緊急災害支援平成30年7月豪雨に伴う災害支援寄附受付中です詳しくはこちら

東京都清瀬市 市役所屋上でとれたはちみつ「きよはち」特集

清瀬市役所の屋上で採れたはちみつ「きよはち」は、ふるさとチョイスアワード2015で見事ランクイン! 清瀬市の新ブランドとして定着した、毎年大好評の一品です。市職員とミツバチがつくりあげた自慢のはちみつ「きよはち」を、ぜひ一度ご賞味ください。

お礼の品は、市役所屋上でとれたはちみつ「きよはち」など

都心から25km圏内に位置しながら、なんと市役所ではちみつがとれてしまうぐらい自然に恵まれた街、東京都清瀬市。様々な環境保全に取り組む清瀬市では平成26年度から市役所の屋上で養蜂事業を始め、採れたはちみつを「きよはち」としてふるさと納税の返礼品に活用しています。ミツバチは、花蜜や花粉を求めて花や樹木を飛び回る「ポリネーション(花粉交配)」という習性により、周辺環境の活性化に役立つとされています。
今回は、清瀬市の名物「はちみつ」をはじめ、清瀬産の野菜を使ったおいしいお礼の品等をご紹介いたします。

清瀬産の野菜を用いたおいしい&うれしいお礼の品

【寄附金の使い道】フェスティバルや、絵本・紙芝居の購入に活用

農のある風景を残す清瀬市の夏の風物詩である、都内最大級の10万本のひまわりが咲く「清瀬市ひまわりフェスティバル」に活用したり、多くの子供たちに本の世界の素晴らしさ、読書の楽しさを感じてもらうために、外国の絵本や日本の名作絵本、紙芝居の購入に使わせていただきました。

寄附するリストに追加できません。

この自治体は一回の寄附で1つのお礼の品しか申し込みができません。

閉じる 寄附へ進む