令和3年沖縄軽石漂着被害 沖縄県国頭村

この支援プロジェクトは、 茨城県境町 が代理で寄付を受け付けています。

代理寄付受付の説明を開く

代理寄付受付って?

被災自治体に代わり、被災していない自治体が寄付を受け付け、事務処理を代行する協力関係の仕組みです。

最終更新日時:2021年12月30日

サムネイル画像

災害名 令和3年軽石漂着被害

被災自治体
おきなわけん くにがみそん
沖縄県国頭村

寄付金額 2,817,348

寄付件数 189

受付期間 2021年10月26日~
2021年12月31日

受付終了

クリップ

※支援額(件数)は申し込み頂いた時点での数字であり、実際に入金された数字ではありません。入金等の確認が取れた時点で正確な数字に修正させていただく場合があります。

火山噴火による軽石の漂着により、沖縄県国頭村海岸に甚大な被害が発生しています。

8月13日からの小笠原諸島の硫黄島の南にある海底火山噴火の際の噴出物「軽石」が沖縄県国頭村の海岸に流れつき、漁業や養殖業などに深刻な被害が発生しております。

軽石漂着による被害は現在も広がっております。漂着する軽石の量も日に日に増しており、沖縄県国頭村では漁業もできない状況となっております。漁船のフィルターに軽石が詰まりエンジンが故障したり、機械トラブルを恐れ、操業を控える状況が続いており、国頭村の漁業への影響は深刻です。

また、軽石の影響により、沖縄県ではなじみのある「グルクマ」と呼ばれる体長が40センチほどのサバの仲間も被害がありました。グルクマが誤って軽石を食べてしまい、胃袋に軽石が詰まり200匹余りが死んでいました。餌と誤認して食べてしまった可能性があります。

現在、迅速な復旧復興の対応が急がれていますが、今後も予断を許さない状況です。

 

茨城県境町にてふるさと納税の代理寄附受付を開始します

この度の被害を受けて、茨城県境町では「沖縄県国頭村」のふるさと納税の災害支援の代理寄付の受付を開始します。
被災地では、多く現場で復旧活動をしなければなりません。境町がふるさと納税の支援を代理で受付け、その業務を請け負い、後ほど被災地に皆様からの支援を届けます。

 

※申し訳ございませんが、こちらからの寄附にはお礼の品(返礼品)がございませんので、あらかじめご了承ください。
※クレジットカード決済限定のため、1回のお申込みは2,000円以上となります。

 

国頭村の軽石漂着被害状況

写真
写真
写真

更新情報更新情報

現在更新情報はありません。

支援者からの応援メッセージ

早く解決するように願っています

2021年12月30日(木)22時15分

軽石被害への取り組みを応援します

2021年12月26日(日)14時19分

国頭村の皆様の生活が早く落ち着くことを祈っています。 お忙しい中、受付代理をしてくださる境町の皆様、ありがとうございます。

2021年12月12日(日)19時26分

きれいな海が戻り、皆さんの生活が安定することを願っています。業務代理をしてくださる境町の皆さんもありがとうございます。

2021年12月12日(日)10時33分

かつてない軽石の被害は、新たな災害として認識されました。被災された皆様へわずかばかりの気持ちです。

2021年12月7日(火)0時17分

関連する支援プロジェクト

凡例

被災自治体

代理自治体

代理寄付受付の説明を開く

代理寄付受付って?

被災自治体に代わり、被災していない自治体が寄付を受け付け、事務処理を代行する協力関係の仕組みです。

寄付

物資

ボランティア

令和3年軽石漂着被害で被災した
自治体の支援プロジェクト

ページ上部へ