お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          2021年の寄付分から、ふるさとチョイスでふるさと納税をすると確定申告が楽になります!

          2021年の寄付分よりふるさとチョイスでまとめてふるさと納税をすると、確定申告が簡単になります!

          ふるさと納税の確定申告手続きで毎年苦労されている方に、朗報です。
          2021年分以降のふるさと納税の確定申告では、これまで寄付ごとに自治体が発行していた「寄附金受領証明書」の代わりに、ふるさとチョイスが発行する「寄附金控除に関する証明書」が一枚あれば手続きができるようになります。

          つまり、ふるさとチョイスでふるさと納税をまとめると、何枚も送られてくる証明書を都度保管したり、一枚ずつ貼り付けて郵送したり、何度もデータを打ち込んだりする手間がなくなるということ。これからの確定申告の手続きがぐっと楽になります。

          ※この仕組みを導入するにあたり、「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンクが国税庁長官より特定事業者として認定されました。詳しくは国税庁のホームページをご覧ください。

          2021年の寄付分よりふるさとチョイスでまとめてふるさと納税をすると、確定申告が簡単になります!

          ※「寄附金控除に関する証明書」は、ふるさとチョイスの会員のみダウンロード可能です。

          新しくなった
          確定申告手続きのフロー

          新しくなった確定申告手続きのフロー
          STEP1
          ふるさと納税をする2021年1月1日〜12月31日

          ふるさとチョイスで申し込む 寄付までの流れはこれまでと変わりません。2021年1月1日から12月31日までの間に寄付を行ってください。

          • ※寄付ごとに自治体が発行する「寄附金受領証明書」もこれまで通り送られてきます。
            「寄附金控除に関する証明書」を使って確定申告できない場合に必要となりますので、誤って処分しないようお気をつけください。
          STEP2
          確定申告の準備2022年1月~

          「寄附金控除に関する証明書」が発行される ふるさとチョイスのマイページで、2022年の1月より「寄附金控除に関する証明書」がダウンロード可能になります。なお「寄附金控除に関する証明書」はXMLファイルでのみ提供しております。税務署に持参・郵送する方は、そのままプリントアウトして利用することはできませんのでご注意ください。

          • ※ふるさとチョイスの会員が対象です。
          • ※ふるさとチョイスで申し込まれた寄付が対象です。
          STEP3
          確定申告2022年3月15日まで

          A税務署に持参・郵送する方 「寄附金控除に関する証明書」(XMLファイル)をダウンロードして「QRコード付き証明書等作成システム」でPDFに変換後、印刷して寄附金受領証明書の代わりに税務署に持参・郵送してください。

          • ※「QRコード付き証明書等作成システム」は、国税庁が一般の方向けに提供しているシステムです。ご利用には、お手持ちのPCに国税庁が指定するソフトをインストールする必要があります。詳しくは国税庁ホームページをご覧ください。

          Be-Taxで手続きする方 「寄附金控除に関する証明書」(XMLファイル)をダウンロードして、e-Tax上で寄付情報を入力する代わりにXMLファイルを添付して申告してください。

          C税理士にお任せの方 「寄附金控除に関する証明書」(XMLファイル)をダウンロードして、電子メール等で送付するか、印刷して郵送してください。

          e-Taxをご利用ならマイナポータル連携でさらに手続きが楽に!

          マイナポータル

          マイナンバーカードをお持ちの方は、マイナポータルとの連携で確定申告の手続きがさらに楽になります。e-Taxを利用する際、「寄附金控除に関する証明書」をわざわざアップロードしなくても証明書の情報が自動入力されます。

          マイナポータルとの連携方法
          1. 1マイナポータルにログインして「もっとつながる」メニューから「e-私書箱」を選択する
          2. 2e-私書箱のアカウントを開設して、マイナポータルとe-私書箱を連携する
          3. 3ふるさとチョイスのマイページからe-私書箱連携ページにアクセスする
          4. 4e-私書箱にログインしてふるさとチョイスとe-私書箱の連携を完了する
          • ※2022年1月以降にふるさとチョイスでマイナポータル連携を行うことができます。具体的な日程は後日ご案内します。
          • ※マイナポータルは、デジタル庁が運営する個人向けオンラインサービスです。マイナンバーカードを利用した様々な行政の手続きを行うことができます。詳しくはマイナポータルホームページをご覧ください。
          • ※マイナポータル連携を利用するためには、マイナンバーカード、マイナンバーカードの読取機能のあるスマートフォンまたはICカードリーダライタが必要です。
          • ※e-私書箱は、株式会社野村総合研究所が提供する民間送達サービスです。確定申告に必要な電子交付書類等の閲覧・管理ができます。

          よくあるご質問

          Q

          いつから「寄附金控除に関する証明書」を利用できますか?

          A

          2022年提出の確定申告(2021年1~12月分の寄付)からご利用いただけます。 ※詳細は国税庁「確定申告特集」をご確認ください。

          Q

          「寄附金控除に関する証明書」はどこからダウンロードできますか?

          A

          2022年1月より、ふるさとチョイスのマイページよりXMLファイルのダウンロードができるようになります。

          Q

          「寄附金控除に関する証明書」の利用に条件はありますか?

          A

          ふるさとチョイスの会員が対象です。非会員・未ログインで行った寄付は含まれません。
          また、ふるさとチョイスを退会すると、証明書をダウンロードできなくなります。

          Q

          ふるさとチョイスでのすべての寄付内容が「寄附金控除に関する証明書」に記載されますか?

          A

          はい、すべての寄付内容が記載される予定です。

          Q

          XMLファイルは紙に印刷して、確定申告に利用できますか?

          A

          ご利用いただけません。紙で確定申告をしたい場合は、国税庁が公開している「QRコード付き証明書等作成システム」でXMLファイルをPDFに変換し、そのPDFを紙に印刷してご利用ください。 ※QRコード付き証明書等作成システムは2021年中に公開予定です。

          Q

          今までのように自治体が発行する「寄附金受領証明書」を利用して確定申告をすることはできますか?

          A

          はい、ご利用いただけます。申告方法はご都合にあわせてお選びいただけます。

          注意
          • ・ 掲載情報は2021年10月7日時点の情報です。
          • ・ 提供サービス内容は予告なく変更する場合がございます。

          確定申告のくわしい説明について

          「ふるさと納税確定申告ガイド」確定申告のくわしい手順や必要書類はこちらから