎葉山地域」として世界農業遺産に認定されました。

秋~冬の雲海とご来光が魅力!「国見ヶ丘」

標高513mの国見ヶ丘は、絶景の雲海が楽しめる名所です。見頃は秋から冬にかけての早朝で、快晴無風の冷え込んだ日がチャンス。渓谷から湧き出す山霧が高千穂盆地を覆い隠し、幻想的な風景が広がります。対岸の山際から朝日が差し込むご来光の見事な景色には、思わず手を合わせてしまうほど。国見ヶ丘の西側には阿蘇の外輪山が連なり、お釈迦様が横たわっているように見える「阿蘇の涅槃像(ねはんぞう)」の姿を拝むこともできます。

諸願成就の神社 「高千穂神社」

約1900年前に創建された高千穂郷八十八社の総社・高千穂神社。境内には、源頼朝の代参・畠山重忠手植えの樹齢約800年の御神木「秩父杉」と、二本の杉の幹が一つになった「夫婦杉」の巨樹があり、訪れる人々を魅了しています。夫婦杉の周りを大好きな人と手を繋ぎながら3回まわると、縁結び、家内安全、子孫繁栄の3つの願いが叶うと言われているので、ぜひ訪れてみてください。境内にある神楽殿では、観光客向けに毎日20時から1時間、代表的な舞いを公開しています。

岩戸開き神話の舞台がそこに!「天岩戸神社」「天安河原」

日本神話で“太陽神”である天照大神がお隠れになった場所とされる、“天岩戸(あまのいわと)”と呼ばれる岩の洞窟。この場所をご神体とする「天岩戸神社」は、諸願成就の神社として毎年多くの参拝客が訪れます。境内から遊歩道で10分ほどの場所にある天安河原(あまのやすかわら)は、天照大神がお隠れになって天地暗黒となったとき、八百万(やおよろず)の神々が集まり神議されたと伝えられる大洞窟。いつ頃からか願掛けの際に河原の石が積まれるようになり、無数に積まれた石が神秘的で幻想的な雰囲気を一層引き立てています。

高千穂町おススメのお礼の品をご紹介!

高千穂牛サーロインステーキ

自然乾燥米30㎏

神楽酒造 麦・蕎麦・芋原酒セット

高千穂酒造 プレミアムセット

おひさまチーズまんじゅう

高千穂の食材カレーセット

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む