おきなわけん くにがみそん

沖縄県国頭村

プロジェクト受付期間:2021年10月28日~

  • ふるさと納税で寄付をする
  • 支援物資
  • 支援ボランティア
被災自治体

令和3年度 軽石漂着被害 沖縄県国頭村

噴火 令和3年軽石漂着被害 チェック

ふるさと納税で寄付をする

寄付金額:9,072,000

寄付件数:450

寄付をする
ふるさとチョイス
  • 災害名
  • 災害種別
  • エリア
  • 代理寄付自治体
  • 決済手段
  • 人材支援募集自治体

海底噴火による大量の軽石漂着で甚大な被害が発生しています。

8月13日からの小笠原諸島の硫黄島の南にある海底火山噴火の際の噴出物「軽石」が沖縄県国頭村の海岸に流れつき、漁業や養殖業などに深刻な被害が発生しております。

軽石漂着の量も日に日に増えており、被害は日々拡大しています。国頭村では、漁船のフィルターに軽石が詰まりエンジンが故障したり、機械トラブルを恐れ、操業を控える状況が続いており、国頭村の漁業への影響は深刻です。

また、軽石の影響により、沖縄県ではなじみのある「グルクマ」と呼ばれる体長が40センチほどのサバの仲間も被害がありました。グルクマが誤って軽石を食べてしまい、胃袋に軽石が詰まり200匹余りが死んでいました。餌と誤認して食べてしまった可能性があります。

現在、迅速な復旧復興の対応が急がれていますが、今後も予断を許さない状況です。

写真

養殖いけすに軽石が入り餌と間違えた魚が大量死する被害も出ています。

写真

本来は漁に出るうみんちゅも軽石撤去に奔走させられています。

国頭村の漁業復旧にお力添えください。

国頭村漁業協同組合では、軽石が確認された18日以降漁に出られない日が続いており、漁業関係者にとって甚大な被害となっています。
国内でも例をみない出来事に県や自治体としても対応が難航している状況です。
今後1~2年この被害は続くともいわれており、生態系にも影響が出てくるものと想定されます。

一刻も早い復旧・復興に向け取り組んでまいりますので、皆様の温かいご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

写真

美しい青い海にもグレーの軽石が覆いつくしています。

写真

漁港内に入った軽石は流れ出ていかず船が出航できずにいます。

ご注意ください。

・クレジットカード決済による寄付受付となっております。
・寄附は2,000円以上からとなります。
・災害支援のためお礼の品はお送りしておりません。恐れ入りますが、ご了承くださいますようお願い申しあげます。

ふるさとチョイスの沖縄県国頭村ページはこちら

[令和3年軽石漂着被害] 総寄付金額
10,800,903

[令和3年軽石漂着被害] 総寄付件数
583

ページトップへ